1001件中 81 - 90件表示
  • Encyclopedia Astronautica

    Encyclopedia Astronauticaから見たロケットロケット

    Encyclopedia Astronauticaは宇宙開発に関する内容のオンライン事典。ロケットや宇宙技術、宇宙飛行士、飛行記録などを包括的に集録している。Encyclopedia Astronautica フレッシュアイペディアより)

  • SLV

    SLVから見たロケットロケット

    SLVは高度400 kmに到達し、ペイロードは40 kgだった。SLVは4段式で全て固体燃料ロケットである。最初の打ち上げは1979年8月10日、ベンガル湾に面したシュリーハリコータから打ち上げられた。SLV フレッシュアイペディアより)

  • スペース・サービシス

    スペース・サービシスから見たロケットロケット

    スペース・サービシス (Space Services Inc.) は、アメリカ・テキサス州ヒューストンに本社を構える商業ロケット打ち上げ会社。スペース・サービシス フレッシュアイペディアより)

  • OAO (人工衛星)

    OAO (人工衛星)から見たロケットロケット

    OAO-Bは38インチの紫外線望遠鏡を搭載し、これまでの観測よりもかすかな天体のスペクトルを提供するはずであった。しかし1970年11月3日の打ち上げで、ロケットが衛星との分離に失敗し人工衛星は大気圏再突入した。OAO (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • アルタイル (月面着陸機)

    アルタイル (月面着陸機)から見たロケットロケット

    アルタイルはアポロの月着陸船(LM)と同様、二段式とすることが構想されていた。このうち下降段には燃料、電力、飛行士の呼吸用酸素などの消耗品の大部分が搭載され、上昇段には飛行士が搭乗し、生命維持装置、上昇用ロケットおよびその燃料などが搭載される計画だった。船室の形状はLMのような円筒形である。当初はアポロの時と同様、その角張った外観にもかかわらず円筒は横置きにされる予定だったが、後に縦置きに変更された。アポロと違うのは定員が2名から4名へと倍増していることで、飛行士が月面に滞在している間、無人のオリオン宇宙船が月周回軌道上にとどまることになっていた。アルタイル (月面着陸機) フレッシュアイペディアより)

  • 衝突回避 (宇宙開発)

    衝突回避 (宇宙開発)から見たロケットロケット

    実際にJAXAではペイロード側の条件を考慮して設定した打上げウィンドウが、飛翔中のロケットと軌道上にある有人飛翔体(ISSや宇宙船)と干渉のないことを確認している。ただしスペースデブリとの干渉については考慮していない。衝突回避 (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

  • エーグル (ロケット)

    エーグル (ロケット)から見たロケットロケット

    エーグル(Aigle)はフランスの実験用ロケット。エーグルVE10とその改良型のエーグルVE10Aが1960年代に数回打上げられ、後に弾頭に使用されたテレメトリー装置の実証試験を行った。打上げは全てアマギールで行われた。エーグル (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • アゲート (ロケット)

    アゲート (ロケット)から見たロケットロケット

    アゲート(Agate、別名: VE110)はフランスの試験用ロケット。1961年から1964年にかけて12基が打ち上げられた。アゲート (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • コスモス1

    コスモス1から見たロケットロケット

    コスモス1(GRAU Index: 65S3)はソビエト連邦のロケット。R-14ミサイルから派生し、1964年と65年の2年間に、人工衛星の打上げに8度使用された。使用されたのは一時的で、すぐにコスモス3に置き換えられた。打上げは全てバイコヌール宇宙基地のサイト41/15から行われた。コスモス1 フレッシュアイペディアより)

  • オライオン (ロケット)

    オライオン (ロケット)から見たロケットロケット

    オライオンはアメリカ合衆国の小型の研究用ロケット。全長5.60m、直径0.35m、発射重量400kg、離床時推力7kN、約80kmまで上昇できる。1974年の初打ち上げ以来、63回の打ち上げ実績を持つ (2006年現在) 。WFF製。オライオン (ロケット) フレッシュアイペディアより)

1001件中 81 - 90件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード