1001件中 61 - 70件表示
  • 電機メーカー

    電機メーカーから見たロケットロケット

    電機メーカー(でんきメーカー)とは、家電と呼ばれる軽電製品(テレビ、洗濯機、電気調理器具、空調機器、照明、デジカメなど)や重電製品(発電機、変圧器、電池などの電力設備)、コンピュータ製品・オフィス機器(スマートフォン、パーソナルコンピュータ、サーバ、プリンター、コピー機)、医療機器(MRIやCTなど)、電子部品(LSIなどの半導体、モーターなど)、産業用電気製品(産業用電動機、産業用ロボットなど)、電動輸送機器(電車、昇降機など)、自動車や船舶用の電子機器、航空宇宙機(民間用航空機、人工衛星、宇宙探査機、ロケットなど)用の電子機器、兵器(軍用機、ミサイルなど)用の電子機器等、これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。電機とは電気機械の略である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見たロケットロケット

    イスラムの科学者や技術者はこの時代に様々な発明を行っている。有名な発明家としては、アッバース・イブン・フィルナス、タキ・アルジン、アル=ジャザリがいる。この時代に生まれたものとしては、コーヒー、硬い石鹸、シャンプー、硝酸、蒸留器、バルブ、往復運動と回転運動の変換機構、キルト、動物の腸を使った手術用の糸、風車、接種、万年筆、暗号解読法、頻度分析、石英ガラス、現代的な小切手、爆発物、ロケット、焼夷弾がある。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • 超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説

    超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説から見たロケットロケット

    アポロ / Skyblast(ロケット超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 京野美麗

    京野美麗から見たロケットロケット

    ガチンコ素人団地妻レズバトル(6月9日、ロケット)共演:朝桐光、佐伯春菜、水元恵梨香京野美麗 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ計画陰謀論

    アポロ計画陰謀論から見たロケットロケット

    キリスト教文化がそれほど浸透していない日本では、アメリカ同時多発テロ事件陰謀説等と同様に反米主義を前提とした陰謀論や科学技術に対する無理解・懐疑と関連して唱えられることが多い。副島隆彦は2003年に自身のブログでアポロ計画がアメリカ政府による情報操作の具体例であると主張、2004年にそれを『人類の月面着陸は無かったろう論』として出版した。しかしブログに掲載された段階から静止衛星やロケットの原理など、一般的な基礎知識や初歩的科学に基づく部分だけでも多くの間違いがあることや調査不足であることがネット上で多く指摘され、2005年のと学会による「日本トンデモ本大賞」に選定されている。またその年末にと学会は『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』を出版し、これらのテレビ番組で取り上げられた内容や『人類の月面着陸は無かったろう論』の記述の中の科学的に誤った箇所について指摘を行った。アポロ計画陰謀論 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業

    三菱重工業から見たロケットロケット

    日本最大の機械メーカーであり、三菱UFJ銀行・三菱商事と並ぶ三菱グループ御三家の一角。その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットなど。また、鉄道車両(リニア・電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ターボチャージャー、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。三菱重工業 フレッシュアイペディアより)

  • 月世界旅行

    月世界旅行から見たロケットロケット

    南北戦争終結後のアメリカ合衆国で、火器の専門家集団「大砲クラブ」が巨大な大砲を製造し、人間の入った砲弾を月に撃ち込もうとする物語である。前編『地球から月へ』では計画の立案、資金の調達、大砲の鋳造、そして砲弾の発射までが描かれる。後編『月世界へ行く』では、主に発射後、砲弾に入った3人の男の体験が軸となっている。いずれも三人称で書かれている。原書の挿絵はアンリ・ド・モントーが担当した。大砲で宇宙船を打ち上げるという発想は目新しい発想ではなく、ヴェルヌ自身が知っていたかどうかは不明だが、当時、既にロケットは元寇や南北戦争等、世界各地の戦争で使用されており、これを利用する宇宙旅行の物語はシラノ・ド・ベルジュラックが著しており、ロケットよりも技術的には後退する大砲を使用して宇宙船を打ち上げる物語も1865年に刊行された『地球から月へ』よりも137年前の1728年にムルタ・マクダーモットによって『A Trip to the Moon』が刊行されていた。月世界旅行 フレッシュアイペディアより)

  • エアバッグ

    エアバッグから見たロケットロケット

    また余談ではあるがこれらの作用はロケットやジェットエンジンが推力を発生する際の、「気体や燃料を燃焼(化学反応)させ気体を噴出し、その気体の移動による反作用を推力とする」現象と同様で、ロケットやジェットエンジンは加速、エアバッグは減速だが、用いる現象は同じ「気体を高速で移動させる反作用を用いること」である。エアバッグ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッカース タイプ559

    ヴィッカース タイプ559から見たロケットロケット

    ヴィッカース・アームストロングのType 559はカナード翼を採用した斬新的なデザインであった。上下2基のアフターバーナー付きデ・ハビランド ジャイロンターボジェットエンジン用に、操縦席下面に巨大な空気取り入れ口を設けた。ジェットエンジンの両側面、丁度主翼の高さに、スペクター・ジュニアロケットエンジンが装備された。垂直尾翼は主翼両端に設けられた。2本のRed Hebeミサイルまたはブルー・ジェイミサイルが、胴体上側、カナードと主翼の中間部に装着可能であった。ヴィッカース タイプ559 フレッシュアイペディアより)

  • 無反動砲

    無反動砲から見たロケットロケット

    デイビス式無反動砲は戦間期の1930年代にアメリカで個人レベルの研究が行われ、数種の特許が申請されている。いずれも実用化されず、無反動砲が広く装備されていく中で主流にはならなかったが、第二次世界大戦後には、砕けやすい硬質プラスチックや金属の微粉末、高比重の塩水等をカウンターマスに使用することで後方危険界を縮小できるようになったものが開発される。少量の発射薬で発射し、砲口から出た後に砲弾に内蔵したロケットモーター(ブースター)で加速する方式によって砲身の小型化も実現すると、再装填の問題を考慮する必要のない使い捨ての携帯対戦車兵器に多く採用される方式となった。無反動砲 フレッシュアイペディアより)

1001件中 61 - 70件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード