118件中 81 - 90件表示
  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た大名

    豊臣秀吉の九州平定後、豊前には毛利氏、ついで黒田氏と相次いで有力大名が進駐した。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た中津藩

    江戸時代には、宇佐一帯は中津藩・佐賀藩飛び地・天領などが複雑に入り組む土地となった。その中に、幕府から寄進された宇佐神宮の神領も存続することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た築上町

    ほか、上記の鍛冶翁が「吾は韓国の域にはじめて八流の幡を天降ろして、日本の神となれり」と告げたとする説や、豊前国は渡来人の秦氏の勢力圏であり、秦氏の氏神が弥秦(いやはた)であったことから、平安時代から八幡(やはた)と呼ばれるようになったとする説がある。また、宇佐神宮の元宮は、福岡県築上郡築上町にある矢幡八幡宮(現 金富神社)であるとする説がある。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た源氏

    源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。屋島の戦いから敗走する総大将・平宗盛ら平家一門は宇佐神宮を頼って束の間安徳天皇と共に公通の舘に滞在していたが、豊後の緒方惟義が源氏方について叛逆したこともあり庇護しきれなかった(このとき悲嘆した平清経が自殺したという場所に、小松塚と呼ばれる石碑と五輪塔がある)。またこのとき緒方氏によって神宮が焼討ちにあったという。この焼討ちの時、神体(金の延べ棒との説もある)が強奪された。この後発見されるが、朝廷の裁定により石清水八幡宮が管理することになった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た八幡大神

    一之御殿:八幡大神 (はちまんおおかみ) - 誉田別尊(応神天皇)とする宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た日本文徳天皇実録

    天安元年(857年)10月29日、一品 (『日本文徳天皇実録』)宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た建武の親政

    平安時代まで、天皇の代替わりなど重要時には宇佐使(うさづかい)という勅使が朝廷から派遣されていた。宇佐八幡宮神託事件にちなみ、宇佐使は和気清麻呂の子孫である和気氏が務めるのが通例であった(ただし菅原道真が左遷された際などには藤原氏から人選されている)。なお宇佐使は建武期に復活したが、再び停止された。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た社務所

    なお、古くは弥勒寺という神宮寺(正確には石清水八幡宮に属する)があったが、廃仏毀釈により取り壊され、礎石のみが残っている。かつて同寺があった場所の北側には、社務所に相当する神宮庁と神宝を収める宝物館が存在する。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た御子神

    祭神:菟道稚郎子命(応神天皇の御子神宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た黒田氏

    豊臣秀吉の九州平定後、豊前には毛利氏、ついで黒田氏と相次いで有力大名が進駐した。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード