1001件中 71 - 80件表示
  • GLONASS

    GLONASSから見たロケットロケット

    GLONASSの開発は1976年に始められ、全世界を1991年までにサービス範囲に収めることを目標としていた。人工衛星の打ち上げは1982年10月12日から始められ、1996年に24基全ての衛星が運用開始されるまで多数のロケットの打ち上げが行われた。完成後、ロシア経済の崩壊に伴いシステムは急速に能力を失った。GLONASS フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルナー・フォン・ブラウン

    ヴェルナー・フォン・ブラウンから見たロケットロケット

    ヴェルナー(ヴェルンヘル)・マグヌス・マクシミリアン・フライヘル(男爵)・フォン・ブラウン(Wernher Magnus Maximilian Freiherr von Braun, 1912年3月23日 - 1977年6月16日)は、工学者であり、ロケット技術開発の最初期における最重要指導者のひとりである。第二次世界大戦後にドイツからアメリカ合衆国に移住し、研究活動を行った。旧ソ連のセルゲイ・コロリョフと共に米ソの宇宙開発競争の代名詞的な人物である。ヴェルナー・フォン・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 20世紀

    20世紀から見たロケットロケット

    20世紀の人類の科学の発展は著しかった。飛行機、潜水艦、宇宙ロケットの開発により、人類の行動可能な範囲は、空へ深海へ宇宙へと拡大した。そして、北極点、南極点への到達などにより、地球上での人類未踏の地はほぼなくなった。科学の発展は産業の発展をもたらし、大量生産、大量消費の社会を生み出し、人々の生活を豊かにした反面、環境問題など多くの解決しなければならない、諸問題をも生み出した。さらに高度な科学技術は、極めて破壊力の大きい兵器をも作り出し、現在では人類を何度も滅亡させることの出来るほどの核兵器、化学兵器が存在する。20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • S-II

    S-IIから見たロケットロケット

    S-II(英語ではエス・ツーと発音される)は、アメリカ合衆国のアポロ計画で使用されたサターンV 型ロケットの、第二段ロケットである。ノース・アメリカン社製作。燃料に液体水素、酸化剤に液体酸素を使用するJ-2ロケットエンジンを5基搭載し、520トン(5MN)の推力でサターンV を大気圏上層部にまで到達させた。S-II フレッシュアイペディアより)

  • ストロベリーフライロケッツ

    ストロベリーフライロケッツから見たロケットロケット

    2002年2月、辻幸平がヴォーカルをつとめたバンド、NOAER(ノアー)脱退に伴い、新たな音楽活動をはじめるための準備をしていた。バンド名を日々考えていた所、「ストロベリーフライって言ういちごの天ぷらがあるらしい。」という言葉を耳にした。"ストロベリーフライ"という言葉にピンときたが、実在するモノでは、この先名前がカブる可能性もある!ということで、本人が好きなロケットという言葉を足して、ストロベリーフライロケッツという名前が出来上がったとのこと。ストロベリーフライロケッツ フレッシュアイペディアより)

  • ロケットプレーン

    ロケットプレーンから見たロケットロケット

    ロケットプレーン フレッシュアイペディアより)

  • アポロ27号

    アポロ27号から見たロケットロケット

    モデルの縮尺から割り出した寸法は、全長:約17.3m、全幅:約10.5mと、この種の宇宙機としては小型の部類に入る。ロケットエンジンは大型の物を胴体に1基、小型の物を胴体から十字型に張り出したエンジンポッドに各1基、計5基を有する。また、コックピットは戦闘機の様にキャノピーに覆われた状態で、機体表面に剥き出しになっている。乗員は2名で、機体左横の搭乗口から出入りする。離着陸時には通常のロケットと同様に、エンジンを下にした体制を取るが、宇宙空間を航行する際には宇宙戦闘機の様に、コックピットを上にした体制を取る。アポロ27号 フレッシュアイペディアより)

  • PMR-2機雷

    PMR-2機雷から見たロケットロケット

    敷設後は設定された深度で短係維状態となり、パッシブソナーにより目標を捜索する。目標を確認するとアクティブソナーを用いて測的を行い、缶体を目標に指向させカプセルに内挿されているロケット推進式の弾体を発射するシステムになっている。この為、真上にのみ射出するタイプに比べて攻撃範囲が大幅に広がっている。この弾体のスピードは秒速60メートル(約120ノット)以上で射程は数百メートル、浮上速度は秒速80メートルに達する。信管は感応・触発・時限式の組み合わせとなっている。PMR-2機雷 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見たロケットロケット

    「その可能性は大きい。日本はその気になれば90日以内に核爆弾を製造し、ミサイルに搭載できる技術的能力を持っている。われわれはすでに大陸間弾道弾(ICBM)水準のミサイル(ロケット)を保有しており、50トン以上のプルトニウムを備蓄している。核爆弾2,000基を製造できる分量だ。日本はすでに30〜40年前、原爆製造に必要なあらゆる実験を終えた。日本が核武装をしないのは国民情緒のためだ。9割の日本人が核兵器の開発に反対している。広島と長崎の悪夢のためだ。しかしわれわれが北朝鮮核兵器の実質的脅威を受ける状況になれば、世論は急変するはずだ」(2005年2月25日 大前研一)日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • スタビライザー

    スタビライザーから見たロケットロケット

    ジャイロ効果により姿勢を維持する安定化装置である。パッシブ型とアクティブ型がある。パッシブ型はジャイロ効果を直接利用する事で安定を維持するがアクティブ型はジャイロスコープによって得られた傾きの情報を機械的、電気的プロセスにより増幅して姿勢の制御を行う。魚雷やロケット、ミサイルの誘導等に用いられる。飛翔体の安定翼に取り付けられたローレロン(rolleron)等の例がある。スタビライザー フレッシュアイペディアより)

1001件中 71 - 80件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード