250件中 71 - 80件表示
  • 矢野玄道

    矢野玄道から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    弘化元年(1844年) 二月下旬周防から長門を経由して、豊後の宇佐八幡宮や筑前の筥崎宮、太宰府天満宮などを参拝し、日向の神代古蹟を探訪後、薩摩の霧島神宮を参詣のち霧島山に登る。以後肥後を経て熊本の阿蘇山に登り帰来して見聞記を録す。矢野玄道 フレッシュアイペディアより)

  • 諸県郡

    諸県郡から見た宇佐神宮宇佐神宮

    諸県郡が、明確に確認できるのは「続日本紀」からであり、「延喜式」において、ほぼその後の領域が確定され、中世には、宇佐宮領の諸県荘となった現在の国富町・綾町を除き、この領域を中心に島津荘が開拓された。以来、江戸期まで領域に変動はない。諸県郡 フレッシュアイペディアより)

  • 大内満弘

    大内満弘から見た宇佐神宮宇佐神宮

    室町幕府3代将軍足利義満の偏諱を受けて満弘と名乗る。他の兄弟で義満の偏諱を受けた人間はおらず、義弘に次ぐ地位にあったと推測される。兄の義弘を補佐して、その勢力拡大を支えた一門衆を代表する武将であり、兄の代理として弟の盛見を従えて戦地に赴くことも多かった。信仰心も篤く、宇佐神宮の信仰の山である御許山(現大分県杵築市)に鐘を奉納する等の活動も見える。大内満弘 フレッシュアイペディアより)

  • 日牟禮八幡宮

    日牟禮八幡宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    991年(正暦2年)、一条天皇の勅願により、八幡山(法華峰)上に社を建立し、宇佐八幡宮を勧請して、上の八幡宮を祀った。さらに、1005年(寛弘2年)、遥拝社を山麓に建立し、下の社と名付ける(現在の社殿は下の社に相当)。日牟禮八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 時枝城

    時枝城から見た宇佐神宮宇佐神宮

    時枝城(ときえだじょう)は、かつて大分県宇佐市下時枝に存在した城。宇佐神宮弥勒寺の寺務方であった時枝氏の居城。時枝城 フレッシュアイペディアより)

  • 役夫工米

    役夫工米から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    律令制度の下では伊勢神宮の式年遷宮の役夫は伊勢国・尾張国・美濃国・三河国・遠江国から徴発され、同地の国司・郡司のうちから1名が率いて造営事業にあたった。また、造営にかかる費用及び役夫の食料などは神郡・神田・神戸からの神税や官衙・国衙からの出費によって賄われていた。ところが、10世紀以後、役夫や神税の徴収が困難となっていき、11世紀の後期(確認できるものでは、嘉保2年(1095年)の内宮遷宮・承徳元年(1097年)の外宮遷宮)以後、造営経費及び役夫に代わる代米を一国平均役として大宰府管内以外の全ての地域を対象に賦課されるようになった(大宰府管内諸国には宇佐八幡宮遷宮(33年に1度)の造営負担が課されていたため、対象から外されていた)。役夫工米 フレッシュアイペディアより)

  • 中野幡能

    中野幡能から見た宇佐神宮宇佐神宮

    中野 幡能(なかの はたよし、1916年 - 2002年12月3日)は、日本の歴史学者、大分県立芸術文化短期大学名誉教授。宇佐八幡宮の研究で知られる。中野幡能 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回国民体育大会

    第21回国民体育大会から見た宇佐神宮宇佐神宮

    相撲 - 宇佐市(宇佐神宮相撲場)第21回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡町 (神戸市)

    八幡町 (神戸市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    正和年間(1312?1317年)、花園天皇の勅命により豊前の宇佐八幡(宇佐神宮)を勧請した。八幡町 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • イチキシマヒメ

    イチキシマヒメから見た宇佐神宮宇佐神宮

    なお大分県の宇佐神宮にも、多岐津姫命(たぎつひめのみこと)・多紀理姫命(たぎりひめのみこと)とともに二之御殿(3つ並んだ御殿の真ん中)で祀られている。イチキシマヒメ フレッシュアイペディアより)

250件中 71 - 80件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード