541件中 51 - 60件表示
  • 高田文夫

    高田文夫から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    2006年にワザオギからCDが発売された際、新宿・紀伊国屋書店2階のミュージックテイトでは「発売直後の週間売り上げ枚数が宇多田ヒカル」を抜いた」と発表された(宇多田ヒカルがちょうど新盤の発表前であったことや、この店が落語・お笑い関係のCDやカセットテープに力を入れているためともいわれる)。高田文夫 フレッシュアイペディアより)

  • CASSHERN

    CASSHERNから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    映像作家・紀里谷和明の商業映画監督デビュー作品。主題歌を妻(当時)の宇多田ヒカルが担当して話題になった。また、豪華なキャスト陣も注目された。CASSHERN フレッシュアイペディアより)

  • MIYAVI

    MIYAVIから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    (ジャネット・ジャクソン、マイケル・ジャクソン、ビヨンセ、宇多田ヒカル 、プリンス 等の世界的プロデューサー)がプロデュースしたシングル「Real?」と2月 - 6月に行ったワールドツアードキュメント&ライブDVD『MIYAVI, the Guitar Artist-SLAP THE WORLD TOUR 2014』を同時リリース。MIYAVI フレッシュアイペディアより)

  • SAKURAドロップス/Letters

    SAKURAドロップス/Lettersから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    「SAKURAドロップス/Letters」(サクラドロップス/レターズ)は、2002年5月9日にリリースされた、宇多田ヒカルの11thシングル。SAKURAドロップス/Letters フレッシュアイペディアより)

  • 山田健人 (映像作家)

    山田健人 (映像作家)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    2016年、「自分自身のキャリアにとっても大きな作品」と語るロックバンドSuchmosのヒット曲「STAY TUNE」のミュージックビデオを手掛ける。2017年、宇多田ヒカルから指名を受けて、彼女の復帰作「Fantome」の収録曲「忘却 featuring KOHH」のミュージックビデオを手掛けた。山田健人 (映像作家) フレッシュアイペディアより)

  • ペプシコーラ

    ペプシコーラから見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    2010年3月2日から始まったこのシリーズでは、アーティスト達がそれぞれ思い入れのある洋楽ナンバーをカバーしている。ただし、宇多田ヒカルのみ、12月には「LOVE! XMAS」として宇多田の新曲が採用された。ペプシコーラ フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本

    1999年の日本から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    浜崎あゆみ、鈴木あみ、宇多田ヒカルの三人を「三大歌姫」と言うことがあった(その後、鈴木あみが芸能界活動を休止したため現在では使われていない)。1999年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 宇多丸

    宇多丸から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    芸名は桂歌丸及び宇多田ヒカルに由来する。理屈っぽい性格が『笑点』でいえば歌丸だという考えと、当時からスキンヘッドにしていたことに由来する。宇多という字は、当時宇多田ヒカルが流行っていたことから、そのまま借用した。「歌丸」という表記から現在の表記に変えたのは、本家と勘違いされるためであり、現在でも勘違いされることがある。宇多丸 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のテレビ (日本)

    2016年のテレビ (日本)から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    『NEWS ZERO』の新テーマ曲として、宇多田ヒカル(シンガーソングライター)の新曲「真夏の通り雨」を同日放送より採用。2016年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 唄ひ手冥利〜其ノ壱〜

    唄ひ手冥利〜其ノ壱〜から見た宇多田ヒカル宇多田ヒカル

    こちらはキーボーディストの森俊之が担当した、鍵盤楽器全般・プログラミング中心のアレンジで構成されている。当初はこちらのディスクにも日本語の曲がセレクトされていたが、最終的には全て洋楽になった。ゲストボーカルは宇多田ヒカルと椎名純平。唄ひ手冥利〜其ノ壱〜 フレッシュアイペディアより)

541件中 51 - 60件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード