129件中 61 - 70件表示
  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た呉橋

    File:Usa Shrine Kurehashi 01.JPG| 西参道途中、屋根のついた神橋。鎌倉時代以前からあるとされ、呉の国の人が掛けたという伝承がある。県指定文化財。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た天水分神

    水分神社 (みくまり-) - 祭神:高龗神、天水分神、国水分神、天汲匏持神、国汲匏持神。境内の菱形池の小島に鎮座宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た夕刊フジ

    2006年(平成18年)、中津市薦神社宮司(始祖は宇佐春海権大宮司)が79代宇佐神宮宮司に就任した。ZAKZAKによると、神職になって間もない世襲家の女性(78代宮司の長女)の代役だったという。79代宮司が2008年(平成20年)8月に病死すると、宇佐神宮の責任役員会は、権宮司となっていた世襲家の女性を後任の宮司として神社本庁に推薦したが、神社本庁側は女性が経験不足であるとして承認せず、宮司職は空席になった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た平氏

    源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。屋島の戦いから敗走する総大将・平宗盛ら平家一門は宇佐神宮を頼って束の間安徳天皇と共に公通の舘に滞在していたが、豊後の緒方惟義が源氏方について叛逆したこともあり庇護しきれなかった(このとき悲嘆した平清経が自殺したという場所に、小松塚と呼ばれる石碑と五輪塔がある)。またこのとき緒方氏によって神宮が焼討ちにあったという。この焼討ちの時、神体(金の延べ棒との説もある)が強奪された。この後発見されるが、朝廷の裁定により石清水八幡宮が管理することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た一宮

    宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た佐賀藩

    江戸時代には、宇佐一帯は中津藩・佐賀藩飛び地・天領などが複雑に入り組む土地となった。その中に、幕府から寄進された宇佐神宮の神領も存続することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た宇佐郡

    平安時代中期の『延喜式神名帳』には、3神が「豊前国宇佐郡 八幡大菩薩宇佐宮」、「豊前国宇佐郡 比売神社」、「豊前国宇佐郡 大帯姫廟神社」として記載され、いずれも名神大社に列している。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た大名

    豊臣秀吉の九州平定後、豊前には毛利氏、ついで黒田氏と相次いで有力大名が進駐した。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た源氏

    源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。屋島の戦いから敗走する総大将・平宗盛ら平家一門は宇佐神宮を頼って束の間安徳天皇と共に公通の舘に滞在していたが、豊後の緒方惟義が源氏方について叛逆したこともあり庇護しきれなかった(このとき悲嘆した平清経が自殺したという場所に、小松塚と呼ばれる石碑と五輪塔がある)。またこのとき緒方氏によって神宮が焼討ちにあったという。この焼討ちの時、神体(金の延べ棒との説もある)が強奪された。この後発見されるが、朝廷の裁定により石清水八幡宮が管理することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た建武の親政

    平安時代まで、天皇の代替わりなど重要時には宇佐使(うさづかい)という勅使が朝廷から派遣されていた。宇佐八幡宮神託事件にちなみ、宇佐使は和気清麻呂の子孫である和気氏が務めるのが通例であった(ただし菅原道真が左遷された際などには藤原氏から人選されている)。なお宇佐使は建武期に復活したが、再び停止された。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 61 - 70件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード