1001件中 31 - 40件表示
  • ラビル・イスヤノフ

    ラビル・イスヤノフから見たロケットロケット

    『K-19』においては反乱を起こす潜水艦に乗り込んだ、初めは勇ましい愛国者を演じているが危機に面して腰砕けになり惰弱な本性を現す政治将校ススロフの役を演じた。冷戦下の米ソのロケット開発競争を扱ったテレビシリーズ『Space Race』においてはロケット開発者のセルゲイ・コロリョフを陥れることで名誉と評価を独占しようとする狡猾な技術者ヴァレンティン・グルシュコを演じた。近年においては『さらば、ベルリン』において新しい境地を開拓している。ラビル・イスヤノフ フレッシュアイペディアより)

  • RPG-16

    RPG-16から見たロケットロケット

    名称は、ロシア語で「携帯式対戦車擲弾発射器」を意味する「(ルチノーイ・プラチヴァターンカヴィイ・グラナタミョート)」の英字綴りである「Ruchnoy Protivotankoviy Granatomet」の頭文字をとった略称から作られた。英語の訳表記では「Rocket-Propelled Grenade(ロケット推進擲弾)」と綴られるが、これは、バクロニムであり、厳密には誤りである。RPG-16 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発における事故

    宇宙開発における事故から見たロケットプレーンロケット

    宇宙船の打ち上げ/再突入の事例のおよそ2%で、乗務員が死亡している。これはソユーズとスペースシャトルでほぼ同じ割合である。ほかの発射方法については、X-15(弾道飛行を行うロケットプレーン)を除くと、妥当な安全率が算出できるほど打ち上げ回数は多くない。また、打ち上げ経験者のおよそ5%が死亡している(上記の2%との違いの理由は、宇宙飛行士は多くの場合複数回の打ち上げを経験するからである)。2004年11月現在、439名(ロシア/ソビエト連邦:96名、アメリカ:277名、その他:66名)が宇宙飛行を経験しているなかで、22名が宇宙船の中で死亡している。内訳は、アポロ1号で3名、ソユーズ1号で1名、X-15-3で1名、ソユーズ11号で3名、スペースシャトルチャレンジャーで7名、スペースシャトルコロンビアで7名である。また、宇宙計画によって、18名のNASAの宇宙飛行士(4.1%)と、4名のロシアの宇宙飛行士(打ち上げ経験者の0.9%)が宇宙船搭乗中に死亡している。アポロ1号(発射前の火災)とX-15-3が宇宙飛行に含められるのであれば、全体の5%(22/439)が、宇宙飛行中に死亡している。これにはロジャー・チャフィー(アポロ1号乗組員中の1名であるが宇宙に行った経験はない)と、マイケル・J・アダムス(宇宙の範囲についての国際的な定義であるカーマン・ラインには到達していないが、アメリカの定義によれば到達した。下記を参照)を宇宙飛行経験者に含めており、アポロ1号乗組員の3名とアダムスを死亡者に含めている。この事例を除外するならば、全体の4%(18/437)が宇宙飛行中に死亡したといえる。宇宙開発における事故 フレッシュアイペディアより)

  • 空中発射ロケット

    空中発射ロケットから見たロケットロケット

    空中発射ロケット(くうちゅうはっしゃロケット)とはロケット推進以外の手段によって高空まで輸送され発射されるロケットである。上空への輸送手段としては航空機や気球が用いられる。空中発射ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙工学

    宇宙工学から見たロケットロケット

    宇宙機の推進方法:いかなる方法で宇宙機の軌道を変更し、いかなる方法で打ち上げるのか。多くの宇宙機はさまざまな種類のロケットエンジンを採用しており、さまざまなロケットの研究がすすめられている。推進方法としては従来の化学燃料ロケットのほかに、原子力や電気推進などの方法も研究されている。宇宙工学 フレッシュアイペディアより)

  • Project BLUE 地球SOS

    Project BLUE 地球SOSから見たロケットロケット

    人類が手に入れた新しい動力源。絶対安全の小型の原子力発電か。航空機やロケットの動力はほとんどがこれに置き換わっており、全世界には電力供給用に約430基のG反応炉が存在している。キムラ重工が生産で大きなシェアを持っている模様。Project BLUE 地球SOS フレッシュアイペディアより)

  • 島秀雄

    島秀雄から見たロケットロケット

    「デゴイチ」のあだ名で知られる貨物用蒸気機関車D51形の設計に関与。また新幹線計画では、国鉄総裁の十河信二、新幹線総局長の大石重成らと共に、その実現に大きく貢献した。国鉄退職後は、宇宙開発事業団でロケット開発にも携わった。島秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァッサーファル (ミサイル)

    ヴァッサーファル (ミサイル)から見たロケットロケット

    窒素ガスのタンクから燃料タンクが加圧され、加圧供給によりこの自己着火性推進剤は燃焼室へと圧入され、混合・燃焼される。ヴェスビウスというコードネームがつけられたロケット基地から、ヴァッサーファルは発射されることとなっていた。この基地は、発射時の事故で発生する自己着火性の燃料の漏洩に対する耐性を有していた。ヴァッサーファル (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 機関 (機械)

    機関 (機械)から見たロケットロケット

    現代的用法では、英語の「engine」という用語は典型的には、蒸気機関や内燃機関のように、トルクあるいは(大抵は推力の形態で)直線力を与えることによって力学的仕事を行うために燃料を燃焼ないしは別の方法で消費する装置を言い表わす。トルクを与えるエンジンの例は馴染み深い自動車ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの他、ターボシャフトエンジンがある。推力を生み出すエンジンの例はターボファンやロケットである。機関 (機械) フレッシュアイペディアより)

  • アポロ8号

    アポロ8号から見たロケットロケット

    船長のフランク・ボーマン、司令船操縦士のジム・ラヴェル、着陸船操縦士のウィリアム・アンダースの三人の宇宙飛行士は、人類として初めて (1) 地球周回軌道を離れ、(2) 地球全体を一目で見、(3) 月の裏側の様子を確認し、(4) 月において地球の出を目撃した。この1968年のミッションはサターン5型ロケットの三度目の飛行であり、また同ロケットを使用しての初の有人飛行であった。さらにフロリダ州のケープカナベラル空軍基地に隣接するケネディ宇宙センターから有人宇宙船が発射されるのも、これが初めてのことであった。アポロ8号 フレッシュアイペディアより)

1001件中 31 - 40件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード