313件中 131 - 140件表示
  • 大内盛見

    大内盛見から見た宇佐神宮宇佐神宮

    文人としても優れ、京都五山の僧達と交わって禅を修め、応永25年(1418年)から永享3年に及ぶ宇佐神宮の造営を手がけ、興隆寺に供養会を開くなど文化的業績を挙げた。また、李氏朝鮮と通交して大蔵経を印行させ、大きな利益を得ている。大内盛見 フレッシュアイペディアより)

  • 大内満弘

    大内満弘から見た宇佐神宮宇佐神宮

    室町幕府3代将軍足利義満より偏諱の授与を受け満弘と名乗る。他の兄弟で義満の偏諱を受けた人間はおらず、(2代将軍・足利義詮の偏諱を受けた)兄・義弘に次ぐ地位にあったと推測される(子の満世(みつよ)も偏諱の授与を受けていることから、こちらも同様の待遇を受けていたものと考えられる)。兄の義弘を補佐して、その勢力拡大を支えた一門衆を代表する武将であり、兄の代理として弟の盛見を従えて戦地に赴くことも多かった。信仰心も篤く、宇佐神宮の信仰の山である御許山(現大分県杵築市)に鐘を奉納する等の活動も見える。大内満弘 フレッシュアイペディアより)

  • 日牟禮八幡宮

    日牟禮八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    991年(正暦2年)、一条天皇の勅願により、八幡山(法華峰)上に社を建立し、宇佐八幡宮を勧請して、上の八幡宮を祀った。さらに、1005年(寛弘2年)、遥拝社を山麓に建立し、下の社と名付ける(現在の社殿は下の社に相当)。日牟禮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 和気広虫

    和気広虫から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    従五位下葛木連戸主の妻となるが、その後死別。孝謙上皇に仕えるが、762年(天平宝字6年)上皇に従って出家し"法均"と号した。765年(天平神護元年)に吉備藤野和気真人の姓を賜り、768年(神護景雲2年)大尼に任じられた。翌年宇佐八幡宮の神託を請うための勅使に任じられたが、この時は病弱で長旅に耐えないことを理由に、弟の和気清麻呂に代行させている。その神託の結果が道鏡の意に反していたことから還俗させられ、弟の清麻呂は別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改名させられて大隅国へ、広虫は別部広虫売(わけべのひろむしめ)と改名させられて備後国へ、それぞれ配流に処せられた。770年(宝亀元年)に帰洛を許され、従五位下に叙せられた。774年(宝亀5年)清麻呂とともに朝臣の姓を賜り、以後昇任して785年(延暦4年)には従四位上に叙せられている。没後正三位が贈られている。和気広虫 フレッシュアイペディアより)

  • 巨田神社

    巨田神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    初め天太玉命を祀っていたが、寛治7年(1093年)当地周辺に大分県の宇佐神宮の荘園である田島荘が設けられたのにともない、その分霊を勧請し、爾来巨田八幡宮と称されたが、古田宮と記される記録も残る。巨田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 若宮八幡宮

    若宮八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社名の通り「八幡宮の若宮」という意味で、多くは宇佐神宮・石清水八幡宮・鶴岡八幡宮などにある若宮を勧請し、八幡神・応神天皇の御子神である仁徳天皇(大鷦鷯尊)を祀るものである。他に、「八幡宮本宮から迎えた新宮」の意味の「若宮」もあり、この場合は応神天皇が祀られている。若宮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡

    宇佐八幡から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐八幡 フレッシュアイペディアより)

  • 浜降祭

    浜降祭から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    1030年 - 源頼義は下総の乱を鎮定のため懐島郷(鶴嶺八幡宮のある場所)に源氏の守護神石清水八幡宮を勧請して戦勝祈願をする。(別に宇佐八幡宮勧請説もある)。浜降祭 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺八幡宮

    薬師寺八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    下野薬師寺跡に隣接して鎮座する。下野薬師寺は古くより朝廷から重要視されていた寺であり、当社はその鎮守としての役割を担ったとされる。社伝によれば、貞観17年(875年)に清和天皇の勅定により京都・石清水八幡宮から勧請されたのが創祀という。一説には、下野薬師寺の鎮守神として天平宝字元年(749年)に大分・宇佐神宮から勧請されたのが創祀ともいう。薬師寺八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原乙麻呂

    藤原乙麻呂から見た宇佐神宮宇佐神宮

    孝謙朝に入ると、天平勝宝元年(749年)二階昇進して正五位上に昇叙され、翌天平勝宝2年(750年)には宇佐八幡の託宣により正五位上・大宰少弐から一躍従三位・大宰帥に昇進する。天平勝宝4年(752年)に大宰帥は紀麻路に交替するが、その後5年ほど動静は明らかでなく、天平宝字元年(757年)には美作守に左遷されている。これについては、天平勝宝2年(750年)の宇佐八幡の託宣を受けた破格の昇進に伴って、当時政権を主導していた兄・藤原仲麻呂との関係が悪化した可能性が指摘されている。藤原乙麻呂 フレッシュアイペディアより)

313件中 131 - 140件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード