129件中 81 - 90件表示
  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た国道10号

    宇佐別府道路 宇佐ICから、国道10号経由で約15分宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た薦神社

    薦神社 (大貞八幡宮、大分県中津市) - 当社の祖宮といわれる宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た神社庁

    2015年(平成27年)12月、宇佐神宮の氏子総代と大分県神社庁宇佐支部の役員が、穴井宮司には職務遂行能力が欠如しているとして、解任を求める嘆願書を神社本庁へ提出した。翌2016年(平成28年)、穴井宮司は神社本庁統理の北白川道久宛に2月2日付で退職願を提出し、同月19日に受理された。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た大寧寺の変

    戦国時代には豊後の守護戦国大名大友氏と、豊前国に手を伸ばしていた中国地方の覇者大内氏(のちには毛利氏)との間で板挟みになり、大内氏の庇護下に入り大友氏と対立した。特に大内盛見や大内義隆の代には手厚く保護され、消失した社殿の造営や復興が行われた。また、宇佐神宮には大内氏から贈られた神宝もいくつか残されている。しかし、大寧寺の変により大内義隆が滅びると後ろ盾を失い、大友宗麟の手で再び焼き討ちされ、このときは大宮司宮成公建らは北九州市の到津八幡まで逃げ延びることとなった。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た元寇

    鎌倉時代の元寇でも当時の他の社寺同様に加持祈祷を行っている。この際に活躍した宇佐公世(公通の玄孫)は、社領回復に成功して中興の祖と仰がれた。その子・宇佐(到津)公連は鎌倉幕府倒幕においても活躍して、後に懐良親王擁立に参加している。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た延喜式神名帳

    平安時代中期の『延喜式神名帳』には、3神が「豊前国宇佐郡 八幡大菩薩宇佐宮」、「豊前国宇佐郡 比売神社」、「豊前国宇佐郡 大帯姫廟神社」として記載され、いずれも名神大社に列している。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た檜皮葺

    入母屋造檜皮葺。神宮内郭の南正門で、通常は開かない。県指定文化財。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た掌典職

    明治以降に復活し、大正時代から皇室から侍従職あるいは掌典職などの勅使が10年おきに派遣される勅使祭となって現在も続いている。宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た征西大将軍

    白鞘入剣(しらさやいり けん) - 長さ93.5cm、両鎬造り。正平13年(1358年)懐良親王が征西大将軍として活躍している際に、武運長久を祈願して奉納した剣宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐神宮

    宇佐神宮から見た別表神社

    宇佐神宮(うさじんぐう)は、大分県宇佐市にある神社。式内社(名神大社3社)、豊前国一宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社宇佐神宮 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「宇佐神宮」のニューストピックワード