209件中 71 - 80件表示
  • ロケット

    ロケットから見たブラジル

    ブラジルは1997年と1999年と2003年にVLS-1で人工衛星の打ち上げを試みたが失敗した。2018年の最初の衛星の打ち上げを目指している。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たスペースシップワン

    ハイブリッドロケットは、化学ロケットの一種で、燃料と酸化剤がそれぞれ異なる相をもったロケットである。一般的には、固体の燃料と液体の酸化剤が用いられる。固体燃料ロケットの特徴である構造の簡易性と液体燃料ロケットの特徴である推力調整を可能とするが、同時に固体燃料ロケットと液体燃料ロケットの両方の欠点も併せ持つ。このため長らく実用化を見なかったが、スペースシップワンではハイブリッド・ロケットエンジンが採用された。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た要撃機

    飛行機への適用としては、1928年6月11日にFritz Stamerの操縦によりLippisch Enteが飛行し、1929年9月30日に"ロケットフリッツ"("Rocket Fritz")の異名を持つフリッツ・フォン・オペルの操縦によりOpel RAK.1が飛行に成功、その後、第二次大戦前夜の1939年6月20日にErich Warsitzの操縦により液体燃料ロケットエンジンを搭載したHe 176が飛行に成功して、第2次世界大戦末期に盛んな研究・開発がなされたが、その典型例がナチスドイツの迎撃戦闘機Me163といえる。Me163 は推力1,700kgのヴァルターロケット1基により亜音速飛行を実現した。この戦闘機を参考に日本でも類似した局地戦闘機「秋水」が試作されたが、試験飛行中に墜落して終わった。ソビエトでは1942年にBI-1が飛行した。他にもミグI-270、DFS 40、DFS 194等があった。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た宇宙科学

    1960年代から1970年代までに日本、欧州、中国も人工衛星の打ち上げに成功し、世界の宇宙開発のプレイヤーはソ連(後のロシア)とアメリカと合わせて5極体制となった。日欧が先進的な宇宙探査機や人工衛星を打ち上げて宇宙科学分野で実績を積み上げていった一方、中国は1990年代以降に有人宇宙開発と宇宙の軍事利用に邁進し、2003年に長征2号Fにより神舟5号の打ち上げに成功し、ソ連とアメリカに次いで世界で3番目となる有人宇宙飛行に成功した。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たフォートマクヘンリー

    1792年にはインドのマイソール王国の王子であるティープー・スルタンによって対英国、東インド会社とのマイソール戦争で鉄製のロケットが成功裏に使用された。英国は興味を持ち、19世紀までに開発した。開発の中心人物はウィリアム・コングリーヴであった。1814年の米国におけるボルティモアの戦いでは英国艦エレバス(HMS Erebus)からフォートマクヘンリーにむけてロケットが発射され、観戦していた弁護士フランシス・スコット・キーによってアメリカの国歌星条旗に歌われるに至った。同様に1815年のワーテルローの戦いでも使用された。(→コングリーヴ・ロケット)ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たゼロ距離発進

    しかし、その後も宇宙ロケットと構造が類似している弾道ミサイルには液体燃料ロケットが採用され、瞬発力と大推力を有する固体燃料ロケットは弾道ミサイルのほか、前述の通り短射程のミサイルや気象観測、無重力実験、射出座席やゼロ距離発進、MLRS、無反動砲等にも多用されている。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た射出座席

    しかし、その後も宇宙ロケットと構造が類似している弾道ミサイルには液体燃料ロケットが採用され、瞬発力と大推力を有する固体燃料ロケットは弾道ミサイルのほか、前述の通り短射程のミサイルや気象観測、無重力実験、射出座席やゼロ距離発進、MLRS、無反動砲等にも多用されている。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たスペースプレーン

    再使用型宇宙往還機、単段式宇宙輸送機、スペースプレーンの開発が各国で進行中である。スペースシャトルやブラン等一部が成功した。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たHSST

    またロケットスレッドや1975年に水蒸気ロケットを用いたドイツの磁気浮上式鉄道KOMET(Komponentenmeßtrager)による401.3km/hの記録の樹立や1978年には固体燃料ロケットを搭載したHSST-01による307.8km/hの達成等で使用された。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た宇宙空間

    原理上、真空中でも推力を得ることができるため、主に宇宙空間での移動手段として使われている。また、ミサイルの動力として軍事的に利用される場合も多い。ロケット フレッシュアイペディアより)

209件中 71 - 80件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード