275件中 41 - 50件表示
  • マリナー計画

    マリナー計画から見た惑星探査機宇宙探査機

    マリナー計画(マリナーけいかく)は、アメリカ航空宇宙局による無人の惑星探査機を用いた火星、金星および水星探査計画である。惑星のフライバイ、周回、およびスイングバイという、人類史上初の試みを成功させた。マリナー計画 フレッシュアイペディアより)

  • LUNAR-A

    LUNAR-Aから見た宇宙探査機宇宙探査機

    LUNAR-A(ルナーA)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) により開発されていた日本初の本格的な月探査機。「ペネトレータ」と呼ばれる槍状の観測装置による月内部の探査を主な目的としていた。当初1995年の打ち上げを目指していたものの、計画は大幅に遅延。2007年1月15日、計画中止の方針が示された。LUNAR-A フレッシュアイペディアより)

  • シャンポリオン (探査機)

    シャンポリオン (探査機)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    シャンポリオン (Champollion) はアメリカ航空宇宙局 (NASA) とフランス国立宇宙研究センター (CNES) が共同で計画していた宇宙探査機。彗星とのランデブーおよび彗星への着陸を行う予定だったが、中止となった。名前はロゼッタ・ストーンを解読したことで有名なジャン=フランソワ・シャンポリオンに由来する。シャンポリオン (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • JIMO

    JIMOから見た宇宙探査機宇宙探査機

    JIMO(、訳:木星氷衛星周回機)はNASAが提案していた木星の氷衛星を探査するための宇宙探査機。主目標はエウロパであり、エウロパの海には地球外生命の存在が期待されている。ガニメデやカリストも衛星表面の氷層下に液体を有していると考えられており、こららも探査機の目標とされた。2005年に予算が削除され、事実上の計画中止となっている。JIMO フレッシュアイペディアより)

  • 相模原キャンパス (JAXA)

    相模原キャンパス (JAXA)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    研究センター棟:大型計算機室、深宇宙管制室があり、運用管制室は臼田宇宙空間観測所と内之浦宇宙空間観測所を地上管制局として、人工衛星、宇宙探査機の運用を行う相模原キャンパス (JAXA) フレッシュアイペディアより)

  • 川口淳一郎

    川口淳一郎から見た惑星探査宇宙探査機

    川口 淳一郎(かわぐち じゅんいちろう、1955年9月24日 - )は、日本の宇宙工学者、工学博士である。専門分野はアストロダイナミクス(応用飛行力学)、軌道力学、姿勢・軌道制御、航法・軌道決定論、惑星探査ミッション解析、システム制御論である。宇宙航空研究開発機構シニアフェロー。2012年より宇宙開発戦略本部事務局長。川口淳一郎 フレッシュアイペディアより)

  • スキャナ

    スキャナから見た惑星探査機宇宙探査機

    代表的なものとしては、コンピュータに画像情報を取り込むイメージスキャナ、人体や物質の断面を走査するCTスキャナ、バーコードを読み取るバーコードスキャナなどが挙げられる。資源探査衛星、気象衛星、惑星探査機にも各種のスキャナが装備されている。スキャナ フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード・アシスト・モジュール

    ペイロード・アシスト・モジュールから見た宇宙探査機宇宙探査機

    固体燃料ロケットで構成され、スペースシャトル、デルタロケット、タイタンロケットの上に搭載された。PAMは人工衛星を低軌道から静止トランスファ軌道まで運ぶのに使われたり、探査機を惑星間航行コースに投入するのに使われた。ペイロードはPAMのターンテーブルに載せられることでスピン安定させていた。ペイロード・アシスト・モジュール フレッシュアイペディアより)

  • マリナー2号

    マリナー2号から見た惑星探査機宇宙探査機

    マリナー2号(マリナー2ごう、Mariner 2)はアメリカ航空宇宙局 (NASA) のマリナー計画の一、金星探査機である。マリナー1号の予備機として用意されていたがマリナー1号の失敗により打ち上げられた探査機である。マリナー1号の失敗によりマリナー2号はアメリカ初の成功した惑星探査機である。3か月半の飛行を経てミッションを成功させ惑星のフライバイに成功した。マリナー2号 フレッシュアイペディアより)

  • 空力ブレーキ

    空力ブレーキから見た惑星探査機宇宙探査機

    惑星探査機や再突入カプセルでは惑星の大気を抗力として用いることで、惑星との相対速度の差を減らす。空力ブレーキは、地球周回軌道の軌道速度を相殺して再突入するために利用されてきた。空力ブレーキは、衝撃加熱によって宇宙機の運動エネルギーを機体のすぐ前方の大気の熱エネルギーへと変換するため、効率がよい。ただし、空力ブレーキを惑星再突入時に利用するには、機体を空気力学的に最適な形状に加工しなければならず、減速による強力な加速度にも耐えなければならない。更には十分な熱遮蔽も必要となる。これに失敗すると、例えばスペースシャトルが大気圏再突入時に空中分解したように、機体が破壊されてしまう恐れがある。空力ブレーキ フレッシュアイペディアより)

275件中 41 - 50件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード