313件中 71 - 80件表示
  • 佐伯老

    佐伯老から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    神護景雲4年(770年)8月に日食が発生した際、宇佐八幡宮へ派遣されて鹿毛の馬1頭を奉納した(この時の官位は大初位下・内舎人)。佐伯老 フレッシュアイペディアより)

  • 松原八幡神社

    松原八幡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    社伝によると、天平宝字7年(763年)4月11日、妻鹿の漁師が「八幡大菩薩」と書かれた霊木を拾い上げ、その霊木を祀ったことを起源とし、宇佐神宮の勧請としている。松原八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 高鍋城

    高鍋城から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    高鍋城はかつて財部(たからべ)城と呼ばれ、平安時代末期に宇佐八幡宮の神官の出で、日向の豪族となった土持氏によって築かれたといわれる古城である。土持氏は室町時代までこの地に勢力を張ったが、戦国時代になると、日向に勢力を伸ばしてきた伊東氏の所領となった。高鍋城 フレッシュアイペディアより)

  • 河内神社 (たつの市)

    河内神社 (たつの市)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    859年(天安3年)、豊前国宇佐八幡宮より分霊を勧請したことに始まる。河内神社 (たつの市) フレッシュアイペディアより)

  • 野依八幡社

    野依八幡社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    祭神は誉田別尊で慶雲元年(704年)、豊前国宇佐神宮から勧請した。康和2年(1100年)には平忠朝が社殿を造営し神田数十町歩を寄附した。往時は野依五村(野依、高塚、伊古部、植田、佛餉)の氏神として近村の崇敬が厚かった。野依八幡社 フレッシュアイペディアより)

  • ペトロ岐部

    ペトロ岐部から見た宇佐神宮宇佐神宮

    父・ロマーノ岐部は、豊後国の戦国大名大友氏の重臣で、大分県国東半島北部の岐部を本拠とする豪族岐部氏の一族。母・マリアの実家は、大友氏の重臣波多氏で宇佐神宮の神官をしていた。本拠は国東半島北西部海岸の田福村で宇佐八幡の隣接地域である。ペトロ岐部 フレッシュアイペディアより)

  • 首途八幡宮

    首途八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮から八幡大神を勧請したのが始まりと伝えられ、誉田別尊(応神天皇)、比咩大神、息長帯姫命(神功皇后)を祭神とする。首途八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡長増

    吉岡長増から見た宇佐神宮宇佐神宮

    永禄2年(1559年)長増は田北鑑生、吉弘鑑理と共に横岳資誠と小田鎮光(小田政光の嫡男)との領地境界線を裁決して和解させ、9月には戦いを続ける龍造寺隆信と神代勝利を和睦させた。この頃の長増は多忙であったようで、宇佐八幡の政務の代役を頼んだ吉弘鑑理宛の書状に「鑑理に頼んで悪いと思うが私の疲労を察してほしい」と記している。吉岡長増 フレッシュアイペディアより)

  • 大内文化

    大内文化から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮(大内盛見により造営されたが、大友宗麟の焼き打ちにあい焼失)大内文化 フレッシュアイペディアより)

  • 小浜八幡神社

    小浜八幡神社から見た宇佐神宮宇佐神宮

    神輿は伝統ある小濱八幡神社の様式を創建当時より変えずに現在に至っており、特に破風、彫刻、宝珠には特徴がある。宝珠の色は八幡総本宮(宇佐神宮)に由緒のある金銅色である。小浜八幡神社 フレッシュアイペディアより)

313件中 71 - 80件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード