313件中 81 - 90件表示
  • 長尾 (倉敷市)

    長尾 (倉敷市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    長尾神社 - 通称「長尾八幡宮」、応永の頃に九州の宇佐神宮から勧請された。江戸時代は備中松山城主池田長幸・長常親子2代、その後城主になった水谷勝隆等の新田開発祈願所であった。参道は旧市街上之町南の新幹線高架横の小高い山にあり、現在の社殿は1879年(明治12年)に改築されたものである。長尾 (倉敷市) フレッシュアイペディアより)

  • 国東半島

    国東半島から見た宇佐八幡宇佐神宮

    奈良時代から平安時代にかけて、仏教(天台宗)に宇佐八幡の八幡信仰(神道)を取り入れた「六郷満山」と呼ばれる仏教文化が形成され、山岳地域の険しい山道を歩く「峰入り」と呼ばれる難行が行われるようになった。「六郷」とは、来縄(くなわ、現・豊後高田市)・田染(たしぶ、豊後高田市)・伊美(いみ、国東市国見町)・国東(国東市国東町)・安岐(あき、国東市安岐町)・武蔵(むさし、国東市武蔵町)の6つの地域を指しているといわれる。現在でも内陸部を中心に多数の寺があり、観光名所となっている。国東半島 フレッシュアイペディアより)

  • 法蓮

    法蓮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐神宮の神宮寺であった弥勒寺の初代別当。英彦山や国東六郷満山で修行したという修験者的な人物でもある。宝亀8年(777年)に託宣によって八幡神が出家受戒(これにより八幡大菩薩の称号を得る)した際にはその戒師を務めた。大分県宇佐市近辺にいくつもの史跡・伝承を残している。法蓮 フレッシュアイペディアより)

  • 田村圓澄

    田村圓澄から見た宇佐八幡宇佐神宮

    宇佐八幡と古代神鏡の謎 木村晴彦、桃坂豊共著 戎光祥出版 2004田村圓澄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉保八幡神社

    吉保八幡神社から見た宇佐八幡宇佐神宮

    天長6年(829年)に吉保郷の鎮守として宇佐八幡を勧請し、文安年間(1444年?1448年)に里見氏の家臣緒方茂次が祈願所として再建したと伝えられている。現在の本殿は天明年間(1781年?1789年)の造営、本殿の彫刻は、初代伊八30代の作品とされている。明治6年(1873年)郷社に列した。吉保八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • ケベス祭

    ケベス祭から見た宇佐神宮宇佐神宮

    ケベス祭が行われる岩倉社は正式名称を櫛来社という。元来は櫛来の氏神であり、寛平元年(889年)に宇佐神宮の分霊を勧請したと伝えられている。祭神は帯中津日子命(仲哀天皇)、息長帯日売命(神功皇后)、品陀和気命(応神天皇)、及び、奥津嶋姫命、市寸島比売命、多岐津比売命の宗像三女神の6柱である。ケベス祭 フレッシュアイペディアより)

  • 千栗八幡宮

    千栗八幡宮から見た宇佐神宮宇佐神宮

    承平年間(931年 - 938年)に宇佐八幡宮の別宮となったとみられ、以後その五所別宮の一として崇敬を受けた。千栗八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 長保

    長保から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    11月、宇佐八幡宮神人ら、大宰府権帥平惟仲の苛政を訴える。長保 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山八幡神社 (大和郡山市)

    郡山八幡神社 (大和郡山市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    聖武天皇の勅命により、東大寺大仏の鋳造が完成した天平勝宝元年(749年)に、 東大寺大仏の守護神として宇佐八幡神を勧請されることとなった。『続日本書紀』によると同年12月18日に、宇佐八幡神を平群郡に迎え、27日に京に入り、京南の梨原宮に新殿を造って神宮としたとある。京入りの前日、和州薬師寺門前の休ヶ丘で一泊された。郡山八幡神社 (大和郡山市) フレッシュアイペディアより)

  • 湖西のみち

    湖西のみちから見た宇佐神宮宇佐神宮

    宇佐、高良、磯賀という九州の大社湖西のみち フレッシュアイペディアより)

313件中 81 - 90件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード