250件中 61 - 70件表示
  • 神領興行

    神領興行から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    亀山院政下の弘安7年5月20日(1284年7月4日)、同年6月25日(8月7日)に鎮西神領興行回復令が元寇に対する恩賞として出され、売却、質入済の旧神領の無償回復が打ち出された。鎮西神領興行令は以後、弘安8年(1285年)、永仁6年(1298年)、正和元年(1312年)に相次いで出され、宇佐八幡宮と伊勢神宮を先頭に、全国的に適用され、特に伊勢神宮の神領は東国を中心に次々に広がっていった。神領興行 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯建設

    佐伯建設から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮宝物館・参集殿佐伯建設 フレッシュアイペディアより)

  • 難波頼経

    難波頼経から見た宇佐神宮宇佐神宮

    平家滅亡後は源義経の有力な同盟者となり、惟栄ら豊後国人の勢力を義経方に取り込むための活動に邁進。惟栄が宇佐神宮を焼き討ちした罪を軽減されたのも、彼や義経の工作によるものと言われる。同時に高階泰経ら後白河院近臣勢力とも結び、義経追討を打ち出す鎌倉幕府に対抗する。難波頼経 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国百物語

    諸国百物語から見た宇佐神宮宇佐神宮

    十 ぶぜんの国宇佐八まんへよなよなかよふ女の事諸国百物語 フレッシュアイペディアより)

  • 大井手堰

    大井手堰から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    保延元年(1135年)、この地区の山国川の堰は度重なる洪水で決壊し、農民は困り果てていた。当時沖代平野を治めていた湯屋弾正基信・宮永左兵衛義成・万田左京盛堯・藍原(相原)内記有之・中殿八郎兵衛国直・一松(ひとつまつ)六郎兵衛清氏・小畑四郎右衛門宗重ら7人の地頭が改修工事に取り掛かったが、予想外の難工事で失敗の連続であった。そこで湯屋基信が人柱を立てることとを提案し、7人の地頭も同意したものの、今度は誰もが自分が人柱になると主張した為に結論が出ず、各々の袴を山国川に流して最初に沈んだ袴の持ち主を人柱にすることと定めた所、基信の袴が最初に沈んだので基信が人柱になることとなった。発議者であり人一倍責任感の強い基信は、自ら人柱になろうと予め袴に石を縫い込んでいたという。基信が人柱となるべく身を清めていた所、基信家臣の古野源兵衛の娘お鶴とその子市太郎が、主人を人柱に立てることは出来ない、自分たちが身代りになると申し出、初めはこれを拒んだ基信も遂にその熱誠に負けて承諾し、8月15日にお鶴と市太郎母子は白無垢に身を包み、山国川に入水した。2人が入水した時、川底から2羽の金色の鳩が飛び立ち宇佐八幡宮を目指して飛んで行ったので、人々は両人の霊を鶴市八幡社に合祀するとともに、自ら犠牲となったその精神に発奮して時をおかずに壮大な堰を完成させたと伝え、毎年8月の最終土曜日・日曜日に斎行される鶴市花傘鉾神事(大分県指定無形民俗文化財)は母子の霊を弔い豊作を祈願する神事とされる。大井手堰 フレッシュアイペディアより)

  • 大井手堰

    大井手堰から見た宇佐神宮宇佐神宮

    山国川を利用した沖代平野の灌漑の歴史は弥生時代にまで遡ると考えられるので、以後その時々に井手(堰)も築かれたであろうが、「大井手」と称される大規模な堰の造営は平安時代末の保延元年(1135年)に当時の在地有力者である湯屋基信他の主導下で初めて行われとされ、その際にお鶴と市太郎という母子が人柱になったと伝える(下節参照)。その真偽はともかくも、当時の大井手周辺には宇佐神宮の社領と下毛保(しもつみけのほ。得善保とも)と呼ばれた宇佐宮神宮寺である弥勒寺の寺領とが展開されており、伝えに現れる湯屋氏が宇佐宮の神官宇佐氏の流れと伝えている事から、大井手築造には荘園拡大を意図した宇佐宮による開発の動きがあって、それを背景に湯屋氏が開発領主として井手築造に当たったものと推定される。大井手堰 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野町

    熊野町から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    榊山神社は、宇佐八幡宮から勧請したとされ、祭神は帯中津日子神、品陀和気神、息長帯比売神である。熊野本宮社は、熊野本宮大社より勧請したとされ、祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊である。熊野町 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (南アルプス市上宮地)

    八幡神社 (南アルプス市上宮地)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    創建年代は正確には分かってはいないが、『甲斐国志』や『中巨摩郡志』には拠れば、平安時代後期に1]の一族である小笠原長清が宇佐八幡宮を勧請するとあり、また『甲斐国社記・寺記』には「鎮座の儀は判らないが小笠原信濃守長清勧請す」とある。八幡神社 (南アルプス市上宮地) フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮御神能

    宇佐神宮御神能から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮御神能(うさじんぐうごしんのう)は、大分県宇佐市の宇佐神宮で、毎年10月20日、21日に行われる風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)の2日目に奉納される能楽である。1975年3月28日に大分県の無形文化財に指定されている。宇佐神宮御神能 フレッシュアイペディアより)

  • 時枝鎮継

    時枝鎮継から見た宇佐神宮宇佐神宮

    時枝氏は中原氏の庶流で宇佐神宮弥勒寺の寺務を代々務めた家である。鎮継は反大友氏の急先鋒であり、毛利氏や秋月氏らと呼応してたびたび反乱を起こしていた。豊臣秀吉による九州征伐の際には真っ先に従属の姿勢を示し、その案内役を務めるとともに、時枝城を黒田孝高に提供した。時枝鎮継 フレッシュアイペディアより)

250件中 61 - 70件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード