250件中 51 - 60件表示
  • 松原八幡神社

    松原八幡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社伝によると、天平宝字7年(763年)4月11日、妻鹿の漁師が「八幡大菩薩」と書かれた霊木を拾い上げ、その霊木を祀ったことを起源とし、宇佐神宮の勧請としている。松原八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大楽寺 (宇佐市)

    大楽寺 (宇佐市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    元弘3年(1333年)に、宇佐神宮大宮司到津公連によって、開山に奈良西大寺の道密上人を招請し、到津氏の菩提寺として創建された。改元された翌建武元年(1334年)には、後醍醐天皇により勅願寺に定められている。大楽寺 (宇佐市) フレッシュアイペディアより)

  • 参拝

    参拝から見た宇佐神宮宇佐神宮

    出雲大社、宇佐八幡では二拍手ではなく四拍手で行う。また伊勢神宮には特殊な拍手(八開手)があるが、参列者は行わない。参拝 フレッシュアイペディアより)

  • 離宮八幡宮

    離宮八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    貞観元年(859年)に清和天皇が、神託により国家安泰のため宇佐神宮から分霊し平安京の守護神として奉安することとし、その時に九州に使わされた大安寺の僧行教が帰途山崎の津(当時の淀川水運の拠点港)で神降山に霊光を見、その地より石清水の湧いたのを帰京後天皇に奏上したところ、国家鎮護のため清和天皇の勅命により「石清水八幡宮」が建立された。離宮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 奉幣

    奉幣から見た宇佐神宮宇佐神宮

    奉幣使には五位以上で、かつ、卜占により神意に叶った者が当たると決められていた。また、神社によって奉幣使が決まっている場合もあり、伊勢神宮には王氏(白川家)、宇佐神宮には和気氏、春日大社には藤原氏の者が遣わされる決まりであった。通常、奉幣使には宣命使が随行し、奉幣の後、宣命使が天皇の宣命を奏上した。奉幣 フレッシュアイペディアより)

  • おおいた遺産

    おおいた遺産から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の森と社(宇佐市)おおいた遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊国造

    紀伊国造から見た宇佐神宮宇佐神宮

    古代から紀伊国に威武をふるっていた紀氏に始まるとされ、『紀伊続風土記』によると、神武天皇の畿内平定ののちに紀伊の国造に封じられた天道根命(あめのみちねのみこと)の嫡流であるとされる。神話の時代を含めると2,000年以上もの長い歳月を経た今もなお日前国懸の神に仕えている。これほどの古い家系を今に伝えているのは、天皇家を除くと、出雲国造家の千家・北島の両家、阿蘇神社の大宮司である阿蘇家、宇佐神宮の大宮司である宮成・到津の両家、隠岐国造家であった億岐家、籠神社の宮司である海部家、熱田神宮の大宮司である千秋家、住吉大社の宮司である津守家、諏訪大社の大祝である諏訪家(神氏)ぐらいともいわれ、特に出雲国造とともにその就任には朝廷からの認可が必要とされていた。なお、継嗣断絶のために2度ほど女系に替わっている。紀伊国造 フレッシュアイペディアより)

  • 松平重直

    松平重直から見た宇佐神宮宇佐神宮

    寛永9年、7000石加増の上で移封され、豊前国竜王(現在の大分県宇佐市安心院町)の竜王城跡地に竜王陣屋を構え竜王藩主となった。寛永14年(1637年)島原の乱に従軍する。寛永16年(1639年)高田城に本拠を移したことにより、豊後高田藩となった。寛永19年(1642年)没し、家督は長男の英親が継いだ。また信心深く、重直父子は宇佐神宮に700石を寄進している。松平重直 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲原八幡宮

    鷲原八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    平安時代の天暦年間(947年-956年)に山根六左衛門尉という郷士が豊前宇佐八幡宮を勧請したのに創まるといい、その後吉見氏の家祖頼行が鎌倉鶴岡八幡宮から再度勧請し、2代頼直が嘉慶元年(1387年)に現位置に社殿を建立して遷座したという。鷲原八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 和気広虫

    和気広虫から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    従五位下葛木連戸主の妻となるが、その後死別。孝謙上皇に仕えるが、762年(天平宝字6年)上皇に従って出家し"法均"と号した。765年(天平神護元年)に吉備藤野和気真人の姓を賜り、768年(神護景雲2年)大尼に任じられた。翌年宇佐八幡宮の神託を請うための勅使に任じられたが、この時は病弱で長旅に耐えないことを理由に、弟の和気清麻呂に代行させている。その神託の結果が道鏡の意に反していたことから還俗させられ、弟の清麻呂は別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改名させられて大隅国へ、広虫は別部広虫売(わけべのひろむしめ)と改名させられて備後国へ、それぞれ配流に処せられた。770年(宝亀元年)に帰洛を許され、従五位下に叙せられた。774年(宝亀5年)清麻呂とともに朝臣の姓を賜り、以後昇任して785年(延暦4年)には従四位上に叙せられている。没後正三位が贈られている。和気広虫 フレッシュアイペディアより)

250件中 51 - 60件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード