857件中 31 - 40件表示
  • オイゲン・ゼンガー

    オイゲン・ゼンガーから見たロケットロケット

    ゼンガーはロケットを動力とする飛行についての論文を提出したが、奇抜すぎるとして大学から受け取りを拒否されている。より新鮮さに欠ける翼の構造解析に関する論文を提出することで卒業を認められた。受け取りを拒否された論文は、1933年に「ロケット飛行工学」の題名で出版された。1935年と1936年にオーストリアの雑誌「Flug」にロケット動力による飛行についての論文を発表した。これらの論文は、ドイツ航空省の注意を引きつけた。ゼンガーのアイデアを発展させれば、ドイツからアメリカを攻撃する爆撃機を完成させることができるのではないか、と考えられたからである。オイゲン・ゼンガー フレッシュアイペディアより)

  • 飛行機

    飛行機から見たロケットロケット

    その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、第二次世界大戦の前から終戦までのドイツでは、クルップとユンカースによる上下対向式(de)2サイクルディーゼルエンジン、ユモ 205やユモ 207を搭載したドルニエ Do 18(ドイツ語版)やブローム・ウント・フォス BV 138、BV 222水上輸送機、巡航ミサイルV1に用いられたパルスジェットエンジンのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、Me 163や、アメリカの超音速実験機ベルX-1などのロケットエンジンがあった。このうち、ディーゼルエンジンについては、地球温暖化防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙工学

    宇宙工学から見たロケットロケット

    20世紀初頭、ロシアのコンスタンチン・ツィオルコフスキーによって導かれた、かの有名なツィオルコフスキーの公式がある。この方程式によりロケットの推進の理論的考察ができるようになった宇宙工学 フレッシュアイペディアより)

  • フランス国立宇宙研究センター

    フランス国立宇宙研究センターから見たロケットロケット

    第二次世界大戦の終盤以降、ロケットに関するドイツの技術が同盟諸国の関心を集めるようになった。各国は最大限の技術情報を収集し、V2ロケットの開発に加ったドイツ人技術者の協力を要請しようとした。フランスではヴェロニク観測ロケットに結実する最初のロケットを開発する任務が、LRBA(Laboratoire de Recherche Balistiques et aérodynamiques、弾道学・空気力学研究所)に課せられた。科学者も軍人もこの開発に熱意を示した。冷戦、スプートニク衛星の打ち上げ、ド・ゴール将軍の独立主義政策という背景があり、宇宙開発はやがて政府の優先政策の一つになった。1959年に、フランスの宇宙活動を統括するCRS(Comite de Recherche Spatiale、宇宙開発研究委員会)が創設された。同年、航空宇宙産業界によって設立されたSEREB(ミサイル開発管理機関)は、宝石 (Pierres Précieuses) 計画でフランス最初の衛星打上げロケット、「ディアマン」の開発に成功する。ここに至って、真の宇宙開発計画を統括・推進する機関が必要となり、フランス国立宇宙研究センター(CNES)が公共機関として、1961年12月19日に創立される。その一番の使命は、フランスが宇宙大国として米ソに肩を並べることだった。この使命は1965年11月26日にアマギール宇宙センターからフランス初の人工衛星「アステリックス」の打ち上げ成功によって達成される。1961年から1981年に至るまでの期間、CNESは欧州の宇宙開発を索引した。この間、他の欧州国が手をこまねいていたのに対して、CNESは打ち上げロケット、人工衛星、発射設備、運用センター、地上局ネットワーク、研究施設など、宇宙開発計画に不可欠な基幹施設を整備した。これに対応して、フランスには競争力のある活発な宇宙産業が育まれた。80年代、CNESは欧州宇宙機関(ESA)の設立に力を尽くし、その為にアリアンロケットを開発した。そして、ESAは重要な機関になり、多様な国際計画の委託を受けるようになった。CNESはESAに於いてフランスを代表し、それ自体はより実用指向の野心的な国家プログラムに活動の重点を置くようになった。フランス国立宇宙研究センター フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見たロケットロケット

    ロケット・ミサイル技術の年表(ロケット・ミサイルぎじゅつのねんぴょう)は、ロケットおよびミサイルの技術に関する年表である。ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 自爆

    自爆から見たロケットロケット

    安全確保。たとえば、ロケット・ミサイルなどの高速飛翔物体がコースを逸脱した場合に他所へ危害を加えないため。自爆 フレッシュアイペディアより)

  • オービタ

    オービタから見たロケットロケット

    スペースシャトル・オービターはロケットであり宇宙船であり飛行機でもある有翼の"スペースプレーン"である。このスペースプレーンは地球を周回する軌道へ乗員と貨物を輸送し、大気圏を滑空機のように飛行して帰還する。オービタ フレッシュアイペディアより)

  • 火薬

    火薬から見たロケットロケット

    固体燃料のロケットでは火薬の燃焼が長時間持続し、燃焼ガスの反作用により飛翔する。所定の時間、所定の推力を安定して得るために、ロケット内部の火薬の固まり(グレイン)の形状を最適化することが非常に重要である。火薬 フレッシュアイペディアより)

  • 島秀雄

    島秀雄から見たロケットロケット

    「デゴイチ」のあだ名で知られる貨物用蒸気機関車D51形の設計に関与。また新幹線計画では、国鉄総裁の十河信二、新幹線総局長の大石重成らと共に、その実現に大きく貢献した。国鉄退職後は、宇宙開発事業団でロケット開発にも携わった。島秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 射出座席

    射出座席から見たロケットロケット

    射出座席(しゃしゅつざせき)とは航空機から非常時に脱出するための装置。作動させると、搭乗者は座席ごとロケットモーター等によって機外へと射ち出され、パラシュートで降下する。主に戦闘機など小型の軍用機に装備されている。射出座席 フレッシュアイペディアより)

857件中 31 - 40件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード