857件中 21 - 30件表示
  • 電機メーカー

    電機メーカーから見たロケットロケット

    電機メーカー(でんきメーカー)とは、家電と呼ばれる軽電製品(テレビ、洗濯機、電気調理器具、空調機器 など)や重電製品(発電機、変圧器などの電力設備)、LSIなどの半導体、産業用電気製品(産業用電動機、産業用ロボット など)、航空宇宙機器(民間用航空機、人工衛星、宇宙探査機、ロケット など)、兵器(軍用機、ミサイル など) これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • GSLV-III

    GSLV-IIIから見たロケットロケット

    GSLV-III(Geosynchronous Satellite Launch Vehicle Mark III)は現在インド宇宙研究機関で開発中のロケットである。このロケットの開発目的は大型衛星の静止軌道投入において他国への依存から脱却する事である。GSLV-III フレッシュアイペディアより)

  • 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

    劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者から見たロケットロケット

    アニメ最終話で錬金術世界から現実世界へと飛ばされたエドワードは18歳になり、元の世界に戻る為にロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人で「自らの手でロケットを作りたい」と夢見るアルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見たロケットロケット

    日本の宇宙開発は1950年代の半ばに糸川英夫が大学の研究班で始めた。30cmほどの小型ロケットから始まった研究であったが徐々に大型化し、人工衛星を打ち上げる研究を行うようになった。衛星を打ち上げるようなレベルに到達した頃、国も宇宙開発専門の機関を設置した。以来研究室から始まった宇宙科学研究所(ISAS)と国の機関である宇宙開発事業団(NASDA)の二つの宇宙開発機関が独自にロケットの開発を行ってきた。1990年にスーパー301条で商用衛星が競争入札になり、1990年代末から2000年代の初めに幾つかの失敗を経験した後、初めて統一された宇宙機関である宇宙航空研究開発機構(JAXA)が設置された。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ計画陰謀論

    アポロ計画陰謀論から見たロケットロケット

    キリスト教文化がそれほど浸透していない日本では、アメリカ同時多発テロ事件陰謀説等と同様に反米主義を前提とした陰謀論や科学技術に対する無理解・懐疑と関連して唱えられることが多い。副島隆彦は2003年に自身のブログでアポロ計画がアメリカ政府による情報操作の具体例であると主張、2004年にそれを『人類の月面着陸は無かったろう論』(徳間書店 ISBN 4198618747)として出版した。しかしブログに掲載された段階から静止衛星やロケットの原理など、一般的な基礎知識や初歩的科学に基づく部分だけでも多くの間違いがあることや調査不足であることがネット上で多く指摘され、2005年のと学会による「日本トンデモ本大賞」に選定されている。またその年末にと学会は『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』(楽工社 ISBN 4903063011)を出版し、これらのテレビ番組で取り上げられた内容や『人類の月面着陸は無かったろう論』の記述の中の科学的に誤った箇所について指摘を行った。アポロ計画陰謀論 フレッシュアイペディアより)

  • Project BLUE 地球SOS

    Project BLUE 地球SOSから見たロケットロケット

    人類が手に入れた新しい動力源。絶対安全の小型の原子力発電か。航空機やロケットの動力はほとんどがこれに置き換わっており、全世界には電力供給用に約430基のG反応炉が存在している。木村重工が生産で大きなシェアを持っている模様。Project BLUE 地球SOS フレッシュアイペディアより)

  • 内之浦宇宙空間観測所

    内之浦宇宙空間観測所から見たロケットロケット

    内之浦宇宙空間観測所(うちのうらうちゅうくうかんかんそくしょ、Uchinoura Space Center 、略称USC)は、日本の宇宙空間観測施設・ロケット打ち上げ施設である。世界でも珍しい山地に立つロケット発射場である。内之浦宇宙空間観測所 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・コロリョフ

    セルゲイ・コロリョフから見たロケットロケット

    セルゲイ・パーヴロヴィチ・コロリョフ(ロシア語:'';1907年1月12日[o.s.1906年12月30日] ? 1966年1月14日)は、ソビエト連邦の最初期のロケット開発指導者。第一設計局(OKB-1)の主任設計者として世界初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)であるR-7を開発した。R-7は核弾頭をペイロードや宇宙船に替えて宇宙開発にも使用され、1957年に世界最初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、1961年には世界初の有人宇宙飛行としてユーリイ・ガガーリンを宇宙に運んだ。アメリカのヴェルナー・フォン・ブラウンと並ぶ米ソ宇宙開発競争の双璧だった人物である。セルゲイ・コロリョフ フレッシュアイペディアより)

  • アポロ計画

    アポロ計画から見たロケットロケット

    アポロ計画は、ロケットや有人宇宙船の開発にともなう関連技術の発展に拍車をかけ、特に電子工学や遠隔通信、コンピュータなどの分野において大きく貢献した。またいくつもの部分から構成された複雑な機器の信頼性を検査するために、統計的な手段を用いる手法を開拓するなど、多くの工学の分野の発展にも繋がった。有人宇宙飛行のために必要不可欠な構成物であった事物や機器は、文明、技術、電子工学の表彰として今も残されている。計画で使用された多くの事物や遺物が、国立航空宇宙博物館をはじめとする世界各地の様々な場所で展示されている。アポロ計画 フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見たロケットロケット

    こてっちゃんたちが操縦する、鉄製品を他の星へ届けるためのロケット型の輸送船。大砲のような発射装置で打ち出される。宇宙船アンパンマン号にパーツを提供したこともある。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

857件中 21 - 30件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード