857件中 11 - 20件表示
  • バイコヌール宇宙基地

    バイコヌール宇宙基地から見たロケットロケット

    バイコヌール宇宙基地(バイコヌールうちゅうきち、ロシア語:'、カザフ語:、英語:')は、カザフスタン共和国のチュラタム(Tyuratam)にあるロシアのロケット発射場である。現在ロシア連邦宇宙局とロシア宇宙軍が共同で管理している。バイコヌール宇宙基地 フレッシュアイペディアより)

  • GLONASS

    GLONASSから見たロケットロケット

    GLONASSの開発は1976年に始められ、全世界を1991年までにサービス範囲に収めることを目標としていた。人工衛星の打ち上げは1982年10月12日から始められ、1996年に24基全ての衛星が運用開始されるまで多数のロケットの打ち上げが行われた。完成後、ロシア経済の崩壊に伴いシステムは急速に能力を失った。GLONASS フレッシュアイペディアより)

  • GSLV

    GSLVから見たロケットロケット

    GSLV()とはインド宇宙研究機関(ISRO)が開発した使い捨て型の静止衛星打ち上げロケットである。PSLVをベースとして、液体燃料ブースターを追加し、上段を極低温エンジンに換装した3段式ロケットで、地球低軌道 (LEO)に5,000 kg、静止トランスファー軌道 (GTO)に2,200 kgのペイロードを投入できる。GSLV フレッシュアイペディアより)

  • ロケットスレッド

    ロケットスレッドから見たロケットロケット

    ロケットスレッド(rocket sled)は、地上に敷設されたレールの上を、ソリ状の乗り物をロケット推進で走らせる装置、およびその乗り物。物体の加速などの実験に使う。ロケットスレッド フレッシュアイペディアより)

  • ペンシルロケット

    ペンシルロケットから見たロケットロケット

    ペンシルロケットは将来のロケット旅客機開発の実現を睨んだロケット推進の研究を目的として東京大学生産技術研究所AVSA(Avionics and Supersonic Aerodynamics:航空及び超音速空気力学)班が開発した一連の小型ロケットシリーズ。開発名は「タイニー・ランス」。ペンシルロケット フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見たロケットロケット

    イスラムの科学者や技術者はこの時代に様々な発明を行っている。有名な発明家としては、アッバース・イブン・フィルナス、タキ・アルジン、アル=ジャザリがいる。この時代に生まれたものとしては、コーヒー、硬い石鹸、シャンプー、硝酸、ランビキ、バルブ、往復運動と回転運動の変換機構、キルト、動物の腸を使った手術用の糸、風車、接種、万年筆、暗号解読法、頻度分析、石英ガラス、現代的な小切手、爆発物、ロケット、焼夷弾がある。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • マリネラ王国

    マリネラ王国から見たロケットロケット

    国旗と思しきものは、作品中で確認されていないが唯一、アニメ劇場版にてロケットに塗装された「☆」を見て美少年軍団がマリネラの機体である事を確認するシーンがある。また、アニメ・原作等でマリネラ籍の船の煙突や旅客機の垂直尾翼にパタリロ8世の顔が描かれていたり、印章に○にパ印が使用されているのが確認できる回もあるが、これらが国旗か国章もしくは商船旗なのかは不明である。マリネラ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 赤煙硝酸

    赤煙硝酸から見たロケットロケット

    赤煙硝酸(せきえんしょうさん、Red Fuming Nitric Acid、RFNA)は、ロケットの酸化剤として用いられる、硝酸に四酸化二窒素を溶かした物質である。赤煙硝酸 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発における事故

    宇宙開発における事故から見たロケットプレーンロケット

    宇宙船の打ち上げ/再突入の事例のおよそ2%で、乗務員が死亡している。これはソユーズとスペースシャトルでほぼ同じ割合である。ほかの発射方法については、X-15(弾道飛行を行うロケットプレーン)を除くと、妥当な安全率が算出できるほど打ち上げ回数は多くない。宇宙開発における事故 フレッシュアイペディアより)

  • 単段式宇宙輸送機

    単段式宇宙輸送機から見たロケットロケット

    単段式宇宙輸送機(たんだんしきうちゅうゆそうき)は、燃料や推進剤のみを消費し、エンジンや燃料タンクなどの機材を切り離さずに衛星軌道に到達できる宇宙機である。単段式宇宙輸送機 フレッシュアイペディアより)

857件中 11 - 20件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード