541件中 31 - 40件表示
  • ジャム&ルイス

    ジャム&ルイスから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    組んだアーティストは、ジャネット・ジャクソン、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリー、チャカ・カーン、ビヨンセ、宇多田ヒカル、プリンス、MIYAVI 他ジャム&ルイス フレッシュアイペディアより)

  • TLC (バンド)

    TLC (バンド)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    「それまでないがしろにしていた、ファンへのお詫び」という意味を込めてタイトルを付けた3rdアルバム「ファンメール(FanMail)」を1999年リリース。1stシングル「ノー・スクラブズ(No Scrubs)」、2ndシングル「アンプリティ(Unpretty)」も全米一位となる。「ファンメール」は全世界で1,000万枚以上のセールスとなり、日本でも100万枚というセールスを記録、再びグラミー賞を獲得する。同年夏には「爽健美茶ナチュラル・ブリーズ・コンサート」でモニカとともに来日、宇多田ヒカルも含めた三アーティストの合同ライブを、また全米をまわるファンメール・ツアーも実施した。しかし、自分の書いた曲がアルバムに採用されないことに不満を抱いていたレフト・アイは、「ソロ・アルバムをリリースし誰が一番売れるかビルボードに判断してもらおう」といったメンバーの不仲説を煽る発言をした。TLC (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 森俊之

    森俊之から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    キーボード・プレイヤーとしてはもちろん、平松愛理、角松敏生、椎名林檎、宇多田ヒカル、スガシカオ、山崎まさよし、THE YELLOW MONKEY、元ちとせ、ラブハンドルズ、Mr.Childrenなど、数多くのアーティストのサポートやプロデュースもこなす傍ら、自身のバンドでも精力的に活動する。スガシカオのサポートバンド「SHIKAO and THE FAMILYSUGAR」のメンバーでもある。森俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    『日刊スポーツ』(10月時点) - 「宇多田ヒカルの紅組司会が有力」第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • とと姉ちゃん

    とと姉ちゃんから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    主題歌は宇多田ヒカルが担当。宇多田にとっては、NHKドラマへの初めての書き下ろし楽曲の提供となる。とと姉ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の音楽

    2016年の音楽から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    4日 - 宇多田ヒカルが音楽活動を再開。2016年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • JASMINE (歌手)

    JASMINE (歌手)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    メディア出演やタイアップなしでのヒットや10代から作詞?作曲をこなすという共通点から宇多田ヒカルと比較され、「ポスト宇多田」と評されたこともある。JASMINE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • キングダム ハーツ

    キングダム ハーツから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    ウォルト・ディズニー社とスクウェア(現スクウェア・エニックス)の提携により、ディズニーキャラクターの世界を題材とした世界観で制作された。ディズニーキャラクターと、ゲスト出演したファイナルファンタジーシリーズのキャラクターとのコラボレーションも話題を集めた。また、そのファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザイン(『VII』『VIII』『X』など)の野村哲也が初めてディレクターを務めたこと、宇多田ヒカルが『光』で主題歌を担当したことでも有名。英語音声版『キングダム ハーツ ファイナル ミックス』では、新たにリズムや音を付け加えアレンジした曲『Simple And Clean』になっている。キングダム ハーツ フレッシュアイペディアより)

  • 野猿

    野猿から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    同番組の主に女性スタッフから「野猿の活動に感けてスタッフの本業を怠けている」というクレームが入る。その抗議の声を上げた女性スタッフをとんねるずが女猿と命名した。「ほんとのうたばん」コーナーでモーニング娘。のパロディ(スタッフの漢字書き間違いから「モーニング嫌。」と呼ばれていた)で飯田圭織に扮した石橋と共に『抱いてHOLD ON ME!』をやる気無く踊った。また宇多田ヒカルの『Automatic』を元・野猿メンバーである太田にパロディさせた。野猿 フレッシュアイペディアより)

  • delicious way

    delicious wayから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    オリコン・週間アルバムチャートでは初動221万枚の記録を樹立し、累計売上400万枚を突破する大ヒットとなった。この記録は2000年当時において、宇多田ヒカルの『First Love』の202万枚を抜き、ファーストアルバムの初動売上最高記録であり、2017年現在でもその記録は破られていない。その後2週連続1位を獲得し、9週間TOP10入りを果たした。同年のオリコン年間アルバムチャートにおいても1位を記録。自身最高のセールスとなっている。また宇多田ヒカル以来となる、デビューシングル、デビューアルバム両方のミリオンセラーとなった。delicious way フレッシュアイペディアより)

541件中 31 - 40件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード