857件中 41 - 50件表示
  • グレネードランチャー

    グレネードランチャーから見たロケットロケット

    古くはライフルの火薬で手榴弾を投射する火器を指していたが、現在では、高低圧理論を元に、低反動で歩兵が保持して使用できる火砲についてもグレネードランチャーと称することが多い。また、威力増強のため、発射機に無反動砲の原理を導入したり、擲弾にロケット推進を導入してロケット擲弾としたものも多くなっており、これらについては、むしろ無反動砲やロケット・ランチャーと称される場合もある。グレネードランチャー フレッシュアイペディアより)

  • スペースシップワン

    スペースシップワンから見たロケットロケット

    カリフォルニア州モハベ砂漠にある飛行場から離陸。運搬用航空機「ホワイトナイト」により吊り下げられた状態のまま、高度約15キロまで上昇後、切り離された。その後はロケットエンジンに点火し音速の3倍まで加速。ロケットの燃焼終了後は慣性で放物線を描くように弾道飛行し、ついに高度100kmへの到達を果たした。3分間余りの無重量状態での宇宙飛行を経て、大気圏に再突入。高度15キロまで降下した後は滑空により元の飛行場へ着陸した。更に16P・17Pにて2週間以内の再飛行を達成、X PRIZE受賞条件をクリアした。スペースシップワン フレッシュアイペディアより)

  • 有人宇宙飛行

    有人宇宙飛行から見たロケットロケット

    宇宙ロケットに人間が乗り込むことには、依然安全上の大きなリスクがあり、実際に宇宙開発においては、惑星探査などその多くをロボットが担っているが、人間が行わなくてはならない活動も少なくない。宇宙船内での高度な実験、宇宙ステーションの建設などを行うことは、すなわち宇宙開発の主導権を握ることを意味する。現在建設中の国際宇宙ステーションでは有人飛行実績の高いロシアとアメリカが、主導的な立場を担っている。有人宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンチン・ツィオルコフスキー

    コンスタンチン・ツィオルコフスキーから見た多段式ロケットロケット

    ロケット理論や、宇宙服や宇宙遊泳、人工衛星、多段式ロケット、軌道エレベータなどの考案で知られ、現代ロケット工学の基礎的理論を構築した。この業績から「宇宙旅行の父」「宇宙開発の父」「ロケット工学の父」などと呼ばれる。『月世界到着!』(1916年)をはじめとする先駆的かつ科学啓蒙的なSF小説を著した事によりSF史においても著名。コンスタンチン・ツィオルコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀

    20世紀から見たロケットロケット

    20世紀の人類の科学の発展はめざましかった。飛行機、潜水艦、宇宙ロケットの開発により、人類の行動可能な範囲は、空へ深海へ宇宙へと拡大した。そして、北極点、南極点への到達などにより、地球上での人類未踏の地はほぼなくなった。科学の発展は産業の発展をもたらし、大量生産、大量消費の社会を生み出し、人々の生活を豊かにした反面、環境問題など多くの解決しなければならない、諸問題をも生み出した。さらに高度な科学技術は、極めて破壊力の大きい兵器をも作り出し、現在では人類を何度も滅亡させることの出来るほどの核兵器、化学兵器が存在する。20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイロスコープ

    ジャイロスコープから見たロケットロケット

    ジャイロスコープ()とは、物体の角度や角速度を検出する計測器。ジャイロと略されることもある(ジャイロセンサと呼ばれることもある)。船や航空機やロケットの自律航法に使用される。最近ではカーナビゲーションシステムや自動運転システム、ロボット、デジタルカメラ、無人偵察機などでも用いられている。ジャイロとはギリシャ語 で、対応する日本語は「輪」である。ジャイロスコープ フレッシュアイペディアより)

  • まんがサイエンス

    まんがサイエンスから見たロケットロケット

    その一方で、コントやギャグも交えており、小学生と専門家というのは学習漫画の定番だが、本作では人間の専門家がほとんど無く、あからさまに怪しい人外キャラクターが毎回登場する。作者の趣味が前面に出ており、とりわけロケットに関する話題は多い。その他カメラや時計など精密機器の話も多く見られる。また、5 - 12ヶ月にわたって続き物となっているシリーズ連載作品(「ロボットの来た道」など)もあり、レギュラーキャラ以外が登場する特別編もある。まんがサイエンス フレッシュアイペディアより)

  • 多薬室砲

    多薬室砲から見たロケットロケット

    だが当時の技術力では、装薬燃焼を機械制御によってタイミングを合わせることの困難さから実験用の砲5基を作るも大々的な実用化には至らず、フランスのアルデンヌ侵攻の際に利用されたが爆撃で破壊され、ロンドン攻撃の計画はロケット兵器であるV1飛行爆弾(巡航ミサイルの原型)やV2ロケット(弾道ミサイルの走り)の運用へと変更された。なお同砲はその後、一度設置されたら移動できず空爆の標的となるなどといった運用性の悪さからほとんど忘れ去られ、実用化はついに成されなかった。多薬室砲 フレッシュアイペディアより)

  • ラビル・イスヤノフ

    ラビル・イスヤノフから見たロケットロケット

    『K-19』においては反乱を起こす潜水艦に乗り込んだ、始めは勇ましい愛国者を演じているが危機に面して腰砕けになり惰弱な本性を現す政治将校ススロフの役を演じた。冷戦下の米ソのロケット開発競争を扱ったテレビシリーズ『Space Race』においてはロケット開発者のセルゲイ・コロリョフを陥れることで名誉と評価を独占しようとする狡猾な技術者ヴァレンティン・グルシュコを好演した。近年においては『さらば、ベルリン』において新しい境地を開拓している。ラビル・イスヤノフ フレッシュアイペディアより)

  • ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)

    ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)から見たロケットロケット

    この命名規則は名称に含まれる要素の頭文字をとってMDS(Mission-Design-Series)とも呼ばれ、ミサイル及びロケットに限らず航空機にも適用される。本項では、ミサイル及びロケットのみに絞って解説する。航空機の命名規則については、軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)を参照。ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

857件中 41 - 50件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード