194件中 51 - 60件表示
  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た日本クラウン

    1990年に藤圭子、宇多田照實(Sking U)、宇多田ヒカルの家族3人ユニット「U3」を結成。1993年9月17日にはポニーキャニオンからU3としてスタジオ・アルバム『STAR』を発売して日本デビューしている。1995年になると宇多田ヒカルが父親の代わりにボーカルとなり、「cubic U」名義としてインディーズのレコードレーベルから作品をヨーロッパやアメリカ合衆国で発売し、翌年にかけて合計3枚のレコードと1枚のマキシシングルを発表。日本では1996年9月26日には日本クラウンから藤圭子 with cubic Uとしてシングル「冷たい月 〜泣かないで〜」を発売している。1997年1月、アメリカで「Cubic U」としてシングル「Close To You」(「遙かなる影」のカバー)、次いでアルバム『Precious』を発売。同年秋、東京のスタジオでレコーディングしていたところ、隣のスタジオにいたディレクターの三宅彰の目に留まり、「日本語でやってみない?」という誘いにより日本デビューが決まった。なお、Cubic Uの日本盤として1998年1月16日にシングル、1月28日にアルバムを発売しているほか、NHK-BS2の『新・真夜中の王国』でテレビ初出演している。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たNHK総合テレビジョン

    NHK総合『宇多田ヒカル 〜true secret story〜』(2001年3月24日)宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たエフエム・ノースウェーブ

    FM NORTH WAVE/CROSS FM『WARNING HIKKI ATTACK!!』(1998年10月8日 - 1999年3月)宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たポニーキャニオン

    1990年に藤圭子、宇多田照實(Sking U)、宇多田ヒカルの家族3人ユニット「U3」を結成。1993年9月17日にはポニーキャニオンからU3としてスタジオ・アルバム『STAR』を発売して日本デビューしている。1995年になると宇多田ヒカルが父親の代わりにボーカルとなり、「cubic U」名義としてインディーズのレコードレーベルから作品をヨーロッパやアメリカ合衆国で発売し、翌年にかけて合計3枚のレコードと1枚のマキシシングルを発表。日本では1996年9月26日には日本クラウンから藤圭子 with cubic Uとしてシングル「冷たい月 〜泣かないで〜」を発売している。1997年1月、アメリカで「Cubic U」としてシングル「Close To You」(「遙かなる影」のカバー)、次いでアルバム『Precious』を発売。同年秋、東京のスタジオでレコーディングしていたところ、隣のスタジオにいたディレクターの三宅彰の目に留まり、「日本語でやってみない?」という誘いにより日本デビューが決まった。なお、Cubic Uの日本盤として1998年1月16日にシングル、1月28日にアルバムを発売しているほか、NHK-BS2の『新・真夜中の王国』でテレビ初出演している。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たZIP-FM

    FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン』(1999年10月1日 - 2000年9月22日)宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たMTVジャパン

    2000年、NHK放送文化研究所が実施した「好きなタレント調査」において調査開始以来初のケースとなる圏外からの一気に1位(女性タレント部門)を獲得した。『第72回選抜高等学校野球大会』入場行進曲に「First Love」が使用された。5thシングル「Wait&See 〜リスク〜」、6thシングル「For You/タイム・リミット」を発表(「タイム・リミット」はTAKURO(GLAY)との共作)。7月から8月にかけて初の全国ツアー『BOHEMIAN SUMMER 〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜』を開催。9月にはコロンビア大学へ入学した。2001年、7thシングル「Can You Keep A Secret?」を発表し、主題歌となったドラマ『HERO』にカメオ出演した。3月28日に発売した2ndアルバム『Distance』は浜崎あゆみのベスト・アルバム『A BEST』と同日発売であったことから大きな話題を呼んだ。初週売上枚数はオリコンアルバムチャート歴代1位となる300万枚を記録した。7月25日にはアルバム『Distance』の表題曲をアレンジした8thシングル「FINAL DISTANCE」を発売。映画『ラッシュアワー2』(Rush Hour 2)サウンドトラックに「Hikaru Utada feat. Foxy Brown」名義で「Blow My Whistle」を提供。MTVジャパン初制作となる『MTVアンプラグド』に出演した。TezukaOsamu@Cinemaで配信されたインターネットアニメ『ブラック・ジャック』においてピノコ役に起用された。アメリカのニュース雑誌『TIME』アメリカ版の2001年9月15日特別増刊号「Music Goes Global」でU2のボノ(Bono)、ビョーク(Björk)らとともに表紙を飾り、アジア版12月17日号では単独で表紙を飾った。11月28日には9thシングル「traveling」とライヴDVD『Utada Hikaru Unplugged』を同時発売した。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見た横浜アリーナ

    2010年8月9日、来年以降のアーティスト活動を止めて「人間活動」に専念することを告げ、同時に秋から冬にかけてシングル・コレクションvol.2や新曲を発売することも発表した。9月28日にはTwitter公式アカウントを開設し(当初は期間限定の予定であった)、CM出演やライヴ開催を発表した。ところが、11月24日の『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』発売日にアイランド・デフ・ジャムがUtada名義のベスト・アルバム『Utada The Best』を発売することが発覚し、本人の意向とは異なるアルバム発売に不快感を露わにした。そのため、今後の日本国外の活動においてもEMI MUSICと契約し、アーティスト名を「宇多田ヒカル」に統一することを発表した。12月8日・9日に横浜アリーナで開催したライヴ『WILD LIFE』では、8日の公演を日本国内の映画館で生中継し、Ustreamで世界配信した。宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    宇多田ヒカル - SonyMusic宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たInterFM

    InterFM『Hikki's Sweet&Sour』(1998年10月4日 - 1999年3月28日、再放送2014年2月1日 - 3月29日)宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田ヒカル

    宇多田ヒカルから見たFM802

    FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM802/CROSS FM『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン』(1999年10月1日 - 2000年9月22日)宇多田ヒカル フレッシュアイペディアより)

194件中 51 - 60件表示

「宇多田ヒカル」のニューストピックワード

  • SING for ONE−Special Live Night−

  • 世界史に載るような歴史的な局面

  • 未来の世界史に載るような歴史的な局面かも