宇宙探査機 ニュース&Wiki etc.

宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、地球以外の天体を探査する目的で宇宙に放出された無人の人工物体(探査機)である。宇宙に存在する、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者も… (出典:Wikipedia)

「宇宙探査機」Q&A

  • Q&A

    大学 学部 理系です。学部選びに悩んでいます。 自分は天文関係に興味があるのですが…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月4日 22:56

  • Q&A

    第2宇宙速度はマッハ33ですが、探査機とかって地球上でマッハ33以上の速度になってい…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月23日 22:59

  • Q&A

    下の本は米澤穂信さんが折木奉太郎の本棚にある本と言っていた本です。米澤さんはこの中に…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 14:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「宇宙探査機」のつながり調べ

  • 2010 KQ

    2010 KQから見た宇宙探査機

    2010 KQ の絶対等級は28.9で、これは数メートル級の天体に相当する。また、観測されたスペクトルはどの小惑星のスペクトル型にも属さない特異なものだったことから、2010 KQ は天然の天体ではなく、宇宙探査機を地球の重力圏から脱出させるのに用いられたロケットの上部ステージである可能性が高いとされている。リチャード・マイルズは、2010 KQ は1974年10月28日にソ連の月探査機ルナ23号の打ち上げに使用されたプロトンロケットの第4段だと考えている。(2010 KQ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙機関

    宇宙機関から見た宇宙探査機

    宇宙開発は多大の予算・人員・機材を必要とし、また高度な科学技術を必要とする。そのため、宇宙開発の初期段階においては政府系宇宙機関のみが、それを行っていた。技術発展や資本の発達により、民間企業でも商業衛星の打上げを行うようになってきている。高い安全性が求められる有人宇宙飛行は限られた宇宙機関のみが実施できるものままであり、宇宙探査機などの科学衛星、偵察衛星などの軍事衛星は、宇宙機関が打上げなどを請け負っている。宇宙開発には多大な費用が必要なこともあり、国際的な連携も深まっている。(宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

「宇宙探査機」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「宇宙探査機」のニューストピックワード