118件中 51 - 60件表示
  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た神武東征

    祭神の2柱は、かつて東征中の神武天皇をこの地でもてなしたとされる。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た朝鮮鐘

    銅鐘(朝鮮鐘) - 天復四年云々の左文銘あり宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た掌典職

    明治以降に復活し、大正時代から皇室から侍従職あるいは掌典職などの勅使が10年おきに派遣される勅使祭となって現在も続いている。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た国宝

    当宮の建築様式は八幡造と呼ばれ、本殿は国宝に指定されている。また、宝物館には国宝・孔雀文磬(くじゃくもんけい)ほか多数の文化財を収めている。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た八幡造

    当宮の建築様式は八幡造と呼ばれ、本殿は国宝に指定されている。また、宝物館には国宝・孔雀文磬(くじゃくもんけい)ほか多数の文化財を収めている。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た別表神社

    宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た屋島の戦い

    源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。屋島の戦いから敗走する総大将・平宗盛ら平家一門は宇佐神宮を頼って束の間安徳天皇と共に公通の舘に滞在していたが、豊後の緒方惟義が源氏方について叛逆したこともあり庇護しきれなかった(このとき悲嘆した平清経が自殺したという場所に、小松塚と呼ばれる石碑と五輪塔がある)。またこのとき緒方氏によって神宮が焼討ちにあったという。この焼討ちの時、神体(金の延べ棒との説もある)が強奪された。この後発見されるが、朝廷の裁定により石清水八幡宮が管理することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た大内氏

    戦国時代には豊後の守護戦国大名大友氏と、豊前国に手を伸ばしていた中国地方の覇者大内氏(のちには毛利氏)との間で板挟みになり、大内氏の庇護下に入り大友氏と対立した。特に大内盛見や大内義隆の代には手厚く保護され、消失した社殿の造営や復興が行われた。また、宇佐神宮には大内氏から贈られた神宝もいくつか残されている。しかし、大寧寺の変により大内義隆が滅びると後ろ盾を失い、大友宗麟の手で再び焼き討ちされ、このときは大宮司らが現在の北九州市到津付近まで逃げ延びることとなった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た文化財

    当宮の建築様式は八幡造と呼ばれ、本殿は国宝に指定されている。また、宝物館には国宝・孔雀文磬(くじゃくもんけい)ほか多数の文化財を収めている。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た宇佐別府道路

    宇佐別府道路 宇佐ICから、国道10号経由で約15分宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード