275件中 31 - 40件表示
  • 宇宙機関

    宇宙機関から見た宇宙探査機宇宙探査機

    宇宙開発は多大の予算・人員・機材を必要とし、また高度な科学技術を必要とする。そのため、宇宙開発の初期段階においては政府系宇宙機関のみが、それを行っていた。技術発展や資本の発達により、民間企業でも商業衛星の打上げを行うようになってきている。高い安全性が求められる有人宇宙飛行は限られた宇宙機関のみが実施できるものままであり、宇宙探査機などの科学衛星、偵察衛星などの軍事衛星は、宇宙機関が打上げなどを請け負っている。宇宙開発には多大な費用が必要なこともあり、国際的な連携も深まっている。宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・エクスプレス

    ビーナス・エクスプレスから見た宇宙探査機宇宙探査機

    ビーナス・エクスプレス (Venus Express) は欧州宇宙機関 (ESA) の金星探査機。2005年11月9日に打ち上げられ、2006年4月11日に金星周回軌道に到着した後、5月7日に観測用軌道に無事乗った。ビーナス・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • フレガート (ロケット)

    フレガート (ロケット)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    フレガート (, ラテン文字表記の例: Fregat, フリゲート、または軍艦鳥の意味) とは、1990年代にロシアので開発されたロケットステージ。人工衛星や宇宙探査機をパーキング軌道からより高い軌道へ移す目的で設計された。現在はソユーズロケットやゼニットロケット等の上部ステージとして用いられている。フレガート (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • ホーマン遷移軌道

    ホーマン遷移軌道から見た宇宙探査機宇宙探査機

    月以遠の惑星探査では、月や惑星の重力を利用してスイングバイをすればもっと少ないエネルギーで軌道を変更できることが多いため、単純なホーマン遷移軌道が単独で使われることは少ない。ホーマン遷移軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 無人機

    無人機から見た惑星探査機宇宙探査機

    宇宙探査機の場合、有人による技術が確立されていない分野も多く、惑星探査機の全て、アポロ計画を除く全月探査、人工衛星の多くが無人によるものである。未来の宇宙探査機ではダイダロス計画のようなものも考えられている。無人機 フレッシュアイペディアより)

  • 空中発射ロケット

    空中発射ロケットから見た惑星探査機宇宙探査機

    母機の搭載方法の問題や搭載能力に限界があるため、大きな推力を必要とする大型の人工衛星や、大きな増速を必要とする惑星探査機の打ち上げは困難である。また、年間飛翔機数が少ないと母機の維持費がコストを押し上げ、結果として高コストになってしまう場合がある。空中発射ロケット フレッシュアイペディアより)

  • マリナー5号

    マリナー5号から見た惑星探査機宇宙探査機

    マリナー5号(マリナー5ごう、Mariner 5)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた惑星探査機。マリナー計画の一環であり、金星探査を目的としていた。マリナー5号 フレッシュアイペディアより)

  • Mitaka

    Mitakaから見た惑星探査機宇宙探査機

    宇宙空間を様々な角度や時間軸を変えて見る事ができる他、惑星の指定した地点に降りてそこからの空の眺めを表示したり、実際打ち上げられた惑星探査機の航路を表示させたりすることができる。また地球と火星の地形データを表示させることもできる。Mitaka フレッシュアイペディアより)

  • 天文シミュレーションソフト

    天文シミュレーションソフトから見た宇宙探査機宇宙探査機

    最初の天文シミュレーションソフトは何であるのかについては諸説ある。初期の天文シミュレーションソフトは、ケプラーの法則に基づき、ニュートンの方程式によって計算を行い、惑星間や地球 - 月間を航行する宇宙探査機の軌道を描いたり、惑星の軌道を計算することで、ある日の太陽系を北極側(もしくは南極側)から観察できるソフトウエアのようなものであったとする説がある。天文シミュレーションソフト フレッシュアイペディアより)

  • オービター (探査機)

    オービター (探査機)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    オービター(英: Orbiter)とは天体(主に惑星)を周回する宇宙探査機。地球を周回する人工衛星も定義的に含まれるが、通常は宇宙探査機に対して用いられる。オービター (探査機) フレッシュアイペディアより)

275件中 31 - 40件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード