1001件中 51 - 60件表示
  • 飛行機

    飛行機から見たロケットロケット

    その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、第二次世界大戦の前から終戦までのドイツでは、クルップとユンカースによる上下対向式(de)2サイクルディーゼルエンジン、ユモ 205やユモ 207を搭載したドルニエ Do 18(ドイツ語版)やブローム・ウント・フォス BV 138、BV 222水上輸送機、巡航ミサイルV1に用いられたパルスジェットエンジンのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、Me 163や、アメリカの超音速実験機ベルX-1などのロケットエンジンがあった。このうち、ディーゼルエンジンについては、地球温暖化防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見たロケットロケット

    日本の宇宙開発は1950年代の半ばに糸川英夫が大学の研究班で始めた。30cmほどの小型ロケットから始まった研究であったが徐々に大型化し、人工衛星を打ち上げる研究を行うようになった。衛星を打ち上げるようなレベルに到達した頃、国も宇宙開発専門の機関を設置した。以来研究室から始まった宇宙科学研究所(ISAS)と国の機関である宇宙開発事業団(NASDA)の二つの宇宙開発機関が独自にロケットの開発を行ってきた。1990年にスーパー301条で商用衛星が競争入札になり、1990年代末から2000年代の初めに幾つかの失敗を経験した後、初めて統一された宇宙機関である宇宙航空研究開発機構(JAXA)が設置された。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ATKランチ・システムズ・グループ

    ATKランチ・システムズ・グループから見たロケットロケット

    ATKランチ・システムズ・グループ()は、初期にはゴム及び関連した化学製品に携わり、後にロケットとミサイルの推進システムに携わるアメリカ合衆国の企業である。ATKとは親会社のアライアント・テックシステムズ () の略(NYSEコード)である。ATKランチ・システムズ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

    劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者から見たロケットロケット

    テレビアニメ版最終話でパラレルワールドへ飛ばされたエドワード・エルリックは18歳になり、錬金世界・アメストリスへ戻るためにロケット工学を研究していたが、先の見えない現実に焦燥していた。その頃、エドの同居人にして「自らの手でロケットを作りたい」と夢見る少年、アルフォンス・ハイデリヒは、パトロンを得て念願のロケット製作に着手する。しかしその裏には、謎の組織・トゥーレ協会の陰謀が隠されていた。劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ5号

    アポロ5号から見たロケットロケット

    アポロ5号の主目的は月着陸船(LM)の宇宙空間における飛行試験であり、特に上昇段と下降段のエンジンや、切り離しのシステムの性能を確認することであった。また下降段のエンジンは、宇宙空間で推力を調整できる初のロケットとなるものであった。さらに今回の実験では、月面降下中に飛行を中止して緊急脱出する事態を想定して、下降段を接続した状態で上昇段のロケットに点火する「接続点火」試験――ミッションのエンブレムにも描かれているもの――が行なわれた。アポロ5号 フレッシュアイペディアより)

  • 火薬

    火薬から見たロケットロケット

    固体燃料のロケットでは火薬の燃焼が長時間持続し、燃焼ガスの反作用により飛翔する。所定の時間、所定の推力を安定して得るために、ロケット内部の火薬の固まり(グレイン)の形状を最適化することが非常に重要である。火薬 フレッシュアイペディアより)

  • ペンシルロケット

    ペンシルロケットから見たロケットロケット

    ペンシルロケットは、将来のロケット旅客機開発の実現を睨んだロケット推進の研究を目的として、東京大学生産技術研究所AVSA(Avionics and Supersonic Aerodynamics:航空及び超音速空気力学)班が開発した、一連の小型ロケットシリーズである。開発名は「タイニー・ランス」。ペンシルロケット フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・コロリョフ

    セルゲイ・コロリョフから見たロケットロケット

    セルゲイ・パーヴロヴィチ・コロリョフ(;1907年1月12日 [o.s.1906年12月30日] ? 1966年1月14日)は、ソビエト連邦の最初期のロケット開発指導者。第一設計局 (OKB-1) の主任設計者として世界初の大陸間弾道ミサイル (ICBM) であるR-7を開発した。R-7はペイロードを核弾頭から宇宙船に替えて宇宙開発にも使用され、1957年に世界最初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、1961年には世界初の有人宇宙飛行としてユーリイ・ガガーリンを宇宙に運んだ。アメリカのヴェルナー・フォン・ブラウンと並ぶ米ソ宇宙開発競争の双璧を成した人物である。セルゲイ・コロリョフ フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの宇宙開発

    ブラジルの宇宙開発から見たロケットロケット

    ブラジルの宇宙開発は国防軍の空軍航空宇宙技術総司令部(Comando-Geral de Tecnologia Aerospacial、CTA)がはじめている。1994年のブラジル宇宙機関の設置まで軍はCTAを通して多くの宇宙計画を監督していた。CTAは1953年に設けられ、当初空軍を宇宙開発のための研究、開発に加えた。1964年にはソンダロケットの開発が始まった。1965年に、空軍は宇宙事業本部(Instituto de Atividades Espaciais、IAE)を設立し、ロケットの開発を担当するようになった。これらには空軍の関与する航空技術大学校(Instituto Tecnológico de Aeronáutica、ITA)も深く関わっている。ブラジルの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たロケットロケット

    人工衛星打上げロケットのアリアンシリーズを開発し、アリアンスペース社(商用打上げを実施)を通じて世界の民間衛星打ち上げ実績を述ばしている。2010年には契約残数ベースで過去に宇宙開発などで存在感を放ったソビエト連邦の後継国のロシア、スペースシャトル、デルタ、アトラスといった有力な打ち上げ手段を持つアメリカに匹敵するシェアを占めるにおよび、2014年には受注数ベースで60%のシェアを占めるにいたった。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

1001件中 51 - 60件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード