26件中 11 - 20件表示
  • GEOTAIL

    GEOTAILから見たIKAROSIKAROS

    なお本衛星はJAXAで地球観測衛星に分類されてはいるものの、ひてんと同様のかなり高い軌道を飛行している。そのため運用面では月・惑星探査機と同様に扱われており、2010年現在はあかつき・IKAROS(6月13日までははやぶさも)と一緒にISAS/JAXA相模原の深宇宙管制センターで運用されている。GEOTAIL フレッシュアイペディアより)

  • PLANET計画

    PLANET計画から見たIKAROSIKAROS

    小型ソーラー電力セイル実証機『IKAROSPLANET計画 フレッシュアイペディアより)

  • アジアの宇宙競争

    アジアの宇宙競争から見たIKAROSIKAROS

    探査機を使った日本の主な科学的成果はさきがけ・すいせいによる彗星や、はやぶさによる小惑星といった小天体に限られる。日本で初めての惑星探査は1998年に打ち上げられた火星探査機のぞみによるものだが、火星に到達する前に通信が途絶してしまった。2010年には金星探査機あかつきを打ち上げたが、これも金星上空に到達したものの周回軌道への投入には失敗。2016年頃の再投入が可能であるか検討が続けられている。もしこれに成功すれば日本はアジア初、世界でも4番目の「金星周回機」所持国・機関となる。2014年には欧州宇宙機関と共同で水星探査機ベピ・コロンボを打ち上げる予定であり、成功すればアジア初、世界でも2/3番目の「水星周回機」所持国・機関となる。のぞみに次ぐ火星探査計画MELOSも検討中である。また、日本はイオンエンジンを搭載したはやぶさや、あかつきと同時に打ち上げた小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSによって、化学燃料ロケットによるものとはまったく異なる惑星間航行技術を習得しつつあり、はやぶさは世界初の月以遠の天体との往復航行、IKAROSは世界初のソーラーセイルによる惑星間航行を達成している。将来的にはソーラー電力セイルとイオンエンジンの両方を利用した木星・トロヤ群探査も構想されている。アジアの宇宙競争 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星・宇宙探査機の年表

    人工衛星・宇宙探査機の年表から見たIKAROSIKAROS

    2010年 - - 金星 - IKAROS - 成功 - ソーラーセイルを主推進とする世界初の宇宙機人工衛星・宇宙探査機の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 放射圧

    放射圧から見たIKAROSIKAROS

    2010年にJAXAで打ち上げたIKAROSは世界初のソーラーセイル実証機となった。放射圧 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力電池

    原子力電池から見たIKAROSIKAROS

    2011年に打ち上げられた木星探査機ジュノーは、木星以遠を目指す探査機として初めて原子力電池を使用せず、代わりに大型の太陽電池を搭載した。また、JAXAが2018年の打ち上げを目指している木星圏トロヤ群探査(IKAROSの後継計画)でも、太陽電池による木星圏探査が構想されている。原子力電池 フレッシュアイペディアより)

  • ポリイミド

    ポリイミドから見たIKAROSIKAROS

    また、極めて軽量かつ過酷な環境に強いという物理的性質から、2010年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた、宇宙ヨットと呼ばれる小型ソーラー電力セイル実証機であるIKAROSの太陽帆としても採用された。ポリイミド フレッシュアイペディアより)

  • そらのおとしもの

    そらのおとしものから見たIKAROSIKAROS

    アニメ第2期6話のエンディングにてクイズの答えを調べるために宇宙へ行った際、日本の打ち上げた同名の技術実証機であるイカロスと対面し、その姿を写真に収めた。そらのおとしもの フレッシュアイペディアより)

  • 5月21日

    5月21日から見たIKAROSIKAROS

    2010年 - 宇宙航空研究開発機構が金星探査機「あかつき」・小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」を打上げ。5月21日 フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ミサイル技術の年表

    ロケット・ミサイル技術の年表から見たIKAROSIKAROS

    2010年5月21日 - 、金星探査機あかつきと小型ソーラー電力セイル実証機IKAROS打ち上げ。ロケット・ミサイル技術の年表 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示