331件中 11 - 20件表示
  • 嫦娥計画

    嫦娥計画から見た宇宙探査機宇宙探査機

    「探査計画」は軌道周回、着陸、サンプルリターンという3段階の計画で、探査機は段階的に月に送り込まれる。すべて無人で行われる。計画には20年を要する。嫦娥計画 フレッシュアイペディアより)

  • ハレー艦隊

    ハレー艦隊から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ハレー艦隊(ハレーかんたい Halley Armada)とは、ハレー彗星の1986年地球接近時に打ち上げられた宇宙探査機群の通称である。英称をそのままカタカナにしてハレーアルマダとも。複数の探査機(probe)が、順を追ってハレー彗星に近接観測するさま、及びその国際協力による観測態勢を艦隊(アルマダ)になぞらえた表現である。ハレー艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 人工衛星

    人工衛星から見た宇宙探査機宇宙探査機

    人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h)に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説

    超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ソナー / Cometor(探査車超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た宇宙探査機宇宙探査機

    6月13日 - 小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年

    2020年から見た宇宙探査機宇宙探査機

    2006年にNASAが打ち上げた冥王星探査機ニュー・ホライズンズがカイパー・ベルトに到達。2020年 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年

    2015年から見た宇宙探査機宇宙探査機

    7月14日 - NASAが2015年から9年前の2006年に打ち上げた、人類初の冥王星無人探査機ニュー・ホライズンズが冥王星に最接近。最接近時の距離は13,695km。2015年 フレッシュアイペディアより)

  • EDVEGA

    EDVEGAから見た惑星探査機宇宙探査機

    EDVEGA(Electric Delta-V Earth Gravity Assist, EΔV-EGAとも表記)とは、日本の小惑星探査機はやぶさ (MUSES-C) による小惑星イトカワの探査の際に用いられた、地球スイングバイ (Earth Gravity Assist) に電気推進による加速 (Electric Delta-V) を組み合わせて増速量をかせぐ、宇宙探査機の航法の名称。EDVEGA フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙機関

    宇宙機関から見た宇宙探査機宇宙探査機

    宇宙開発は多大の予算・人員・機材を必要とし、また高度な科学技術を必要とする。そのため、宇宙開発の初期段階においては政府系宇宙機関のみが、それを行っていた。技術発展や資本の発達により、民間企業でも商業衛星の打上げを行うようになってきている。高い安全性が求められる有人宇宙飛行は限られた宇宙機関のみが実施できるものままであり、宇宙探査機などの科学衛星、偵察衛星などの軍事衛星は、宇宙機関が打上げなどを請け負っている。宇宙開発には多大な費用が必要なこともあり、国際的な連携も深まっている。宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • 合成写真

    合成写真から見た宇宙探査機宇宙探査機

    画角の狭い複数の写真を繋ぎ合わせて広い画角の写真を作るもの。パノラマ写真や航空写真・宇宙探査機の写真に使われる。合成写真 フレッシュアイペディアより)

331件中 11 - 20件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード