313件中 111 - 120件表示
  • 大分交通宇佐参宮線

    大分交通宇佐参宮線から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐参宮線(うささんぐうせん)は、かつて大分県豊後高田市の豊後高田駅から日本国有鉄道(国鉄)日豊本線の宇佐駅を経て、宇佐神宮のある宇佐八幡駅までを結んでいた大分交通の鉄道路線である。大分交通宇佐参宮線 フレッシュアイペディアより)

  • 大楽寺 (宇佐市)

    大楽寺 (宇佐市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    元弘3年(1333年)に、宇佐神宮大宮司到津公連によって、開山に奈良西大寺の道密上人を招請し、到津氏の菩提寺として創建された。改元された翌建武元年(1334年)には、後醍醐天皇により勅願寺に定められている。大楽寺 (宇佐市) フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐警察署

    宇佐警察署から見た宇佐神宮宇佐神宮

    1992年(平成4年) - 現在地に新築移転。新庁舎は宇佐神宮をイメージしたもの。宇佐警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡駅

    宇佐八幡駅から見た宇佐神宮宇佐神宮

    1916年(大正5年)3月1日の大分交通宇佐参宮線全線開業に伴い、同線の終着駅として開業。1935年(昭和10年)頃に宇佐神宮の造営に伴い、新築移転。1965年(昭和40年)8月21日の宇佐参宮線の全線廃止に伴い廃止された。宇佐神宮の最寄り駅であり、駅舎は寺社建築を模したものであった。宇佐八幡駅 フレッシュアイペディアより)

  • 中津祇園

    中津祇園から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    10万石の城下町中津を代表するおよそ580年以上の伝統のある祭である。豊前三大祭(宇佐八幡宮夏越し祭・小倉祇園祭)、豊前三大祇園(小倉祇園太鼓・今井祇園)、大分三大祇園(日田祇園・臼杵祇園)のひとつに数えられる。中津祇園 フレッシュアイペディアより)

  • 平貞能

    平貞能から見た宇佐神宮宇佐神宮

    平氏は8月中旬に九州に上陸するが、豊後国の臼杵氏、肥後国の菊池氏は形勢を観望して動かず、宇佐神宮との提携にも失敗するなど現地の情勢は厳しいものだった。特に豊後国は院近臣・難波頼輔の知行国であり、後白河法皇の命を受けた緒方惟栄が平氏追討の準備をして待ち構えていた。惟栄が重盛の家人だったことから資盛・貞能が説得に赴くが、交渉は失敗に終わる。平氏は10月に九州の地を追われるが、貞能は出家して九州に留まり平氏本隊から離脱した(『玉葉』閏10月2日条)。平貞能 フレッシュアイペディアより)

  • 平盛俊

    平盛俊から見た宇佐神宮宇佐神宮

    寿永2年(1183年)7月25日、宗盛は一門を引き連れて京都を退去し、福原から海路を西へ落ち延びる。目指す先は九州の大宰府だった。この直後の8月8日、薩摩国島津荘の留守所に現地の荘官である伴信明が訴状を提出しているが、その訴状には「前越中守平」、すなわち盛俊の名と花押が記されている(『平安遺文』4101)。盛俊は筑前の宗像社の知行にも携わっており(『鎌倉遺文』256)、本隊より一足先に現地に下向して在地武士の糾合に動いていたとも考えられる。しかし豊後の臼杵、肥後の菊池は形勢を観望して動かず、宇佐神宮との提携にも失敗するなど現地の情勢は厳しいものだった。平氏は緒方惟栄の攻撃で10月には九州の地を追われ、再び海上を漂うことになった。平盛俊 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡町 (神戸市)

    八幡町 (神戸市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    正和年間(1312?1317年)、花園天皇の勅命により豊前の宇佐八幡(宇佐神宮)を勧請した。八幡町 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • 遷宮

    遷宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    かつては香取神宮・鹿島神宮・宇佐神宮・春日大社・諏訪大社(⇒御柱祭)などでも行われた。賀茂御祖神社は21年ごとに行われてきたが、東・西本殿とも国宝に指定されたため、現在は一部を修復するのみである。春日大社ではほぼ20年に一度、本殿の位置を変えずに建て替えもしくは修復を行ってきたため「式年遷宮」ではなく「式年造替」と呼称している。遷宮 フレッシュアイペディアより)

  • 田部氏

    田部氏から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    田部氏(たべし)ここでは特に豊前のもの。は、古代豪族・物部氏の物部小前を祖とする一族で、宇佐氏・塗島氏・大神氏と並び、宇佐八幡宮の神職を累代司る家柄である(『古代氏族系譜集成』)。田部氏 フレッシュアイペディアより)

313件中 111 - 120件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード