234件中 81 - 90件表示
  • ロケット

    ロケットから見たゼロ距離発進

    しかし、その後も宇宙ロケットと構造が類似している弾道ミサイルには液体燃料ロケットが採用され、瞬発力と大推力を有する固体燃料ロケットは弾道ミサイルのほか、前述の通り短射程のミサイルや気象観測、無重力実験、射出座席やゼロ距離発進、MLRS、無反動砲等にも多用されている。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た射出座席

    しかし、その後も宇宙ロケットと構造が類似している弾道ミサイルには液体燃料ロケットが採用され、瞬発力と大推力を有する固体燃料ロケットは弾道ミサイルのほか、前述の通り短射程のミサイルや気象観測、無重力実験、射出座席やゼロ距離発進、MLRS、無反動砲等にも多用されている。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たスペースプレーン

    再使用型宇宙往還機、単段式宇宙輸送機、スペースプレーンの開発が各国で進行中である。スペースシャトルやブラン等一部が成功した。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たHSST

    またロケットスレッドや1975年に水蒸気ロケットを用いたドイツの磁気浮上式鉄道KOMET(Komponentenmeßtrager)による401.3km/hの記録の樹立や1978年には固体燃料ロケットを搭載したHSST-01による307.8km/hの達成等で使用された。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た宇宙空間

    狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た軌道エレベータ

    また、ロケットを使わない静止軌道までの運搬方法として軌道エレベータなどが実際に検討されている。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たアヴス

    比較的簡易な構造で急加速、高速が出せるので、1928年5月23日にベルリン郊外のアヴスサーキットでフリッツ・フォン・オペルの運転によりOpel RAK2が時速238kmの世界記録を樹立したり、その後もブルー・フレーム、Budweiser Rocket等、ロケットエンジンを動力とする自動車が速度記録に挑んでいる。但し、ロケットエンジンの作動時間は限られているので近年の自動車の速度記録では推力の持続するジェットエンジンを動力とする車両が記録を樹立している。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た国家機密

    冷戦以後はアメリカとロシアの宇宙船は宇宙空間でドッキングを行ったり、協力して国際宇宙ステーションの建設にあたるなど宇宙開発や惑星・衛星探索への利用が進んだ。また、軍事や情報における利用価値が認知され、現在に至るまで国家機密に属する非常に重要な技術として取り扱われている。特に偵察衛星の打ち上げは諜報活動において革新的な出来事であり、これまで諜報員や偵察機を送り込んで危険を覚悟で行ってきた諜報活動のリスクを大幅に削減する成果をあげた。ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見たEncyclopedia Astronautica

    Encyclopedia Astronautica - Rocket and Missile Alphabetical Indexロケット フレッシュアイペディアより)

  • ロケット

    ロケットから見た宇宙開発競争

    ナチス・ドイツの崩壊前後、V2の開発に関わった人材の多くがアメリカに亡命した(ペーパークリップ作戦)。またこの混乱期にソ連もV2の技術を接収していた。冷戦に入り、1958年にソ連がスプートニクロケットによって世界初の人工衛星を打ち上げたことでスプートニク・ショックが起き、宇宙開発競争が始まる。1961年にはソ連がボストークロケットによりユーリイ・ガガーリンが搭乗したボストークの打ち上げを成功させ、世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた。一方、1969年にはアメリカがサターンV 型ロケットによりアポロ11号を打ち上げて世界で初めて人類を月に到達させた。ロケット フレッシュアイペディアより)

234件中 81 - 90件表示

「宇宙ロケット」のニューストピックワード