313件中 51 - 60件表示
  • 時枝城

    時枝城から見た宇佐神宮宇佐神宮

    時枝城(ときえだじょう)は、かつて大分県宇佐市下時枝に存在した城。宇佐神宮弥勒寺の寺務方であった時枝氏の居城。時枝城 フレッシュアイペディアより)

  • 柞原八幡宮

    柞原八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    天長4年(827年)、延暦寺の僧・金亀(こんき)が宇佐八幡に千日間籠り、「天長7年3月3日に八幡神が豊前国に垂迹する」との神託を得た。天長7年7月7日、大分郡賀来郷に白幡が飛び渡った。金亀はこのことを朝廷に奉上し、承和3年(836年)、仁明天皇の命により豊後国司・大江宇久が社殿を造営した。柞原八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 奈多海岸 (大分県)

    奈多海岸 (大分県)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    海岸線のほぼ中央には神亀6年(729年)に創建されたと伝えられる八幡奈多宮があり、宇佐神宮の旧神体とされる木造僧形八幡神坐像と2躯の木造女神坐像の三神像を収蔵している。三神像は国の重要文化財に指定されている。奈多海岸 (大分県) フレッシュアイペディアより)

  • 十三塚原

    十三塚原から見た宇佐神宮宇佐神宮

    十三塚の由来については次のような伝説がある。かつて国分八幡神社(鹿児島神宮)と宇佐八幡神社(宇佐神宮)の間でどちらが正統の八幡宮であるか論争があった。1132年(長承元年)あるいは1527年(大永7年)11月、宇佐八幡の神官14名が鹿児島を訪れ国分八幡の古文書を調査し、正統性は疑わしいとして社に火をかけた。ところがこの火災の煙が「正八幡宮」の文字を示したことから神官たちは驚きあわてて逃げ帰ろうとした。逃げる途中、台地上の大木の下で休んでいたところ、木が倒れて下敷きとなり13名が死亡、残された1名も宇佐八幡に戻って顛末を報告するとともに死亡した。死者のために13基の塚が建てられたという。十三塚原 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た宇佐神宮宇佐神宮

    十 ぶぜんの国宇佐八まんへよなよなかよふ女の事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

  • 和間海岸

    和間海岸から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の放生会(仲秋祭)では、和間神社の浮殿から船で寄藻川を海まで下り、この海岸で貝が放流される。和間海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 松野勇雄

    松野勇雄から見た宇佐神宮宇佐神宮

    備後国御調郡三原(現在の広島県三原市)生まれ。父は広島藩三原城主浅野家の家臣で郡奉行に所属、平田篤胤没後の門人であった。勇雄は幼少より国学、漢学を修めまた剣、弓、銃、砲の技を学んだ。1864年浅野家の大砲方を拝命、1866年、藩校の授読を命じられその後、矢野郷校、三原郷校(藩校修道館分校)、竹原皇学校、三津皇学校の教授となった。1872年大阪に出て翌1873年、立志を抱き上京し平田銕胤の学僕となる。同年、宇佐神宮禰宜。1875年神道事務局編輯専務、大教院専務を兼任、『祝詞文例』等を編す。1876年、生徒寮塾長兼務、皇大神宮権主典拝命。奉職中、神宮神官の子弟の教育機関・神宮教院の生徒取締役に転ず。これを基礎に拡大強化し本教館を興し全国規模で有志学生を募集。落合直文、池辺義象等はこの折りの学生の一部。1877年権禰宜と進み本居豊穎の養子となったが、まもなく同家を去った。1879年神宮権禰宜を辞し、神道事務局に奉仕し漢学を講じた。松野勇雄 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉白泉

    和泉白泉から見た宇佐神宮宇佐神宮

    和泉白泉(1862年 - 1942年)は俳人。文久2年(1862年)3月6日に九州の大分県宇佐市長洲町で生まれる。本名は和泉千治。先祖は島原藩の出で、代々苗字帯刀を許された家系で育った。普賢岳が噴火したことにより、島原藩の飛び地であった大分県の宇佐に移り住む。長洲に学校がなかったため、隣町の中津市に福沢諭吉が作った「中津学校」に通う。狩野派の絵師から絵を習い、俳句のほかに俳画も修得する。78才の1931年(昭和6年)、白泉が詠った「高千穂の昔は遠し雪の宮」の名吟(掛け軸)は、昭和天皇が閲した。翌年の1932年(昭和7年)には、宮中でおこなわれる「歌会始」の選者の1人として白泉に「嘱託状」が交付される。1935年(昭和10年)には第一次上海事変の最中に敵陣に突入して自らの命を絶った3人の勇士(爆弾三勇士)を称える『至誠録(しせいろく)』という題名の本を編集し、宇佐神宮ならびに靖国神社に奉納する。表題の字は時の前総理大臣斎藤実(雅号皐水)が書いている。1938年(昭和13年)にも同名の本を出版し、題名は内務大臣湯浅倉平が書く。和泉白泉 フレッシュアイペディアより)

  • 宇努男人

    宇努男人から見た宇佐神宮宇佐神宮

    養老4年(720年)大隅・日向で隼人が一斉蜂起した際、豊前守であった男人は鎮圧のために将軍に任ぜられて戦勝を祈って宇佐神宮に参拝した。戦いの結果、男人は隼人の軍勢を大いに破って数多くの兵を討ち取った。また、多くの兵を殺した償いとして大神の託宣が発せられ、毎年放生会が催されるようになり、これが後に石清水八幡宮に伝わったという。宇努男人 フレッシュアイペディアより)

  • 神護景雲

    神護景雲から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    神護景雲3(769)年、和気清麻呂、道鏡即位に反する宇佐八幡宮の神託を報じ、大隅に配流。神護景雲 フレッシュアイペディアより)

313件中 51 - 60件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード