275件中 91 - 100件表示
  • 川勝康弘

    川勝康弘から見た宇宙探査機宇宙探査機

    宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所において、月周回衛星「かぐや」、赤外線天文衛星「あかり」の開発・運用のプロジェクトに加わった。現在、金星探査機「あかつき」の開発のプロジェクトに加わっている。また、将来の宇宙探査機、次期小惑星探査機「はやぶさ2」や次期月探査機「SELENE-2」などのミッション・軌道計画、システム検討に携わっている。川勝康弘 フレッシュアイペディアより)

  • パイオニア0号

    パイオニア0号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    パイオニア0号(Pioneer 0)は、国際地球観測年の一環として、テレビカメラ、流星塵検出器、磁気センサを積んで月の軌道への投入を目的としたが失敗したアメリカ合衆国の宇宙探査機である。パイオニア計画の最初の衛星としてアメリカ空軍が設計し、地球の軌道を抜ける最初の試みの1つとなったが、打上げ直後にロケットが故障した。パイオニア(またはパイオニア1号)と呼ばれることになっていたが、失敗したため、パイオニア0号と呼ばれるようになった。パイオニア0号 フレッシュアイペディアより)

  • 月面着陸

    月面着陸から見た惑星探査機宇宙探査機

    アメリカ合衆国は、月へ無人惑星探査機を送るパイオニア計画を打ち出す。しかしながら、異なった3機の探査機発射ロケットに付随した3種のデザインによる惑星探査機は10回の試み全てが失敗に終わった。月面着陸 フレッシュアイペディアより)

  • ルナ・プロスペクター

    ルナ・プロスペクターから見た宇宙探査機宇宙探査機

    ルナ・プロスペクター (Lunar Prospector) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の一環として1998年から1999年にかけて行われた月探査ミッション、およびその探査機の名前である。計画の管理運営はエイムズ研究センターが担当した。ルナ・プロスペクター フレッシュアイペディアより)

  • ランデブー (宇宙開発)

    ランデブー (宇宙開発)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ランデブーまたはランデヴー (rendez-vous) とは、宇宙空間において2機以上の宇宙船、または宇宙船と宇宙ステーションなどが速度を合わせ、同一の軌道を飛行し、互いに接近する操作のことである。両者が結合するドッキング操作を含める場合も、含めない場合もある。また、宇宙探査機が小惑星などに速度を合わせ、同一の軌道を飛行することもランデブーと呼ぶことがある。ランデブー (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

  • パイオニア1号

    パイオニア1号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    パイオニア1号(Pioneer 1)は、1958年10月11日に、新しく設立されたばかりであったアメリカ航空宇宙局によって打ち上げられた最初の宇宙探査機である。この飛行は、ソー・エイブルによる3度の打上げの2度目で最も成功したものとなった。パイオニア1号 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発

    宇宙開発から見た惑星探査機宇宙探査機

    宇宙開発競争では、当初はソ連が大きくリードし、有人宇宙飛行や月・惑星への探査機着陸など、世界初の偉業をことごとく独占した。しかし、有人月面着陸ではアメリカのアポロ計画が先行した。アポロ計画は巨額の資金が必要であり、政治家などから多くの反対を受けたが、世論の強い支持を得て計画は推進された。1969年7月20日にはアポロ11号が世界初の有人月面着陸に成功し、宇宙開発競争は頂点を迎えた。以後は米ソデタント、米ソ以外の宇宙開発参入、世論の注目の薄れなどから米ソ間の競争は緩やかになっていき、1975年の米ソ共同によるアポロ・ソユーズテスト計画で終結を迎えた。宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ1号

    ベガ1号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ベガ1号(Vega 1)は、ソビエト連邦のベガ計画で用いられた宇宙探査機である。以前のベネラ計画の探査機を改良してBabakin Space Centerで設計され、5VKとしてLavochkinで製造された。ベガ1号 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ2号

    ベガ2号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ベガ2号(Vega 2)は、ソビエト連邦のベガ計画で用いられた宇宙探査機である。以前のベネラ計画の探査機を改良してBabakin Space Centerで設計され、5VKとしてLavochkinで製造された。ベガ2号 フレッシュアイペディアより)

  • スプートニク7号

    スプートニク7号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    スプートニク7号(ロシア語:、ラテン文字表記の例:Sputnik 7)は1961年にソビエト連邦によって打ち上げられた金星探査機。世界で初めて金星を探査する目的で打ち上げられた宇宙機だったが、ロケットの不調により金星へ向かうことができなかった。ベネラの名前が与えられていないがベネラ計画の機体である。準同型機として8日後に打ち上げられたベネラ1号がある。スプートニク7号 フレッシュアイペディアより)

275件中 91 - 100件表示