前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • あかつき (探査機)

    あかつき (探査機)から見たIKAROSIKAROS

    計画が提案された時点では、2007年2月から4月頃にM-Vロケットによって打ち上げられ、いったん地球周回軌道に乗ったのち6月に太陽周回軌道へ投入され、1年後の2008年6月に地球スイングバイを行って金星へ向かい、2009年9月に金星へ到着することになっていた。しかし2010年の打ち上げとなり、更に新型固体ロケット開発に伴うM-Vロケットの運用中止に伴い、H-IIAロケット17号機による打ち上げに変更された。探査機本体とロケットとの結合部はM-Vロケットの直径に合わせて作られていたため、H-IIAロケット用のアダプタが新たに製作された。また、H-IIAロケットの打ち上げ能力からすると当機は軽量のため、ペイロード能力の余剰を有効利用するため、5つの小型副衛星(IKAROS、UNITEC-1、WASEDA-SAT2、KSAT、Negai☆″)が相乗りで打ち上げられた。上記のアダプタ内に収納する形でIKAROSを、その外部にUNITEC-1とJ-POD(JAXA Picosatellite deployer)と呼ばれるケースにWASEDA-SAT2、KSAT、Negai☆″を格納し搭載された。あかつきの開発費用は146億円。あかつき (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽帆

    太陽帆から見たIKAROSIKAROS

    20世紀初頭の起想より、長らく「SFに描かれる未来の技術」という存在であったが、2010年7月9日、日本の宇宙開発機関JAXAの打ち上げた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」において、史上初の太陽帆航行が確認された。太陽帆 フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ (探査機)

    はやぶさ (探査機)から見たIKAROSIKAROS

    打ち上げ後2年を経て2005年11月12日に探査機から分離されたが、分離時に探査機が上昇中であったため、イトカワに着陸することはできず、史上最小の人工惑星となった(後にIKAROSのDCAM2により更新)。分離後の状態は良好であり、探査機の太陽電池パネルを撮影した他、通信可能限界距離を越え通信が途絶するまで18時間に渡ってデータを送信し続けた。はやぶさ (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽帆船

    太陽帆船から見たIKAROSIKAROS

    2010年6月:日本の小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSが太陽帆の展開に成功。太陽帆船 フレッシュアイペディアより)

  • 森治

    森治から見たIKAROSIKAROS

    これまでに、小惑星探査機「はやぶさ」や光子セイル推進による世界初の惑星間航行宇宙探査機「IKAROS」の運用、M-Vロケットの打ち上げ、「S-310観測ロケット」実験や大気球実験などのプロジェクトに携わる。「はやぶさ」プロジェクトではスーパーバイザー及び化学推進系を担当し、「IKAROS」プロジェクトでは開発責任者・プロジェクトマネージャーを担当した。「はやぶさ」においては、化学推進系担当としてイトカワ着陸後に発生した燃料漏れの原因を究明し、新たな燃料漏れを防止するための対策を実行した。また「IKAROS」においては、技術開発並びに全てのミッションの成功により、同プロジェクトチームの横田力男(膜面開発担当)、澤田弘崇(セイル展開ミッション担当)と共にチームリーダーとして『科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)』に選ばれた。なお、澤田は東工大機械宇宙学科の同研究室の後輩である。森治 フレッシュアイペディアより)

  • ひてん

    ひてんから見たIKAROSIKAROS

    IKAROS - 旧仮称「MUSES-D」(木星圏ソーラー電力セイル)からプリプロジェクトとして分離した小型実証機ひてん フレッシュアイペディアより)

  • LUNAR-A

    LUNAR-Aから見たIKAROSIKAROS

    IKAROS LUNAR-A母船の部品を流用LUNAR-A フレッシュアイペディアより)

  • 川口淳一郎

    川口淳一郎から見たIKAROSIKAROS

    ISASにおいて「さきがけ」「すいせい」「ひてん」「GEOTAIL」「のぞみ」「はやぶさ」「IKAROS」などの科学衛星ミッションに携わり、「はやぶさ」ではプロジェクトマネージャーを務めていた。川口淳一郎 フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ2

    はやぶさ2から見たIKAROSIKAROS

    その後ヴェガロケットの調達が困難となり、打ち上げ時期も2014年以降にずれ込む見通しとなった。このため予算を次の5か年計画から捻出せねばならなくなり、ロケットの予算を他国に頼るという方向性も再検討されることになった。ただし惑星探査の予算が圧迫されている状況に変わりはなかった。2009年7月のJAXA相模原の一般公開においては、500kgクラスのはやぶさ2に加え、300kgクラスの衝突機を同時に打ち上げる2機構成案が示された。この案ではPLANET-C (500kg) + IKAROS (300kg) と同様のH-IIAの打ち上げ能力が想定されている。その後、2010年になると上記のように衝突体を小型化した新しい計画が示された。はやぶさ2 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の宇宙飛行

    2010年の宇宙飛行から見たIKAROSIKAROS

    五月、日本初の金星探査機あかつきをのせたH-2Aロケットが打ち上げられた。成功裡に終わった打ち上げにもかかわらず、12月7日午前中、探査機は金星周回軌道投入マヌーバに失敗した。この探査機はスーパーローテーションをはじめとする金星の気象メカニズムに残された謎を解明することを目的として作られたものである。世界初のソーラー電力セイル実証機、IKAROSはあかつきと同じロケットで打ち上げられた。2010年の宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「宇宙帆船「イカロス」」のニューストピックワード