857件中 51 - 60件表示
  • ヴィッカース タイプ559

    ヴィッカース タイプ559から見たロケットロケット

    ヴィッカース・アームストロングのType 559はカナード翼を採用した斬新的なデザインであった。上下2基のアフターバーナー付きデ・ハビランド ジャイロンターボジェットエンジン用に、操縦席下面に巨大な空気取り入れ口を設けた。ジェットエンジンの両側面、丁度主翼の高さに、スペクター・ジュニアロケットエンジンが装備された。垂直尾翼は主翼両端に設けられた。2本のRed HebeミサイルまたはBlue Jeyミサイルが、胴体上側、カナードと主翼の中間部に装着可能であった。ヴィッカース タイプ559 フレッシュアイペディアより)

  • 気体力学研究所

    気体力学研究所から見たロケットロケット

    気体力学研究所はソビエト連邦のロケットや無煙火薬の開発を行っていた研究所で後にロケット砲やソビエトの宇宙ロケットの原型となる液体燃料ロケットを開発した。気体力学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード (航空宇宙)

    ペイロード (航空宇宙)から見たロケットロケット

    ペイロードは航空、宇宙開発、軍事等の分野において利用される航空機、ロケットなどの積載物の可搬量のこと。日本語では可搬重量や有効荷重とも表される。また、転じて積載物自体やミサイルの弾頭なども指す。ペイロード (航空宇宙) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州ロボットアーム

    欧州ロボットアームから見たロケットロケット

    ERAは、ダッチ・スペース(Dutch Space)社を主契約企業として8カ国の宇宙関連企業が協力して欧州宇宙機関のために開発し、2012年末にロシアの多目的実験モジュール(MLM)とともにプロトンロケットで打ち上げられる予定である。これに先立ち、2本の腕を装備した肘関節の予備品がミニ・リサーチ・モジュール1(MRM1)に取り付けられた状態でSTS-132で既に運ばれている。欧州ロボットアームの通常の保管場所はMLMとなるが、当初の計画では科学電力プラットフォームに取りつけられることになっていた。欧州ロボットアーム フレッシュアイペディアより)

  • アポロ5号

    アポロ5号から見たロケットロケット

    アポロ5号の主目的は月着陸船(LM)の宇宙空間における飛行試験であり、特に上昇段と下降段のエンジンや、切り離しのシステムの性能を確認することであった。また下降段のエンジンは、宇宙空間で推力を調整できる初のロケットとなるものであった。さらに今回の実験では、月面降下中に飛行を中止して緊急脱出する事態を想定して、下降段を接続した状態で上昇段のロケットに点火する「接続点火」試験――ミッションのエンブレムにも描かれているもの――が行なわれた。アポロ5号 フレッシュアイペディアより)

  • ストロベリーフライロケッツ

    ストロベリーフライロケッツから見たロケットロケット

    2002年2月、辻幸平がヴォーカルをつとめたバンド、NOAER(ノアー)脱退に伴い、新たな音楽活動をはじめるための準備をしていた。バンド名を日々考えていた所、「ストロベリーフライって言ういちごの天ぷらがあるらしい。」という言葉を耳にした。"ストロベリーフライ"という言葉にピンときたが、実在するモノでは、この先名前がカブる可能性もある!ということで、本人が好きなロケットという言葉を足して、ストロベリーフライロケッツという名前が出来上がったとのこと。ストロベリーフライロケッツ フレッシュアイペディアより)

  • 空中発射ロケット

    空中発射ロケットから見たロケットロケット

    空中発射ロケット(くうちゅうはっしゃロケット)とはロケット推進以外の手段によって高空まで輸送され発射されるロケットである。上空への輸送手段としては航空機や気球が用いられる。空中発射ロケット フレッシュアイペディアより)

  • OAO (人工衛星)

    OAO (人工衛星)から見たロケットロケット

    OAO-Bは38インチの紫外線望遠鏡を搭載し、これまでの観測よりもかすかな天体のスペクトルを提供するはずであった。しかし1970年11月3日の打ち上げで、ロケットが衛星との分離に失敗し人工衛星は大気圏再突入した。OAO (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • PT-200ロケット

    PT-200ロケットから見たロケットロケット

    機体,エンジン材料に初めてチタンを採用し、推進剤も新型を使用、計装法にも新機軸を取り入れる、メーカーが三菱系列となっているなど、宇航研の観測ロケットとしては異色のロケットである。1965年8月23日に鹿児島宇宙観測所(KSC)から2機が飛翔した。名称であるPT-200は200mmの直径をもち性能試験 (Performance Test) に用いられるロケットであることを意味する。PT-200ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ARLISS

    ARLISSから見たロケットロケット

    例年9月下旬にネバダ州ブラックロック砂漠において、アマチュアロケットグループAeroPackの協力の下、学生が自作した小型の衛星を高度4000 - 5000m に打ち上げ、落下までに様々なミッションを行う。打ち上げる衛星は350g以下のCanSatクラスと1050g以下のOpenクラスがあるが、いずれも慣例的にCanSatと呼ばれる。ARLISS フレッシュアイペディアより)

857件中 51 - 60件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード