209件中 11 - 20件表示
  • ロケット

    ロケットから見た航空法

    日本国内では航空法に基づき、ロケットを打ち上げる空域によっては、打ち上げる事が禁止される場合、または打ち上げる場合に事前に国土交通大臣への届出が必要な場合がある。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た天体観測

    他に無重力実験や各種実験、天体観測用の試験装置を搭載したロケットが打ち上げられる場合もある。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た

    ナチス・ドイツの崩壊前後、V2の開発に関わった人材の多くがアメリカに亡命した(ペーパークリップ作戦)。またこの混乱期にソ連もV2の技術を接収していた。冷戦に入り、1958年にソ連がスプートニクロケットによって世界初の人工衛星を打ち上げたことでスプートニク・ショックが起き、宇宙開発競争が始まる。1961年にはソ連がボストークロケットによりユーリイ・ガガーリンが搭乗したボストークの打ち上げを成功させ、世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた。一方、1969年にはアメリカがサターンV 型ロケットによりアポロ11号を打ち上げて世界で初めて人類をに到達させた。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たカーナビゲーションシステム

    また、GPS衛星の打ち上げ後は比較的正確な位置測定の手段としてカーナビゲーションシステムなどに応用され、宇宙ロケット関連技術は現代人の生活を支えるために欠かせない。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たティープー・スルタン

    1792年にはインドのマイソール王国の王子であるティープー・スルタンによって対英国、東インド会社とのマイソール戦争で鉄製のロケットが成功裏に使用された。英国は興味を持ち、19世紀までに開発した。開発の中心人物はウィリアム・コングリーヴであった。1814年の米国におけるボルティモアの戦いでは英国艦エレバス(HMS Erebus)からフォートマクヘンリーにむけてロケットが発射され、観戦していた弁護士フランシス・スコット・キーによってアメリカの国歌星条旗に歌われるに至った。同様に1815年のワーテルローの戦いでも使用された。(→コングリーヴ・ロケット)ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たスパイ

    冷戦以後はアメリカとロシアの宇宙船は宇宙空間でドッキングを行ったり、協力して国際宇宙ステーションの建設にあたるなど宇宙開発や惑星・衛星探索への利用が進んだ。また、軍事や情報における利用価値が認知され、現在に至るまで国家機密に属する非常に重要な技術として取り扱われている。特に偵察衛星の打ち上げは諜報活動において革新的な出来事であり、これまで諜報員や偵察機を送り込んで危険を覚悟で行ってきた諜報活動のリスクを大幅に削減する成果をあげた。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た核兵器

    原子力ロケットは、推進剤を原子炉で加熱して噴射するもの、ロケットの後方で核爆弾を爆発させて推進力を得るもの(パルス推進)など複数の種類があるが、安全性の問題はもちろん、核兵器の宇宙空間への持ちこみを禁じた宇宙条約や宇宙空間での核爆発を禁止する部分的核実験禁止条約の制限により実用化されていない。オリオン計画やダイダロス計画といった構想が知られる。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た欧州宇宙機関

    このリストは、自国が開発したローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)で人工衛星を軌道上に到達させる能力を有したことがある国のリストである。多くの国は人工衛星を設計・製造する能力を有するが、自国が開発した打ち上げ機で人工衛星を打ち上げることができる国は、2012年12月時点で太字で示した9カ国(ロシア、ウクライナ、アメリカ、日本、中国、インド、イスラエル、イラン、北朝鮮)と1機関(欧州宇宙機関(ESA))のみであり、大多数の国々はこれら少数の国と機関に打ち上げ業務を依存することになる。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たエネルギー

    ロケットの方式で良く知られているものとしては、その使用するエネルギー源から分類して、化学ロケット、電気ロケット、原子力ロケットがある。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たH-IIA

    初期には常温保存が可能なヒドラジン(燃料)と四酸化二窒素(酸化剤)、ケロシン(燃料)と液体酸素(酸化剤・極低温)、などが用いられたが、最近はより高い比推力が得られる液体水素(燃料)と液体酸素(酸化剤)の組み合わせが、各国の基幹ロケットの主流となっている(アメリカのスペースシャトル、ヨーロッパのアリアン5、日本のH-IIAなど)。ロケット フレッシュアイペディアより)

209件中 11 - 20件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード