250件中 11 - 20件表示
  • 九州王朝説

    九州王朝説から見た宇佐神宮宇佐神宮

    以下のことからヤマト王権が皇権を倭から継承した方法は、倭の姫(女帝)との婚姻と宇佐神宮の神託を利用したと考えられる。九州王朝説 フレッシュアイペディアより)

  • 仁聞

    仁聞から見た宇佐神宮宇佐神宮

    今日では、仁聞は実在の人物ではなかったとする説が有力である。六郷満山の寺院は、実際には、古来から国東半島にあった山岳信仰の場が、奈良時代末期から平安時代にかけて天台宗の寺院の形態を取るようになったもので、近隣の宇佐神宮を中心とする八幡信仰と融合した結果、神仏習合の独特な山岳仏教文化が形成されたと考えられている。各寺院を開基した人物としては、仁聞の弟子として共に修行を行い、宇佐神宮の神宮寺である弥勒寺の別当などを務めたと伝えられる法蓮、華厳、躰能、覚満といった僧侶を挙げる説もある。仁聞 フレッシュアイペディアより)

  • 法蓮

    法蓮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の神宮寺であった弥勒寺の初代別当。英彦山や国東六郷満山で修行したという修験者的な人物でもある。宝亀8年(777年)に託宣によって八幡神が出家受戒(これにより八幡大菩薩の称号を得る)した際にはその戒師を務めた。大分県宇佐市近辺にいくつもの史跡・伝承を残している。法蓮 フレッシュアイペディアより)

  • 辛島美登里

    辛島美登里から見た宇佐神宮宇佐神宮

    父方の先祖が、大分の宇佐神宮で禰宜をしていた。名前は「辛島勝(カラシマノスグリ)」。1991年3月まで持ち回りでパーソナリティを務めていたNHK-FMの生放送番組「FMリクエストアワー」最終回(1991年3月30日放送)で、リスナー投稿により明らかになった。これに対し本人も「辛島村(現:宇佐市大字辛島)にはいまでも辛島姓の人が多い」とコメント。辛島美登里 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方惟栄

    緒方惟栄から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の荘園であった緒方庄(おがたのしょう)の荘官であり、平家の平重盛と主従関係を結んだ。治承4年(1180年)の源頼朝挙兵後、養和元年(1181年)、宗家の佐伯氏および臼杵氏・長野氏(ちょうのし)らと共に平家に反旗を翻し、豊後国の目代を追放した。この時、平家に叛いた九州武士の松浦党や菊池氏・阿蘇氏など広範囲に兵力を動員しているが、惟栄はその中心的勢力であった。寿永2年(1183年)に平氏が都落ちした後、筑前国の原田種直・山鹿秀遠の軍事力によって勢力を回復すると、惟栄は豊後国の国司であった藤原頼輔・頼経父子から平家追討の院宣と国宣を受け、清原氏・日田氏などの力を借りて平氏を大宰府から追い落とした。同年、荘園領主である宇佐神宮大宮司家の宇佐氏は平家方についていたためこれと対立、宇佐神宮の焼き討ちなどを行ったため、上野国沼田へ遠流の決定がされるが、平家討伐の功によって赦免され、源範頼の平家追討軍に船を提供し、葦屋浦の戦いで平家軍を打ち破った。緒方惟栄 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡宮

    宇佐八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡

    宇佐八幡から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐八幡 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐八幡神

    宇佐八幡神から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐八幡神 フレッシュアイペディアより)

  • 神功皇后縁起絵巻

    神功皇后縁起絵巻から見た宇佐神宮宇佐神宮

    神功皇后縁起絵巻(じんぐうこうごうえんぎえまき)は、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮が所蔵する上下2巻の絵巻物である。室町期中期永享5年(1433年)の作。神功皇后の三韓征伐と、宇佐八幡宮・筥崎八幡宮・石清水八幡宮の由来を描いている。神功皇后縁起絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 口戸磨崖仏

    口戸磨崖仏から見た宇佐神宮宇佐神宮

    中央の龕の左奧に、「小倉山」の文字が高さ1.7m、幅40cm、深さ約12cmほどの薬研彫りで刻まれており、「小倉山」は宇佐神宮を指すことから、宇佐神宮の神霊を勧請したものと考えられている。口戸磨崖仏 フレッシュアイペディアより)

250件中 11 - 20件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード