118件中 71 - 80件表示
  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た天領

    江戸時代には、宇佐一帯は中津藩・佐賀藩飛び地・天領などが複雑に入り組む土地となった。その中に、幕府から寄進された宇佐神宮の神領も存続することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た平氏

    源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。屋島の戦いから敗走する総大将・平宗盛ら平家一門は宇佐神宮を頼って束の間安徳天皇と共に公通の舘に滞在していたが、豊後の緒方惟義が源氏方について叛逆したこともあり庇護しきれなかった(このとき悲嘆した平清経が自殺したという場所に、小松塚と呼ばれる石碑と五輪塔がある)。またこのとき緒方氏によって神宮が焼討ちにあったという。この焼討ちの時、神体(金の延べ棒との説もある)が強奪された。この後発見されるが、朝廷の裁定により石清水八幡宮が管理することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た一宮

    宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見たオオヤマツミ

    亀山神社 - 祭神:大山積尊。亀山中腹に鎮座。祭神は亀山(上宮が鎮座する山の名前)の神宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た大友氏

    戦国時代には豊後の守護戦国大名大友氏と、豊前国に手を伸ばしていた中国地方の覇者大内氏(のちには毛利氏)との間で板挟みになり、大内氏の庇護下に入り大友氏と対立した。特に大内盛見や大内義隆の代には手厚く保護され、消失した社殿の造営や復興が行われた。また、宇佐神宮には大内氏から贈られた神宝もいくつか残されている。しかし、大寧寺の変により大内義隆が滅びると後ろ盾を失い、大友宗麟の手で再び焼き討ちされ、このときは大宮司らが現在の北九州市到津付近まで逃げ延びることとなった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た佐賀藩

    江戸時代には、宇佐一帯は中津藩・佐賀藩飛び地・天領などが複雑に入り組む土地となった。その中に、幕府から寄進された宇佐神宮の神領も存続することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た神社

    宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た豊後国

    また、平安時代には宇佐神宮は神宮寺の弥勒寺とともに九州最大の荘園領主であった。また当時の他の社寺同様神人(じにん)による武装もしており、このため近郊の(特に豊後国の)有力武士としばしば敵対している。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た宇佐郡

    平安時代中期の『延喜式神名帳』には、3神が「豊前国宇佐郡 八幡大菩薩宇佐宮」、「豊前国宇佐郡 比売神社」、「豊前国宇佐郡 大帯姫廟神社」として記載され、いずれも名神大社に列している。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見たイチキシマヒメ

    二之御殿:比売大神 (ひめのおおかみ) - 宗像三女神(多岐津姫命・市杵島姫命・多紀理姫命)とする宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード