1001件中 11 - 20件表示
  • レモン月夜の宇宙船

    レモン月夜の宇宙船から見たロケットロケット

    加寿羅老人が個人で作り上げた単段式の有人月ロケット。加寿羅老人はこのロケットによって、アメリカのアポロ計画やソ連のソユーズL3計画を出し抜き、人類初の月面着陸を行うことを目論んでいる。加寿羅老人曰く「サイエンス・ロォマンス(SFに対する初期の呼称)の伝統に従って作ったロケット」であり、建物に似せて作られている。その形状はアインシュタイン塔に似ており、色は銀一色。乗員は6名だが、多少の余裕はある模様。レモン月夜の宇宙船 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州ロボットアーム

    欧州ロボットアームから見たロケットロケット

    ERAは、ダッチ・スペース(Dutch Space)社を主契約企業として8カ国の宇宙関連企業が協力して欧州宇宙機関のために開発し、2017年以降にロシアの多目的実験モジュール(MLM)とともにプロトンロケットで打ち上げられる予定である。これに先立ち、2本の腕を装備した肘関節の予備品がミニ・リサーチ・モジュール1(MRM1)に取り付けられた状態でSTS-132で既に運ばれている。欧州ロボットアームの通常の保管場所はMLMとなるが、当初の計画では科学電力プラットフォームに取りつけられることになっていた。欧州ロボットアーム フレッシュアイペディアより)

  • ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)

    ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)から見たロケットロケット

    この命名規則は名称に含まれる要素の頭文字をとってMDS(Mission-Design-Series)とも呼ばれ、ミサイル及びロケットに限らず航空機にも適用される。本項では、ミサイル及びロケットのみに絞って解説する。航空機の命名規則については、軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)を参照。ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 気体力学研究所

    気体力学研究所から見たロケットロケット

    気体力学研究所はソビエト連邦のロケットや無煙火薬の開発を行っていた研究所で後にロケット砲やソビエトの宇宙ロケットの原型となる液体燃料ロケットを開発した。気体力学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 有人宇宙飛行

    有人宇宙飛行から見たロケットロケット

    宇宙ロケットに人間が乗り込むことには、依然安全上の大きなリスクがあり、実際に宇宙開発においては、惑星探査などその多くをロボットが担っているが、人間が行わなくてはならない活動も少なくない。宇宙船内での高度な実験、宇宙ステーションの建設などを行うことは、すなわち宇宙開発の主導権を握ることを意味する。現在建設中の国際宇宙ステーションでは有人飛行実績の高いロシアとアメリカが、主導的な立場を担っている。有人宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • まんがサイエンス

    まんがサイエンスから見たロケットロケット

    その一方で、コントやギャグも交えており、小学生と専門家というのは学習漫画の定番だが、本作では人間の専門家がほとんど無く、あからさまに怪しい人外キャラクターが毎回登場する。作者の趣味が前面に出ており、とりわけロケットに関する話題は多い。その他カメラや時計など精密機器の話も多く見られる。また、5 - 12ヶ月にわたって続き物となっているシリーズ連載作品(「ロボットの来た道」など)もあり、レギュラーキャラ以外が登場する特別編もある。まんがサイエンス フレッシュアイペディアより)

  • マリネラ王国

    マリネラ王国から見たロケットロケット

    国旗と思しきものは、作品中で確認されていないが唯一、アニメ劇場版にてロケットに塗装された「☆」を見て美少年軍団がマリネラの機体であることを確認するシーンがある。また、アニメ・原作等でマリネラ籍の船の煙突や旅客機の垂直尾翼にパタリロ8世の顔が描かれていたり、印章に○にパ印が使用されているのが確認できる回もあるが、これらが国旗か国章もしくは商船旗なのかは不明である。マリネラ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 赤煙硝酸

    赤煙硝酸から見たロケットロケット

    赤煙硝酸(せきえんしょうさん、Red Fuming Nitric Acid、RFNA)は、ロケットの酸化剤として用いられる、硝酸に四酸化二窒素を溶かした物質である。赤煙硝酸 フレッシュアイペディアより)

  • シクヴァル

    シクヴァルから見たロケットロケット

    速度200ノット(370km/h)を超えることが可能であり、ロケットエンジンで推進力を得るため、「魚雷」と言うよりは「水中を推進するロケット」に近い。シクヴァル フレッシュアイペディアより)

  • インダクトラック

    インダクトラックから見たロケットロケット

    他の浮上式の高速ヴィークル類と同様に、インダクトラックも観測ロケットや宇宙機発射用ロケットの発射をアシストするカタパルトとしての応用が検討されている。インダクトラックにロケットを搭載し、磁気浮上とリニアモータにより、約1kmのガイド上で、マッハ0.8程度(約950km/h)まで加速することで、打ち上げに必要な燃料を30%から40%削減可能と推測されている。NASAもこの目的で、インダクトラックに研究資金を提供している。インダクトラック フレッシュアイペディアより)

1001件中 11 - 20件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード