250件中 41 - 50件表示
  • 大内盛見

    大内盛見から見た宇佐神宮宇佐神宮

    文人としても優れ、京都五山の僧達と交わって禅を修め、応永25年(1418年)から永享3年に及ぶ宇佐神宮の造営を手がけ、興隆寺に供養会を開くなど文化的業績を挙げた。また、李氏朝鮮と通交して大蔵経を印行させ、大きな利益を得ている。大内盛見 フレッシュアイペディアより)

  • 放生津八幡宮

    放生津八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    創始は天平勝宝年間(749?756年)と伝え、越中守大伴家持が宇佐神宮から勧請したと伝える。町の惣社としての地位は鎌倉時代に同地が守護所所在地となってからと考えられる。現在の社殿は大坂城西丸の修復に当たった高瀬輔太郎(たかせ すけたろう)が棟梁となり、文久3年に再建。特殊神事として、10月1日から3日にかけて行われる例大祭で、放生津の地名の由来となった放生会、曳山神事、築山神事がある。神宮寺は境内北側にあった曼陀羅寺と推定されている(文明年間の開山。浄土宗。射水市立町へ移転)。現在の社家は大伴氏。放生津八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 古要神社の傀儡子の舞と相撲

    古要神社の傀儡子の舞と相撲から見た宇佐神宮宇佐神宮

    その後、戦死した隼人の慰霊のために宇佐神宮で放生会が始められると、その際に傀儡子の舞が奉納されるようになり、それが古要神社に伝わったといわれる。同様の神事は、福岡県築上郡吉富町の古表神社にも伝わっており、同じく国の重要無形民俗文化財に指定されている。古要神社の傀儡子の舞と相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 都甲荘

    都甲荘から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    11世紀に源経俊によって開発されたと伝えられ、後にその娘を娶った大神氏の者が「都甲氏」を名乗って継承し、宇佐八幡宮の神宮寺であった弥勒寺を荘園領主(領家)として仰いだ。弥勒寺は12世紀に入ると石清水八幡宮の支配下に入って実質上の本所となった。都甲氏は鎌倉幕府に従って都甲荘の地頭の地位を得て元寇などにおいても活躍したが、同氏の内紛をきっかけに守護大友氏の干渉が始まり、大友氏は都甲氏より地頭職の半分を奪って一族の吉弘氏に与え、吉弘氏は本来延暦寺の支配下にあった隣接する六郷山(長安寺両子寺・天念寺などの天台宗系寺院とその寺領)を都甲荘に併呑して勢力を伸ばした。とは言え、弥勒寺・都甲氏の荘内での支配地域も依然として存在しており、南北朝時代以後もその活動がみられる。だが、豊臣政権期に大友氏が改易されるとその家臣であった吉弘氏・都甲氏も所領を失って豊後国を去り、都甲荘も完全に解体されることになる。都甲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 平塚八幡宮

    平塚八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    寛永14年(1637年)に書かれた『相模国大中郡鶴峯山八幡宮之記』によれば、当社は石清水八幡宮より130年以上前の神亀年間(724年 - 729年)に宇佐神宮から勧請を受け、これにより当地が八幡庄と呼ばれるようになったのだと言う。さらに聖武天皇より相模国における一国一社の霊場とされた。『新編相模国風土記稿 巻之48』では、神亀年間に聖武天皇が諸国一宮へ法華経を納めた際、当社へも納めたのだとする社伝を紹介している。平塚八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 六郷満山

    六郷満山から見た宇佐神宮宇佐神宮

    実際には、古来国東半島にあった山岳信仰の場が、奈良時代末期から平安時代にかけて寺院の形態を取るようになったものである。古来の山岳信仰が、近隣の宇佐神宮及びその神宮寺である弥勒寺を中心とする八幡信仰、さらには天台系修験と融合した結果、神仏習合の独特な山岳仏教文化が形成されたと言われる。今日でも、33の寺院と番外に宇佐神宮を加えた「国東六郷満山霊場」(国東半島三十三箇所)が構成されている。六郷満山 フレッシュアイペディアより)

  • 吉保八幡神社

    吉保八幡神社から見た宇佐八幡宇佐神宮

    天長6年(829年)に吉保郷の鎮守として宇佐八幡を勧請し、文安年間(1444年?1448年)に里見氏の家臣緒方茂次が祈願所として再建したと伝えられている。現在の本殿は天明年間(1781年?1789年)の造営、本殿の彫刻は、初代伊八30代の作品とされている。明治6年(1873年)郷社に列した。吉保八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 土持親成

    土持親成から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    親成は当初、島津氏とは距離を置き、伊東氏と戦う上で後背となる大友宗麟に対して娘を人質に出すなど大友氏に臣従した(旧記雑録後編十)。しかし、伊東氏の衰退に伴う島津氏の日向への本格的進出や、大友家中の混乱(宗麟の急進的キリスト教化政策に対して、宇佐八幡宮氏子衆などの保守派勢力との改宗をめぐる対立などがあった)に加え、県土持氏が宇佐八幡宮の神官を出自とすることもあり、親島津・反大友に傾斜していく。土持親成 フレッシュアイペディアより)

  • 比売語曽社

    比売語曽社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    また、比売語曽神については他に、新羅王の子天之日矛の妻、新羅王波沙寝錦の妃、大己貴命の女である下照姫命、辛国息長大姫大目命、真野の長者の娘の玉依姫(般若姫)などの諸説がある。また、宇佐神宮の祭神のうちの比売大神を比売語曽神とする説もある。比売語曽社 フレッシュアイペディアより)

  • 田染荘

    田染荘から見た宇佐神宮宇佐神宮

    田染荘(たしぶのしょう)は、豊前国国東郡(現在の大分県豊後高田市)にあった宇佐神宮の荘園。田染荘の小崎地区には現在も、平安時代、鎌倉時代の集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されているとされる。田染荘 フレッシュアイペディアより)

250件中 41 - 50件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード