313件中 31 - 40件表示
  • 神領興行

    神領興行から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    亀山院政下の弘安7年5月20日(1284年7月4日)、同年6月25日(8月7日)に鎮西神領興行回復令が元寇に対する恩賞として出され、売却、質入済の旧神領の無償回復が打ち出された。鎮西神領興行令は以後、弘安8年(1285年)、永仁6年(1298年)、正和元年(1312年)に相次いで出され、宇佐八幡宮と伊勢神宮を先頭に、全国的に適用され、特に伊勢神宮の神領は東国を中心に次々に広がっていった。神領興行 フレッシュアイペディアより)

  • 西寒多神社

    西寒多神社から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    当社の一宮への比定は、『豊後国志』『太宰管内志』「大分郡志」等による。一方で、豊後国一宮は柞原八幡宮も主張している。嘉応3年(1171年)の史料で「由原八幡宮」を一宮とするものがあり、宇佐八幡宮別宮の柞原八幡宮が当社を差し置いて一宮に転化したと見方が強い。一宮について記した史料では、根拠は不明ながら、『諸国一宮神名帳』(1375年以前成立)は柞原八幡宮を、『大日本国一宮記』(16世紀頃成立)は当社を記載している。西寒多神社 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山八幡宮 (佐世保市)

    亀山八幡宮 (佐世保市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    神社に伝わる由緒によれば、天武天皇白鳳4年に神託により宇佐神宮から分霊を迎えたのが始まりという。亀山八幡宮 (佐世保市) フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (中津川市千旦林)

    八幡神社 (中津川市千旦林)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    時期は不明だが、豊前国宇佐八幡宮を勧進、合祀する。このころから坂本神社八幡宮と改称したという。諏訪神社の社伝によると、坂本神社は社殿の焼失後、延文2年(1357年)に遷座して諏訪神社となったとある。このことから坂本神社八幡宮となったのは南北朝時代と推測される。八幡神社 (中津川市千旦林) フレッシュアイペディアより)

  • 古宮八幡宮

    古宮八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    香春岳で産出する銅を宇佐神宮の御神体(銅鏡)として奉納していたことが縁となり、同神宮の御祭神であった応神天皇、神功皇后の神霊を勧請したことに始まるとされる。古宮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 女郎花 (能)

    女郎花 (能)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    九州松浦潟に住む僧が都を見ようと思い立ち、筑紫潟を通り、ついに京都の山崎まで至る。ここで故郷の宇佐八幡宮と御一体という石清水八幡宮へ参詣しようと男山へ向かえば、野辺には女郎花の花が咲き乱れていた。僧は女郎花の花を一本、土産に手折ろうとすると花守なる老人が現れ、これを制止する。僧と老人は花を折ることの是非について、互いに古歌を引き合い論じ合うが、やがて僧は諦める。すると老人は僧を認め、八幡宮へ案内することとなる。その様子の数々として、男山の麓に連なる家々や放生川の魚、御旅所への参拝が謡われる。続いて、三つの袂に影うつるしるしの箱を納めた神宮寺、巌松そびえ山そびえ谷めぐり諸木の枝を連ねる有様や、本殿参拝については朱(あけ)の玉垣、みとしろ(神前の御戸帳)の様子などが謡われる。参拝が済む頃にはすでに夕暮れとなり、その別れ際、僧は女郎花と男山の関係について質問する。老人は山の麓の男塚と女塚まで僧を案内し、男塚が小野頼風の、女塚は都の女の墓であると説明する。しかし今は誰も弔う人が居ないと嘆き、夢の如く老人は消えてしまう。女郎花 (能) フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯建設

    佐伯建設から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮宝物館・参集殿佐伯建設 フレッシュアイペディアより)

  • 葛原古墳

    葛原古墳から見た宇佐神宮宇佐神宮

    この古墳は、5世紀後半の築造と推定されており、平野に近い台地に作られていること、円墳であること、石室の形状、副葬品の特徴などから、駅館川右岸の台地に3世紀末?6世紀中頃に築造された川部・高森古墳群の被葬者一族とは異なる、宇佐地方の新たな支配者によって築造されたものと推定されている。被葬者については、宇佐神宮の初期の祭祀者である辛島勝氏であるという説がある。葛原古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 射箭頭八幡神社

    射箭頭八幡神社から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    現社地は往古のお旅所であったが、降って天正年間(16世紀後半)に神託により中村忠政(後に出家して善等と称す)という浅野幸長の家士が神籬を建てて遷座したというが、遷座は慶長年間(16世紀末から17世紀初頭)のことであり、その理由は天正の戦火を被ったことと峠の往来が繁くなったためであるとする伝えもあり、また中村善等が本脇村境に射場を有し、慶長10年(1605年)にそこに豊前国宇佐八幡宮を勧請したとの伝えもある。射箭頭八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年8月

    訃報 2008年8月から見た宇佐神宮宇佐神宮

    8月8日 - 池永公比古、宇佐神宮宮司(* 1942年)訃報 2008年8月 フレッシュアイペディアより)

313件中 31 - 40件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード