1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見たIKAROSIKAROS

    IKAROSなどの技術を応用し、木星圏を探査する計画。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 放射圧

    放射圧から見たIKAROSIKAROS

    宇宙機の推進機構の一種として提案されているソーラーセイルは太陽からの放射圧を動力として用いる。2005年に惑星協会によって打ち上げられたコスモス1号はソーラーセイルを搭載していた(打ち上げは失敗に終わっている)。2010年にJAXAで打ち上げたIKAROSは世界初のソーラーセイル実証機となった。放射圧 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力電池

    原子力電池から見たIKAROSIKAROS

    2011年に打ち上げられた木星探査機ジュノーは、木星以遠を目指す探査機として初めて原子力電池を使用せず、代わりに大型の太陽電池を搭載した。また、JAXAが構想している木星圏トロヤ群探査も、IKAROSの後継計画としてソーラー電力セイルという形での太陽電池による木星圏探査計画である。原子力電池 フレッシュアイペディアより)

  • 5月21日

    5月21日から見たIKAROSIKAROS

    2010年 - 宇宙航空研究開発機構が金星探査機「あかつき」・小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」を打上げ。5月21日 フレッシュアイペディアより)

  • イーカロス

    イーカロスから見たIKAROSIKAROS

    IKAROS - 小型ソーラー電力セイル実証機。イーカロスにちなんで名付けられた。イーカロス フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙航空研究開発機構

    宇宙航空研究開発機構から見たIKAROSIKAROS

    前身の ISAS が2003年(平成15年)に打ち上げたはやぶさは2010年(平成22年)に地球に帰還し、小惑星からのサンプルリターンを世界で初めて成功させ、2008年7月と2011年8月にサイエンス誌で『はやぶさ特集号』が刊行された。また同2010年に打ち上げたIKAROSは宇宙空間での太陽帆航行を世界で初めて成功させた。世界初の成果を得た「はやぶさ」と「IKAROS」はギネスブックに登録された。宇宙航空研究開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • 青島文化教材社

    青島文化教材社から見たIKAROSIKAROS

    No.3 ノンスケール あかつき (探査機)&IKAROS(イカロス) 青島文化教材社 フレッシュアイペディアより)

  • 間宮 くるみ

    間宮くるみから見たIKAROSIKAROS

    イカロス君のうた - JAXA 〜翼を広げて〜IKAROS専門チャンネル間宮くるみ フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ2

    はやぶさ2から見たIKAROSIKAROS

    その後ヴェガロケットの調達が困難となり、打ち上げ時期も2014年以降にずれ込む見通しとなった。このため予算を次の5か年計画から捻出せねばならなくなり、ロケットの予算を他国に頼るという方向性も再検討されることになった。ただし惑星探査の予算が圧迫されている状況に変わりはなかった。2009年7月のJAXA相模原の一般公開においては、500kgクラスのはやぶさ2に加え、300kgクラスの衝突機を同時に打ち上げる2機構成案が示された。この案ではPLANET-C (500kg) + IKAROS (300kg) と同様のH-IIAの打ち上げ能力が想定されている。2010年には衝突体を小型化した新しい計画が示された。はやぶさ2 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「宇宙帆船「イカロス」」のニューストピックワード