1001件中 21 - 30件表示
  • アポロ12号

    アポロ12号から見たロケットロケット

    12号は暴風雨の中、ケネディ宇宙センターから予定通りの時刻に発射された。発射場には現職の大統領であるリチャード・ニクソン (Richard Nixon) が駆けつけていたが、これは史上初めてのことであった。発射から36.5秒後、機体を雷が直撃した。電流はロケットの排煙を伝わり、地面に放電された。機械船の燃料電池のブレーカーはこのとき誤って過負荷を検知し、三つの電池すべてと司令・機械船の機器のほとんどを遮断させた。さらに52秒後にも二度目の落雷を受け、「8ボール」式の姿勢指示器が停止してしまった。管制センターに送られてくる遠隔測定のデータは完全に混乱してしまったが、サターン5型ロケットに搭載されている自動飛行制御装置は影響を受けなかったため、ロケットは正常に飛行を続けた。アポロ12号 フレッシュアイペディアより)

  • アトラス (ロケット)

    アトラス (ロケット)から見たロケットロケット

    ロッキード・マーティン アトラスIIIは2000〜2005年に使われたアメリカの軌道の打ち上げ用ロケット。(情報元: 1)アトラス (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • ジャイロスコープ

    ジャイロスコープから見たロケットロケット

    船や航空機やロケットの自律航法に使用される。最近ではカーナビゲーションシステムや自動運転システム、慣性航法装置、ロボット、スマートフォン、デジタルカメラ、無人偵察機などでも用いられている。マルチコプターでも活用されており、ラジコン玩具として一般に市販されたものとしては初期のもののひとつであるキーエンスの「ジャイロソーサー」は同社の超小型ジャイロを応用した製品であった。ジャイロとはギリシャ語 で、対応する日本語は「輪」である。近年ではMEMSにより小型化が進み、応用分野が広がっている。ジャイロスコープ フレッシュアイペディアより)

  • オイゲン・ゼンガー

    オイゲン・ゼンガーから見たロケットロケット

    ゼンガーはロケットを動力とする飛行についての論文を提出したが、奇抜すぎるとして大学から受け取りを拒否されている。より新鮮さに欠ける翼の構造解析に関する論文を提出することで卒業を認められた。受け取りを拒否された論文は、1933年に「ロケット飛行工学」の題名で出版された。1935年と1936年にオーストリアの雑誌「Flug」にロケット動力による飛行についての論文を発表した。これらの論文は、ドイツ航空省の注意を引きつけた。ゼンガーのアイデアを発展させれば、ドイツからアメリカを攻撃する爆撃機を完成させることができるのではないか、と考えられたからである。オイゲン・ゼンガー フレッシュアイペディアより)

  • 自爆

    自爆から見たロケットロケット

    安全確保。たとえば、ロケット・ミサイルなどの高速飛翔物体がコースを逸脱した場合に他所へ危害を加えないため。自爆 フレッシュアイペディアより)

  • スペースシップワン

    スペースシップワンから見たロケットロケット

    カリフォルニア州モハーヴェ砂漠にある飛行場から離陸。運搬用航空機「ホワイトナイト」により吊り下げられた状態のまま、高度約15キロまで上昇後、切り離された。その後はロケットエンジンに点火し音速の3倍まで加速。ロケットの燃焼終了後は慣性で放物線を描くように弾道飛行し、ついに高度100kmへの到達を果たした。3分間余りの無重量状態での宇宙飛行を経て、大気圏に再突入。高度15キロまで降下した後は滑空により元の飛行場へ着陸した。更に16P・17Pにて2週間以内の再飛行を達成、X PRIZE受賞条件をクリアした。スペースシップワン フレッシュアイペディアより)

  • オービタ

    オービタから見たロケットロケット

    スペースシャトル・オービターはロケットであり宇宙船であり飛行機でもある有翼の"スペースプレーン"である。このスペースプレーンは地球を周回する軌道へ乗員と貨物を輸送し、大気圏を滑空機のように飛行して帰還する。オービタ フレッシュアイペディアより)

  • GSLV

    GSLVから見たロケットロケット

    GSLV()とはインド宇宙研究機関(ISRO)が開発した使い捨て型の静止衛星打ち上げロケットである。PSLVをベースとして、液体燃料ブースターを追加し、上段を極低温エンジンに換装した3段式ロケットで、地球低軌道 (LEO)に5,000 kg、静止トランスファー軌道 (GTO)に2,200 kgのペイロードを投入できる。GSLV フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード (航空宇宙)

    ペイロード (航空宇宙)から見たロケットロケット

    陸上輸送に対してはほとんど使われず、海上輸送でもあまり使われない。民間航空分野では旅客や貨物のことを指す。軍事分野では、民間と同じく人員や輸送物資のことでもあるが、軍用機の武装やミサイルの弾頭も指す。増槽も一種のペイロードと言える。観測ロケットにおいては観測機器が、宇宙ロケットにおいては宇宙機などを指してペイロードと言う。「システム」として考えると、多段式の打上げシステムでは、ある段より下の段から見ると、それより上の段がペイロードということになる。航空分野では重量が、宇宙分野では質量が重要である。ペイロード (航空宇宙) フレッシュアイペディアより)

  • ロケットスレッド

    ロケットスレッドから見たロケットロケット

    ロケットスレッド(rocket sled)は、地上に敷設されたレールの上を、ソリ状の乗り物をロケット推進で走らせる装置、およびその乗り物。物体の加速などの実験に使う。ロケットスレッド フレッシュアイペディアより)

1001件中 21 - 30件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード