250件中 81 - 90件表示
  • 口羽春良

    口羽春良から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    1571年(元亀2年)には自領に宇佐八幡宮に勧請して、松尾山八幡宮を建立した。また、備中兵乱で三村元親らが毛利氏から離反した時には備中国内の鎮撫にあたっている。口羽春良 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮

    神宮から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    その後、平安時代に成立した『延喜式神名帳』では、石上神宮に代わり鹿島神宮と香取神宮が「神宮」と記載された。江戸時代まで「神宮」を社号とする神社は、この3社のみであった。その後、筥崎宮、宇佐八幡宮が加わった。神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 大山崎油座

    大山崎油座から見た宇佐神宮宇佐神宮

    大山崎の地は、白雉4年(653年)に孝徳天皇が山崎宮を造営させ、神亀2年(725年)には行基が山崎橋を造るなど、古くから景勝地としても知られていたが、平安京造営後は都のすぐ南西にあたり、山城と摂津の国境の地であり、また淀川水系の桂川と宇治川、木津川の合流地点という水陸交通の要衝であるため、平安京の外港としても栄えた地であった。桓武天皇や嵯峨天皇は行幸の際に行宮としてたびたび立ち寄っており、山崎離宮とも呼ばれた(唐風文化を好む嵯峨天皇は河陽宮と呼んだ)。大山崎の地に鎮座する離宮八幡宮の起源は、清和天皇代の天安3年(859年、貞観元年)に宇佐八幡神を都の近くへ勧請した際、いったん大山崎の嵯峨天皇離宮に上陸し、のちに男山に遷座したことによるという。この故事にちなみ、毎年4月3日に行われた神事「日使頭祭(ひのとさい)」に際して、頭役として勤仕して神人の身分を獲得したのが大山崎神人とされる。大山崎油座 フレッシュアイペディアより)

  • 十三塚原

    十三塚原から見た宇佐神宮宇佐神宮

    十三塚の由来については次のような伝説がある。かつて国分八幡神社(鹿児島神宮)と宇佐八幡神社(宇佐神宮)の間でどちらが正統の八幡宮であるか論争があった。1132年(長承元年)あるいは1527年(大永7年)11月、宇佐八幡の神官14名が鹿児島を訪れ国分八幡の古文書を調査し、正統性は疑わしいとして社に火をかけた。ところがこの火災の煙が「正八幡宮」の文字を示したことから神官たちは驚きあわてて逃げ帰ろうとした。逃げる途中、台地上の大木の下で休んでいたところ、木が倒れて下敷きとなり13名が死亡、残された1名も宇佐八幡に戻って顛末を報告するとともに死亡した。死者のために13基の塚が建てられたという。十三塚原 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄10形蒸気機関車

    国鉄10形蒸気機関車から見た宇佐神宮宇佐神宮

    26は廃車後、その歴史的価値を認められて宇佐町(現在の宇佐市)に寄贈され、宇佐神宮境内に保存されることとなった。1966年(昭和41年)には、「形式10・26号機関車」として準鉄道記念物に指定されている。また、2005年(平成17年)3月29日には、「宇佐参宮線26号蒸気機関車」として大分県の有形文化財に指定され、2007年夏にはその経歴をまとめた絵本『しあわせなクラウス』が出版されている。国鉄10形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立歴史博物館

    大分県立歴史博物館から見た宇佐神宮宇佐神宮

    館内では、宇佐神宮や国東半島の六郷満山(六郷山)の八幡・仏教文化などを中心に、大分の歴史・文化に関する体系的な常設展示が行われており、国宝の富貴寺大堂、臼杵磨崖仏、重要文化財・史跡の熊野磨崖仏の実物大複製模型等が展示されている。大分県立歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 安心院盆地

    安心院盆地から見た宇佐神宮宇佐神宮

    安心院という地名の由来については種々の説があるが、一説には芦が生えていたことから芦生(あしぶ)の里といったのが後に「安心」に転じ、中世に宇佐神宮の荘園となって倉院が置かれたことから「院」をつけて「安心院」と書かれるようになったという。この盆地の成因については、かつて湖であったという説があり、この説によれば、地名の由来の芦生は、湖が干上がって干潟となり芦が生えていた様を表しているとされる。安心院盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山八幡神社 (伊佐市)

    郡山八幡神社 (伊佐市)から見た宇佐八幡宮宇佐神宮

    建久5年(1194年)に菱刈氏の氏祖である菱刈重妙が神託により宇佐八幡宮より勧請した神社と伝えられる。郡山八幡神社 (伊佐市) フレッシュアイペディアより)

  • 龍岩寺 (宇佐市)

    龍岩寺 (宇佐市)から見た宇佐神宮宇佐神宮

    天平18年(746年)に、宇佐神宮を参詣した行基が龍女に導かれ、一夜にして阿弥陀如来、薬師如来、不動明王の三尊を刻み、開山となって諸堂を建立したといわれる。行基が全国に建立した49の院のひとつで、院内(いんない)の地名の起源であるという説もある。龍岩寺 (宇佐市) フレッシュアイペディアより)

  • 田村圓澄

    田村圓澄から見た宇佐八幡宇佐神宮

    宇佐八幡と古代神鏡の謎 木村晴彦、桃坂豊共著 戎光祥出版 2004田村圓澄 フレッシュアイペディアより)

250件中 81 - 90件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード