331件中 101 - 110件表示
  • 人工衛星・宇宙探査機の年表

    人工衛星・宇宙探査機の年表から見た宇宙探査機宇宙探査機

    人工衛星・宇宙探査機の年表(英: Timeline of artificial satellites and space probes)では、工学実験機、観測衛星、宇宙探査機、惑星探査機を含めた無人の人工衛星と宇宙探査機の年表を記述する。また、その国にとって初の人工衛星は年表に含むようにした。人工衛星・宇宙探査機の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 放射性同位体熱電気転換器

    放射性同位体熱電気転換器から見た宇宙探査機宇宙探査機

    RTGは、人工衛星、宇宙探査機、ソビエト連邦が北極圏に設置した灯台のような遠隔無人装置の電源として用いられる。燃料電池や蓄電池では賄えないような長い期間に渡って数百ワット以下の電力を必要とする無人の状況であり、太陽電池の設置ができない場合には、RTGが設置されることが多い。放射性同位体熱電気転換器 フレッシュアイペディアより)

  • SLIM

    SLIMから見た宇宙探査機宇宙探査機

    SLIM(Smart Lander for Investigating Moon)とは、JAXAが計画している日本の無人月面探査機・着陸機。2019年の打ち上げを目指す。SLIM フレッシュアイペディアより)

  • プンガ海

    プンガ海から見た宇宙探査機宇宙探査機

    2007年に土星探査機カッシーニによって発見され、2008年にプンガ海と名づけられた。名前はマオリ神話に登場するサメ、エイとトカゲの先祖・海神プンガに由来する。プンガ海 フレッシュアイペディアより)

  • 森治

    森治から見た宇宙探査機宇宙探査機

    これまでに、小惑星探査機「はやぶさ」や光子セイル推進による世界初の惑星間航行宇宙探査機「IKAROS」の運用、M-Vロケットの打ち上げ、「S-310観測ロケット」実験や大気球実験などのプロジェクトに携わる。「はやぶさ」プロジェクトではスーパーバイザー及び化学推進系を担当し、「IKAROS」プロジェクトでは開発責任者・プロジェクトマネージャーを担当した。「はやぶさ」においては、化学推進系担当としてイトカワ着陸後に発生した燃料漏れの原因を究明し、新たな燃料漏れを防止するための対策を実行した。また「IKAROS」においては、技術開発並びに全てのミッションの成功により、同プロジェクトチームの横田力男(膜面開発担当)、澤田弘崇(セイル展開ミッション担当)と共にチームリーダーとして『科学技術への顕著な貢献2010(ナイスステップな研究者)』に選ばれた。なお、澤田は東工大機械宇宙学科の同研究室の後輩である。森治 フレッシュアイペディアより)

  • 修正ニュートン力学

    修正ニュートン力学から見た惑星探査機宇宙探査機

    1998年以降、銀河の観測とは別の方向からより直接に MOND 説を強化する証拠となりうる観測事実が報告された。 太陽系からはじめて脱出することになった惑星探査機パイオニア10号と11号の速度が予測よりも有意に減少していることが報告され、太陽に向かった未知の力が働いているものとして解釈できることが示された。 この現象はパイオニア・アノマリーと呼ばれ、その原因がさまざまに議論されているが現在もなお未解明である。 もし MOND が主張するように、相互作用が非常に弱い場合、重力が従来信じられていたものよりも相対的に強いとすれば、それはパイオニア・アノマリーに対するひとつの説明となりうる。修正ニュートン力学 フレッシュアイペディアより)

  • 深惑星探査

    深惑星探査から見た惑星探査宇宙探査機

    木星以遠の惑星探査は、パイオニア11号、ボイジャー1号、ボイジャー2号、ニュー・ホライズンズなどのフライバイ型探査と、ガリレオ、カッシーニによる木星・土星の周回探査に区分される。深惑星探査 フレッシュアイペディアより)

  • ヒペリオン (衛星)

    ヒペリオン (衛星)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    2005年9月26日、土星探査機カッシーニによる接近観測が行われた。アメリカ合衆国コーネル大学などの国際チームが、この際に撮影された高精彩画像の分析結果を英科学雑誌「ネイチャー」に発表した。それによると、平均密度は0.5–0.6 g/cm3であり、例えばヒペリオンよりやや小さな土星の衛星フェーベの1/3しかない。 ヒペリオンが主に水が凍結した氷でできているとすれば、体積の40%が隙間と見られる。表面は直径2-10km、深さ400m以上のクレーターで覆われている。仮に小天体が衝突しても、この隙間のために飛び散る物質が少なく、クレーターが保存されやすい可能性があるとされている。ヒペリオン (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • 相模原キャンパス (JAXA)

    相模原キャンパス (JAXA)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    研究センター棟:大型計算機室、深宇宙管制室があり、運用管制室は臼田宇宙空間観測所と内之浦宇宙空間観測所を地上管制局として、人工衛星、宇宙探査機の運用を行う相模原キャンパス (JAXA) フレッシュアイペディアより)

  • 無人機

    無人機から見た惑星探査機宇宙探査機

    とくに宇宙探査機(space probe)の場合、人を送り込む現実性が無い目的地であったり、帰還しない片道ミッションであったりといったものが殆どで、惑星探査機の全て、アポロ計画を除く全月探査が無人によるものである。しかし遠未来の宇宙探査機としては、まとまった人数が相当の長時間を掛けて恒星間空間をわたるような、ダイダロス計画といった構想もないではない。無人機 フレッシュアイペディアより)

331件中 101 - 110件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード