313件中 121 - 130件表示
  • 茜部荘

    茜部荘から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    東大寺領となった後、天長7年(830年)、宇佐八幡宮を勧請し茜部神社(式内社)が創建されたという。茜部荘 フレッシュアイペディアより)

  • 奉幣

    奉幣から見た宇佐神宮宇佐神宮

    奉幣使には五位以上で、かつ、卜占により神意に叶った者が当たると決められていた。また、神社によって奉幣使が決まっている場合もあり、伊勢神宮には王氏(白川家)、宇佐神宮には和気氏、春日大社には藤原氏の者が遣わされる決まりであった。通常、奉幣使には宣命使が随行し、奉幣の後、宣命使が天皇の宣命を奏上した。奉幣 フレッシュアイペディアより)

  • 大分八幡宮

    大分八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    『筥崎宮縁起』(石清水八幡宮記録)によれば、平安時代の延喜21年(921年)箱崎浜(現福岡市東区箱崎)への遷座の託宣があって、延長元年(923年)に遷座したのが筥崎宮の始まりであるとし、宇佐神宮の託宣集である『八幡宇佐宮託宣集』にも筥崎宮の神託を引いて、「我か宇佐宮より穂浪大分宮は我本宮なり」とあるが、筥崎宮へ遷座した後も九州五所別宮の第一社として篤く信仰されていた。大分八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 美奈宜神社 (朝倉市林田)

    美奈宜神社 (朝倉市林田)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    豊前国 八幡比賣神社(現在の宇佐神宮)(1社)美奈宜神社 (朝倉市林田) フレッシュアイペディアより)

  • 龍岩寺 (宇佐市)

    龍岩寺 (宇佐市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    天平18年(746年)に、宇佐神宮を参詣した行基が龍女に導かれ、一夜にして阿弥陀如来、薬師如来、不動明王の三尊を刻み、開山となって諸堂を建立したといわれる。行基が全国に建立した49の院のひとつで、院内(いんない)の地名の起源であるという説もある。龍岩寺 (宇佐市) フレッシュアイペディアより)

  • 鷹栖観音堂

    鷹栖観音堂から見た宇佐神宮宇佐神宮

    観音寺は、元々宇佐神宮弥勒寺の塔頭のひとつとして、法蓮によって建立された。後に虚空蔵寺の本尊であった薬師如来像がここに移された(現在の薬師堂)。奥の院としての鷹栖観音堂は、現在ではつり橋および岩を刳り貫いた洞門によって周辺地区と接続されているが、当時は渡し船か山道しか直接行く方法はなく、百間岩と呼ばれる断崖絶壁など、古くから景勝の地として知られていた。鷹栖観音堂 フレッシュアイペディアより)

  • 松平重直

    松平重直から見た宇佐神宮宇佐神宮

    寛永9年、7,000石加増の上で転封され、豊前国竜王(現在の大分県宇佐市安心院町)の竜王城跡地に竜王陣屋を構え竜王藩主となった。寛永14年(1637年)島原の乱に従軍する。寛永16年(1639年)高田城に本拠を移したことにより、豊後高田藩となった。寛永19年(1642年)没し、家督は長男の英親が継いだ。また信心深く、重直父子は宇佐神宮に700石を寄進している。松平重直 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲原八幡宮

    鷲原八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    平安時代の天暦年間(947年-956年)に山根六左衛門尉という郷士が豊前宇佐八幡宮を勧請したのに創まるといい、その後吉見氏の家祖頼行が鎌倉鶴岡八幡宮から再度勧請し、2代頼直が嘉慶元年(1387年)に現位置に社殿を建立して遷座したという。鷲原八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾直勝

    中尾直勝から見た宇佐神宮宇佐神宮

    節子(通称奥セツ女)夫人は、漆島姓の宇佐神宮官人代、ときには政所権検校職に任じられたこともある奥氏の出であり、また、奥並継(維新・明治期の志士、国学者、明治期日本の大蔵官僚)は叔父にあたる。中尾直勝 フレッシュアイペディアより)

  • 南一郎平

    南一郎平から見た宇佐神宮宇佐神宮

    死去後、郷里の宇佐神宮境内に頌徳碑が建立されている。南一郎平 フレッシュアイペディアより)

313件中 121 - 130件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード