857件中 81 - 90件表示
  • 再使用ロケット実験

    再使用ロケット実験から見たロケットロケット

    宇宙開発が抱える問題のひとつに、地球から宇宙へ人や物を運ぶのに要する費用が莫大であることが挙げられるが、最大の原因は輸送手段であるロケットを使い捨てにしているということである。宇宙ロケットの製造費用は数十?数百億円であり、輸送費用の過半を占めている。しかし、ロケットが航空機のように帰還し、整備と燃料補給を受けて繰り返し飛行することが可能であれば、飛行1回あたりの減価償却費ははるかに安くなるため、輸送費用を劇的に安くできると考えられた。再使用ロケット実験 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学学生ロケットプロジェクト

    東海大学学生ロケットプロジェクトから見たロケットロケット

    東海大学学生ロケットプロジェクト (Tokai Student Rocket Project, TSRP) は、東海大学に存在する学生団体の1つで、自主開発したロケットの打ち上げ実験を主に行っている団体である。1995年に東海大学湘南キャンパスに発足した。SRPとも呼ばれる。東海大学学生ロケットプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • トマホーク (ロケット)

    トマホーク (ロケット)から見たロケットロケット

    トマホークは、1960年代初頭、アメリカ合衆国のサンディア国立研究所向けにサイオコール社によって開発されたロケット。TE-416の型式番号を持つ。TE-416トマホークは単独で発射することも出来るが、例えばナイキを一段目に使用したナイキ・トマホークのように他のロケットの2段目として使用することも出来る。TE-416トマホークは53 kNの推力を持ち、燃焼時間は9.5秒、直径は23cmで翼幅は93cmである。トマホーク (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • ワイルドマウンテン

    ワイルドマウンテンから見たロケットロケット

    香港サタンの奴隷生物。細長い甲羅を背負った生き物だが、下部は海中に隠れていたため、まるでロケットのように見える。ワイルドマウンテン フレッシュアイペディアより)

  • ふるーつメイド

    ふるーつメイドから見たロケットロケット

    林檎の代理用として蜜柑が作ったロボット。姿は林檎そのものに、黒い猫耳センサーが付いている。服装は某ファミレス制服によく似たコスチュームである。性格は林檎とは違い、素直で無口。語尾に「ニャー」をつける。林檎の好きな対象にひっつく習性がある。脚部のロケットジェットで空を飛ぶことも出来る。連載では一度登場したきりだったが、単行本第1巻描きおろしにも登場、実はその後も一成らと生活をしているらしい。ふるーつメイド フレッシュアイペディアより)

  • M2-F2

    M2-F2から見たロケットロケット

    M2-F2は、1960年代半ばにNASAのエームズ研究所とラングレー研究所の研究に基づいて製作されたリフティングボディ機である。機体の製造はノースロップによって行われ、1966年に完成した。本機は半木製グライダーであったM2-F1の後継機であり、名称もそれにちなんでいるが、機体は全金属化されて強力なロケットを搭載していた。試験中の事故によって大きく破損するものの、その後M2-F3として改修され再び試験に供されることとなる。M2-F2 フレッシュアイペディアより)

  • M2-F1

    M2-F1から見たロケットロケット

    M2-F1は、翼に依らずに胴体で揚力を得るというリフティングボディのコンセプトに基づき、1960年代から70年代にかけてNASAが試作した実験用航空機群の第1号である。1962年にNASAのドライデン飛行研究所が軽量で動力のない航空機(グライダー)として本機の製作を開始し、翌1963年に完成した。自動車による牽引飛行試験を経て、最終的に小出力ロケットを搭載して輸送機による曳航・滑空試験が行われた。機体は鋼製フレームに合板を外皮として張り付けた構造をしており、卵を縦半分に切ったような奇異な形状とそのサイズから「フライング・バスタブ」(flying bathtub、”空飛ぶ浴槽”の意)と呼ばれた。名称の”M”は「有人」(manned)、”F”は「飛行」(flight)を意味しており、F以降の数字が機体番号を示し、後継機としてM2-F2やM2-F3が開発されている。M2-F1 フレッシュアイペディアより)

  • 一液式ロケット

    一液式ロケットから見たロケットロケット

    一液式ロケットまたはモノプロペラントロケット(英: Monopropellant rocket)とは、単一の化学物質を燃料に使用するロケットである。一液式ロケットは化学反応に依存し、反応によって推力を生み出す。推進剤を構成する化学物質の分子の化学結合が解き放たれることにより結合エネルギーに相当するエネルギーが解放され、高温のガスが噴出する事によりその反動で推進する。その特性上推進剤を構成する化学物質は化学的に不安定な物が多く、熱や光、金属等によって容易に分解し、その分解反応は連鎖的に波及する。一液式ロケット フレッシュアイペディアより)

  • シーローンチ・コマンダー

    シーローンチ・コマンダーから見たロケットロケット

    シーローンチ・コマンダー(Sea Launch Commander)はシーローンチの海上ロケット打ち上げ司令船である。スコットランドのグラスゴーでアーカー・クバナーによって建造された。母港はカリフォルニア州ロングビーチ。シーローンチ・コマンダー フレッシュアイペディアより)

  • カワイ・ムーンサルト

    カワイ・ムーンサルトから見たロケットロケット

    1970年代はアポロ11号の月面着陸等、宇宙開発が進められた時代であったため、ギターのコンセプトは「宇宙」と定められ、そのコンセプトに沿ったデザインが行われた。デザインには人間工学を盛り込み、ボディが「三日月」、ヘッドの形状が「星」、ポジションマークが「満ち欠けする月」、トラスロッドカバーは「ロケット」のデザインが用いられたさらにヘッド部分のインレイには三日月と星をあしらい、「KAWAI」のロゴも特別な書体のものを用いている。カワイ・ムーンサルト フレッシュアイペディアより)

857件中 81 - 90件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード