428件中 11 - 20件表示
  • CASSHERN

    CASSHERNから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    映像作家・紀里谷和明の監督デビュー作で、主題歌は妻(当時)の宇多田ヒカルが担当して話題になった。また、豪華なキャスト陣も注目された。「キャシャーン」の名を使ってはいるものの、一部の固有名詞・デザインを除き、内容自体はアニメ版とはかなり違った、別解釈の作品となっている。凝ったCGの映像は、暗く猥雑な未来のアジアを表している。ストーリーもアニメ版と異なり、暗いヒーロー像が描かれるなど、厭世的な要素が多い。監督曰く「見た後に、その人が何かを考える作品」だという。一方でOPのナレーションは、アニメ版でナレーションを務めた納谷悟朗が起用された。ドリームワークスによる全米公開が決定されたが、2007年10月16日、DVDプレミアとして上映された。この時、作品がハリウッドの関係者の目に止まり、紀里谷はハリウッドのエージェンシーと契約を果たした。また、アジア、ヨーロッパ各国でも公開、さらにVHS、DVDが発売されている。CASSHERN フレッシュアイペディアより)

  • リア・ディゾン

    リア・ディゾンから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    歌手デビュー以降、ギャラが発生しないプライベートな場面では自分の持ち歌は歌うべきではない、というプロとしてのポリシーを守っている。カラオケに行った際にも他者の曲(宇多田ヒカル等)を歌う。リア・ディゾン フレッシュアイペディアより)

  • 桜流し

    桜流しから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    「桜流し」(さくらながし)は、2012年11月17日よりデジタル配信されている宇多田ヒカルの楽曲。また、12月26日にはDVDシングルが発売された。桜流し フレッシュアイペディアより)

  • 青春!!タコ少女

    青春!!タコ少女から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    。くまいに対して「濡れた?濡れた?濡れた?濡れた濡れた濡れた?ハッハッハー、挿入ちゃうぞ♪」と過激なシモネタセクハラを連発したり、当時人気絶頂であった宇多田ヒカルを知らないくまいに対して、「宇多田ヒカルっていう、高慢ちきな姉ちゃんがいるんですけど」とネタにし、リスナーの爆笑を誘った。青春!!タコ少女 フレッシュアイペディアより)

  • 宇多丸

    宇多丸から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    芸名は桂歌丸及び宇多田ヒカルに由来する。理屈っぽい性格が『笑点』でいえば歌丸だという考えと、当時からスキンヘッドにしていたことに由来する。宇多という字は、当時宇多田ヒカルが流行っていたことから、そのまま借用した。「歌丸」という表記から現在の表記に変えたのは、本家と勘違いされるためであり、現在でも勘違いされることがある。宇多丸 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の讃歌

    愛の讃歌から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    日本では岩谷時子の訳詞により越路吹雪が歌ったものが有名である。越路版の『愛の讃歌』が収録されているCD等の売上はトータルで200万枚以上に達する。岩谷の詞は原詞にある『愛のためなら宝物を盗んだり自分の国や友達を見捨てたりする。』という背徳的な内容とは異なったものである。この岩谷訳は、近年では本田美奈子.がアルバムで取り上げた他、桑田佳祐もテレビCMの中でアカペラで歌唱していた。一方、岩谷訳より知名度は低いものの、永田文夫による日本語歌詞は比較的原詞の意味に忠実な内容となっており、岸洋子や美川憲一が歌っている(『第56回NHK紅白歌合戦』で歌唱)。美輪明宏は自ら訳した日本語詞を台詞として吟じたあと、フランス語の原詞で歌うというスタイルを取っている。又、更に知名度が低いが、それ以外にも淡谷のり子が歌う井田誠一の訳詞の曲や、加藤登紀子、宇多田ヒカルは自分で訳詞したものを歌っている。どちらも原曲に近い詩である。愛の讃歌 フレッシュアイペディアより)

  • Listen To The Music 2

    Listen To The Music 2から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    作詞・作曲: 宇多田ヒカル、編曲: 槇原敬之Listen To The Music 2 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の音楽

    2008年の音楽から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    11月11日 - 同日発表の11月17日付オリコン週間アルバムチャートで、加藤ミリヤのベストアルバム『BEST DESTINY』が初の1位となった。女性ソロシンガーソングライターによるベストアルバムのチャートインで、20歳4か月でのオリコンアルバムチャート首位獲得は、2003年に宇多田ヒカルが『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(当時21歳2か月)で記録した最年少記録を更新した。2008年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 唄ひ手冥利〜其ノ壱〜

    唄ひ手冥利〜其ノ壱〜から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    こちらはキーボーディストの森俊之が担当した、鍵盤楽器全般・プログラミング中心のアレンジで構成されていて、こちらのセレクト曲は全て洋楽である。ゲストには宇多田ヒカルとシングル『この世の限り』でも共演した実兄椎名純平が参加している。余談だがこちらのブックレットには録音担当のエンジニア井上うにの写真が掲載されている。唄ひ手冥利〜其ノ壱〜 フレッシュアイペディアより)

  • STAR (U3のアルバム)

    STAR (U3のアルバム)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    『STAR』(スター)は、1993年9月17日にリリースされた、宇多田ヒカルが両親とともに活動していたグループ・U3のアルバム。STAR (U3のアルバム) フレッシュアイペディアより)

428件中 11 - 20件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード