前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
857件中 1 - 10件表示
  • 発明の年表

    発明の年表から見たロケットロケット

    1126年: 火箭(またはロケット): 李綱(中国)、発明の年表 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンチン・ツィオルコフスキー

    コンスタンチン・ツィオルコフスキーから見たロケットロケット

    コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキー(, Konstantin Eduardovich Tsiolkovskiy、1857年 9月17日 - 1935年9月19日)は、帝政ロシアおよびソビエト連邦の科学者、ロケット研究者、数学教師、著作家。コンスタンチン・ツィオルコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • インサイド・ワールド

    インサイド・ワールドから見たロケットロケット

    町を徘徊中に、ロケットを作ろうとする少女、春名希優と偶然出会う。彼女の他人を拒絶するかのような言動が気になり、足繁く通うようになる。希優に自分に近いものを感じる一方、彼女のロケットを作り上げてしまう才能に嫉妬、羨望している。インサイド・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • MGM-5 (ミサイル)

    MGM-5 (ミサイル)から見たロケットロケット

    開発はファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー社、ギルフィラン・ブラザーズ社、ダグラス・エアクラフト社及びカリフォルニア工科大学 (CIT) にあった初期のジェット推進研究所 (JPL) の協力の下、アメリカ陸軍によって行なわれ、有事の際にヨーロッパ地域で使用する戦術核ミサイルとして設計された。1964年まで第一線に配備されており、固体燃料ロケットを用いたMGM-29 サージェント・ミサイル・システムによって更新された。MGM-5 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発競争

    宇宙開発競争から見たロケットロケット

    この競争の発端は、初期のロケット技術の競争や、第二次世界大戦後の国際的な緊張の中に既にあったが、実際に始まったといえるのは1957年10月4日のソビエト連邦によるスプートニク1号の打ち上げの後であった。宇宙開発競争 (Space Race) という用語は公式な用語ではなく、軍備拡張競争 (Arms race) から類推して生まれた言葉である。宇宙開発競争 フレッシュアイペディアより)

  • ATKランチ・システムズ・グループ

    ATKランチ・システムズ・グループから見たロケットロケット

    ATKランチ・システムズ・グループ()は、初期にはゴム及び関連した化学製品に携わり、後にロケットとミサイルの推進システムに携わるアメリカ合衆国の企業である。ATKとは親会社のアライアント・テックシステムズ () の略(NYSEコード)である。ATKランチ・システムズ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • スペースプレーン

    スペースプレーンから見たロケットロケット

    技術的特徴として、大気圏内においては(空気吸い込み型)エンジンを利用することが挙げられる。通常のロケットでは燃料となる液体水素以外に酸化剤として液体酸素等を自重に含むため、ツィオルコフスキーの公式により一層の性能向上は難しい。そこで、酸化剤を全て搭載せず、ジェットエンジンのように空気中の酸素を酸化剤として使用することが考えられている。また、大気圏内飛行のために主翼もしくはリフティングボディなどの揚力発生機構を有する。スペースプレーン フレッシュアイペディアより)

  • ジャイロジェット・ピストル

    ジャイロジェット・ピストルから見たロケットロケット

    ジャイロジェット・ピストル(Gyrojet pistol)は、1960年代初めにアメリカのMBA社が開発した世界初のロケット弾用拳銃(拳銃というよりロケットランチャー)である。ジャイロジェット・ピストル フレッシュアイペディアより)

  • アトラス (ロケット)

    アトラス (ロケット)から見たロケットロケット

    ロッキード・マーティン アトラスIIIは2000〜2005年に使われたアメリカの軌道の打ち上げ用ロケット。(情報元: 1)アトラス (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの宇宙開発

    ブラジルの宇宙開発から見たロケットロケット

    ブラジルの宇宙開発は国防軍の空軍航空宇宙技術総司令部(Comando-Geral de Tecnologia Aerospacial、CTA)がはじめている。1994年のブラジル宇宙機関の設置まで軍はCTAを通して多くの宇宙計画を監督していた。CTAは1953年に設けられ、当初空軍を宇宙開発のための研究、開発に加えた。1964年にはソンダロケットの開発が始まった。1965年に、空軍は宇宙事業本部(Instituto de Atividades Espaciais、IAE)を設立し、ロケットの開発を担当するようになった。これらには空軍の関与する航空技術大学校(Instituto Tecnológico de Aeronáutica、ITA)も深く関わっている。ブラジルの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
857件中 1 - 10件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード