541件中 11 - 20件表示
  • リア・ディゾン

    リア・ディゾンから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    歌手デビュー以降、ギャラが発生しないプライベートな場面では自分の持ち歌は歌うべきではない、というプロとしてのポリシーを守っている。カラオケに行った際にも他者の曲(宇多田ヒカル等)を歌う。リア・ディゾン フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ミリヤ

    加藤ミリヤから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    2001年、中学生になると書き溜めた詞を携えて上京、ソニーミュージック・オーディションを受ける。宇多田ヒカルの「Automatic」を歌い、13歳で合格。14歳から曲作りを始め、ライバルたちより一歩先を行くために貪るように音楽を聞くようになる。中学時代の3年間、週末になると名古屋から上京して歌のレッスンを受ける日々を送る。加藤ミリヤ フレッシュアイペディアより)

  • ON THE WAY HOME

    ON THE WAY HOMEから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    作詞・作曲:宇多田ヒカル、編曲:河野伸ON THE WAY HOME フレッシュアイペディアより)

  • Lonely One

    Lonely Oneから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    「Lonely One」(ロンリー・ワン)は、日本の音楽家小袋成彬と宇多田ヒカルの楽曲。デビューアルバム「分離派の夏」からの先行シングルとして、エピックレコードジャパンより2018年1月17日にサブスクリプションサービス限定でリリースされ、同年4月4日より配信ダウンロードが解禁された。Lonely One フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    11月11日 - 同日発表の11月17日付オリコン週間アルバムチャートで、加藤ミリヤのベストアルバム『BEST DESTINY』が初の1位となった。女性ソロシンガーソングライターによるベストアルバムのチャートインで、20歳4か月でのオリコンアルバムチャート首位獲得は、2003年に宇多田ヒカルが『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(当時21歳2か月)で記録した最年少記録を更新した。2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の音楽

    2001年の音楽から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    2位: 宇多田ヒカル/158.3億円2001年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • TAKURO

    TAKUROから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    GLAYのほとんどの楽曲の作詞・作曲をしている。GLAY内での名義はTAKUROだが、宇多田ヒカルのシングル「For You/タイム・リミット」収録の「タイム・リミット」では、本名のKubo Takuro名義を、HISASHIとの共作の場合はKombinat-12名義を用いている。ただ、本人は自分はプロデューサーは向いていないと語っている。TAKURO フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の音楽

    2000年の音楽から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    前年にブレイクを果たした宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、椎名林檎、aiko、さらに倉木麻衣らを加えた女性ソロシンガーの全盛期。2000年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーションウルトラFES

    ミュージックステーションウルトラFESから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    過去の放送回の映像から、ZARDの「負けないで」と宇多田ヒカルの「First Love」の歌唱映像を、アメリカ・ハリウッドの映像制作会社、社の協力を得てデジタルリマスタリングを施した高画質版(HDリマスター版)で放送した。ミュージックステーションウルトラFES フレッシュアイペディアより)

  • COLORS (宇多田ヒカルの曲)

    COLORS (宇多田ヒカルの曲)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    「COLORS」(カラーズ)は、2003年1月29日にリリースされた、宇多田ヒカルの12thシングル。COLORS (宇多田ヒカルの曲) フレッシュアイペディアより)

541件中 11 - 20件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード