275件中 21 - 30件表示
  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たCHAGE and ASKA

    2001年6月8日に起きた、附属池田小事件の被害者の1人が宇多田ヒカルのファンであったことを知り本来オリジナルのままシングルカットする予定だった曲「DISTANCE」を作り直しその被害者に捧げる曲として8th single「FINAL DISTANCE」としてリリース。2001年7月、Tezuka Osamu @ Cinema企画のインターネットアニメ「ブラック・ジャック」でピノコ役の声優に起用される。声優の仕事は本人初の試み。2001年8月、MTV UNPLUGGEDに出演。アメリカでUNPLUGGEDを制作していたスタッフが来日して撮影が行われた。彼女はMTV JAPANの初オンエアー時に出演を果たした歌手、MTVへの日本人初出演者は彼女ではない。(アジア出身者の初はCHAGE and ASKA) 2001年、TIME誌アメリカ版(秋特別号)にU2のボノ、ビョークなど6人と共に表紙を飾る。同年12月17日号でTIME誌アジア版の表紙を飾る。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た美空ひばり

    フレディ・マーキュリーを尊敬している。自身のサイトにおいて、好きなアーティストにナイン・インチ・ネイルズ、モーツァルト、ジミ・ヘンドリックス、バルトーク・ベーラ、レニー・クラヴィッツ、プリンス、エディット・ピアフ、コクトー・ツインズ、チック・コリア、ザ・ブルー・ナイル、ビョーク、TM NETWORK、尾崎豊、美空ひばりを挙げている。ツイッターではアット・ザ・ドライヴイン、マーズ・ヴォルタ、メタリカが好きだと発言。歌唱の面では元グルーヴ・セオリーのアメール・ラリューに強く影響を受けており、(自分の中で)師匠であると発言した。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た加藤ミリヤ

    オリコンの「10代のシンガーソングライターによる1stアルバムから3作連続で初登場トップ5入り」の記録を持つ2人のうちの1人である(もう1人は加藤ミリヤ)。シンガーソングライターのベスト盤のミリオン獲得の最年少記録(21歳3か月)を持っている。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たスチャダラパー

    ハガキの応募制による完全招待制にて行われた、ファーストライブ。東京公演には、スチャダラパーが、ゲスト出演。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    2000年6月、『HEY!HEY!HEY!』にて司会のダウンタウンと共に「倉木麻衣という宇多田のパクリが出てきている」という話題で盛り上がりこの一連のやり取りは物議を醸した。後にメッセージ上でアーティストとして似ているのではなく事務所やレコード会社の仕事の仕方や境遇が似ているという趣旨を述べたつもりが誤解を与えたと釈明し「浜田さんのあの言い方もひどかったし私も笑いをとろうとするべきじゃなかったね」と謝罪した。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た遠藤周作

    作品を創作する上で一番の影響が伺えるのが、小説をはじめとした古今東西の文学である。元々、幼い頃からの読書家であったらしく、ブログでもたびたび小説や随筆の紹介をしている。公式プロフィールでは、多くの小説家や作家の名が好きなものとして公表されている。アルバム『DEEP RIVER』は、遠藤周作の『深い河』からインスパイアされたとしており、楽曲「テイク5」に関しては「宮沢賢治を意識して創った」とも述べている。また、英語圏アルバム『EXODUS』収録の「Kremlin Dusk」には、エドガー・アラン・ポーの詩『大鴉』が歌詞に登場している。中上健次の文学を愛好しており、『an・an』誌上で娘の中上紀と対談したことがある。「traveling」の平家物語からの引用、「Be My Last」での三島由紀夫原作映画『春の雪』主題歌提供、聖書の出エジプト記が色濃く表れた「Exodus '04」など、例を挙げればきりがないが、彼女の楽曲と文学は、切り離せないものになっている。夢は、部屋の全ての壁を本棚にすることだという。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たLOUDNESS

    2009年5月21日、アメリカで12日にCDリリースされた『This Is The One』が、5月30日付Billboard 200で69位にチャートイン。日本人アーティストがビルボードのトップ100に登場するのは、1986年にロックバンドのLOUDNESSが記録して以来、23年ぶりの記録となった。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た浜崎あゆみ浜崎 あゆみ

    2001年3月、2nd album『Distance』を発売。発売日が浜崎あゆみのベストアルバム『A BEST』と重なり「歌姫対決」と話題を集めた。結果『Distance』の発売1週間の売り上げ枚数はオリコンで300.3万枚(邦楽album初動売上1位)、プラネットで262.9万枚、サウンドスキャンで244.3万枚を記録し、日本の3大チャートの全てで宇多田が浜崎を上回った。最終的に双方とも売り上げ400万枚を超えるヒットとなった。売り上げ約450万枚(オリコン)。オリコン年間アルバムチャート1位獲得。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た松本人志

    ゲーマー・アニメ好きで知られており、タイアップをよく行っている。気に入った作品には、PVを観たその場で快諾することもある。特に、テトリスに関しては驚異的な腕前を持つ、筋金入りのテトリスマニア。本人曰く「5歳の頃から毎日プレイしている」ためか、以前『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』でダウンタウンの松本人志と対戦した際には、松本から「いや〜、まさかあそこで○が落ちてくるとはね…。」と言わしめるほどに完勝し、ニンテンドーDS版では、いわゆるカンストを達成している。2006年8月、任天堂が主催したイベント「宇多田ヒカルとテトリス対決!!」に参加。抽選で選ばれた一般者とテトリス対決を行い、26勝4敗という好成績を残した。さらに、テトリス開発者2名とも対決を行い、1勝1敗と善戦した。また、「テトリスはスポーツ」と発言している。テトリスのような幾何学的ゲームに惹かれるのは、RPGなどの対話型ゲームが嫌いだからだそう。理由は、「人と喋りたくないからゲームをしているのに、なんでゲームの中で人と喋らなければならないのか不思議」と思うからだという。そのため、タイアップした「キングダム ハーツ」シリーズもプレイしていないと、秘密を明かした。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たエディット・ピアフ

    フレディ・マーキュリーを尊敬している。自身のサイトにおいて、好きなアーティストにナイン・インチ・ネイルズ、モーツァルト、ジミ・ヘンドリックス、バルトーク・ベーラ、レニー・クラヴィッツ、プリンス、エディット・ピアフ、コクトー・ツインズ、チック・コリア、ザ・ブルー・ナイル、ビョーク、TM NETWORK、尾崎豊、美空ひばりを挙げている。ツイッターではアット・ザ・ドライヴイン、マーズ・ヴォルタ、メタリカが好きだと発言。歌唱の面では元グルーヴ・セオリーのアメール・ラリューに強く影響を受けており、(自分の中で)師匠であると発言した。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

275件中 21 - 30件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード