250件中 31 - 40件表示
  • 石岡神社

    石岡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    紀元4世紀の新羅征伐から凱旋した神功皇后が 九州の宇瀰(うみ、福岡県糟屋郡宇美町)にて応神天皇を出産した帰途の道中、現在の社叢のあるこの台地で天神地祇の奉祀をおこない、その後 貞観元年(859年)に宇佐神宮の八幡神をこの地に勧請して祀ったことが この神社のはじまりと伝えられている。石岡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 若宮八幡神社 (豊後高田市)

    若宮八幡神社 (豊後高田市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    国東半島の6郷のうちの来縄(くなわ)郷における宇佐神宮の別宮で、天長元年(824年)に豊前国宇佐郡の住人、大神蘊麿の母の酒井門主女に神託が下り、それを受けて仁寿2年(852年)の12月に創祀されたと伝えられる。なお、天照大神、玉祖神、品陀別命の3柱は、養老2年(718年)に豊後高田市内の字御玉に出現したという玉を神体として祀られていたという。若宮八幡神社 (豊後高田市) フレッシュアイペディアより)

  • 日尾八幡神社

    日尾八幡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    天平勝宝4年(752年)、宇佐より神霊を勧請し久米八幡宮として建立。日尾八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 雄郡神社

    雄郡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社伝によれば、戦国時代に兵火に罹った折に記録を失ったため、主祭神の天宇受売命の創祀の時期は不明であるが、後に用明天皇元年(586年)、筑紫の宇佐八幡から八幡三神を勧請したという。雄郡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 糸崎神社

    糸崎神社から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    天平元年(729年)創建。広島県内で最も古い神社であり、宇佐八幡宮より分霊した応神天皇の御産髪を勧請して創祀したと伝わる。糸崎神社 フレッシュアイペディアより)

  • 古宮八幡宮

    古宮八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    香春岳で産出する銅を宇佐神宮の御神体(銅鏡)として奉納していたことが縁となり、同神宮の御祭神であった応神天皇、神功皇后の神霊を勧請したことに始まるとされる。古宮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 中津祇園

    中津祇園から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    中津祇園は、豊前三大祭り(宇佐八幡宮夏越し祭・小倉祇園祭)・豊前三大祇園(小倉祇園太鼓・今井祇園)・大分三大祇園(日田祇園・臼杵祇園)のひとつに数えられる。京都の祇園祭の流れを汲み、中津神社を中心とする「上祇園」と闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)を中心とする「下祇園」からなる。2004年(平成16年)に大分県の無形民俗文化財に指定された。中津祇園 フレッシュアイペディアより)

  • 射箭頭八幡神社

    射箭頭八幡神社から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    現社地は往古のお旅所であったが、降って天正年間(16世紀後半)に神託により中村忠政(後に出家して善等と称す)という浅野幸長の家士が神籬を建てて遷座したというが、遷座は慶長年間(16世紀末から17世紀初頭)のことであり、その理由は天正の戦火を被ったことと峠の往来が繁くなったためであるとする伝えもあり、また中村善等が本脇村境に射場を有し、慶長10年(1605年)にそこに豊前国宇佐八幡宮を勧請したとの伝えもある。射箭頭八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 高鍋城

    高鍋城から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    高鍋城はかつて財部(たからべ)城と呼ばれ、平安時代末期に宇佐八幡宮の神官の出で、日向の豪族となった土持氏によって築かれたといわれる古城である。土持氏は室町時代までこの地に勢力を張ったが、戦国時代になると、日向に勢力を伸ばしてきた伊東氏の所領となった。高鍋城 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐警察署

    宇佐警察署から見た宇佐神宮宇佐神宮

    1992年(平成4年) - 現在地に新築移転。新庁舎は宇佐神宮をイメージしたもの。宇佐警察署 フレッシュアイペディアより)

250件中 31 - 40件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード