313件中 61 - 70件表示
  • 都甲荘

    都甲荘から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    11世紀に源経俊によって開発されたと伝えられ、後にその娘を娶った大神氏の者が「都甲氏」を名乗って継承し、宇佐八幡宮の神宮寺であった弥勒寺を荘園領主(領家)として仰いだ。弥勒寺は12世紀に入ると石清水八幡宮の支配下に入って実質上の本所となった。都甲氏は鎌倉幕府に従って都甲荘の地頭の地位を得て元寇などにおいても活躍したが、同氏の内紛をきっかけに守護大友氏の干渉が始まり、大友氏は都甲氏より地頭職の半分を奪って一族の吉弘氏に与え、吉弘氏は本来延暦寺の支配下にあった隣接する六郷山(長安寺両子寺・天念寺などの天台宗系寺院とその寺領)を都甲荘に併呑して勢力を伸ばした。とは言え、弥勒寺・都甲氏の荘内での支配地域も依然として存在しており、南北朝時代以後もその活動がみられる。だが、豊臣政権期に大友氏が改易されるとその家臣であった吉弘氏・都甲氏も所領を失って豊後国を去り、都甲荘も完全に解体されることになる。都甲荘 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野玄道

    矢野玄道から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    天保15年(1844年) 二月下旬周防から長門を経由して、豊後の宇佐八幡宮や筑前の筥崎宮、太宰府天満宮などを参拝し、日向の神代古蹟を探訪後、薩摩の霧島神宮を参詣のち霧島山に登る。以後肥後を経て熊本の阿蘇山に登り帰来して見聞記を録す。矢野玄道 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡神社 (宝塚市)

    八幡神社 (宝塚市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社伝に宇佐神宮の御分霊を祀って建立されたとあり、祭神は誉田別尊(ほむたわけのみこと、応神天皇)。八幡神社 (宝塚市) フレッシュアイペディアより)

  • 僧兵

    僧兵から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮・・・豊前国一宮として厚い崇敬を受け、九州一の荘園領主として、また実質的に宇佐郡を中心とした国人領主の盟主として繁栄を誇った。家末社にあたる八幡奈多宮出身の田原親賢が方分(守護代)となって以降、大友氏と敵対するようになり、焼き討ちされるに及んで勢力を失った。のちに宇佐神宮の社家出身の時枝鎮継(九州征伐後、黒田氏の家臣となっていた)は石垣原の戦いで大友氏滅亡に一役買うことになった。僧兵 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮村 (宮崎県)

    大宮村 (宮崎県)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    「宮崎」という地名の発祥の地とされる。宮崎のもともとの意味は「宮の前」「宮の所在地」であるが、その宮が指すものとしては、大字下北方にある神武天皇の皇居跡と伝えられる皇宮屋、大字南方の奈古神社、檍村の江田神社とする説がある。平安時代末期から戦国時代まで宇佐神宮領の宮崎荘であった。戦国時代には島津氏が和知川原を大淀川の河川交通の要と位置づけ、町を起立した。江戸時代は延岡藩となり、延岡藩の宮崎周辺の飛び地を統轄する宮崎代官所が下北方に置かれていた。近代以降は数々の中等・高等教育機関が立地し文教地区を形成している。大宮村 (宮崎県) フレッシュアイペディアより)

  • 役夫工米

    役夫工米から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    律令制度の下では伊勢神宮の式年遷宮の役夫は伊勢国・尾張国・美濃国・三河国・遠江国から徴発され、同地の国司・郡司のうちから1名が率いて造営事業にあたった。また、造営にかかる費用及び役夫の食料などは神郡・神田・神戸からの神税や官衙・国衙からの出費によって賄われていた。ところが、10世紀以後、役夫や神税の徴収が困難となっていき、11世紀の後期(確認できるものでは、嘉保2年(1095年)の内宮遷宮・承徳元年(1097年)の外宮遷宮)以後、造営経費及び役夫に代わる代米を一国平均役として大宰府管内以外の全ての地域を対象に賦課されるようになった(大宰府管内諸国には宇佐八幡宮遷宮(33年に1度)の造営負担が課されていたため、対象から外されていた)。役夫工米 フレッシュアイペディアより)

  • おおいた遺産

    おおいた遺産から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の森と社(宇佐市)おおいた遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐飴

    宇佐飴から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐飴(うさあめ)は、大分県宇佐市にある宇佐神宮名物の土産菓子で、麦芽ともち米で作った水飴を練った飴である。宇佐飴 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立歴史博物館

    大分県立歴史博物館から見た宇佐神宮宇佐神宮

    館内では、宇佐神宮や国東半島の六郷満山(六郷山)の八幡・仏教文化などを中心に、大分の歴史・文化に関する体系的な常設展示が行われており、国宝の富貴寺大堂、臼杵磨崖仏、重要文化財・史跡の熊野磨崖仏の実物大複製模型等が展示されている。大分県立歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 山名八幡宮

    山名八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    清和源氏新田義重の子で、山名氏の祖の山名義範が文治(1185年 - 1190年)または安元年間(1175年 - 1177年)に豊前国(大分県)の宇佐神宮の分霊を勧請して社殿を造営し、武運の神(武神)として崇敬したのが始まりとされる。応永年間に南朝の尹良親王が山名城に滞在の折、城主世良田政義の娘が親王の子(良王君)を懐妊し、当社にその安産を祈願したと伝えられ、以来、子育て・虫封じの神として信仰が篤い。本殿・幣殿は18世紀半ばの建造とされ、市指定の重要文化財。山名八幡宮 フレッシュアイペディアより)

313件中 61 - 70件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード