331件中 41 - 50件表示
  • インゴ・スワン

    インゴ・スワンから見た宇宙探査機宇宙探査機

    同1972年、SRIインターナショナルでの超能力開発の協力を開始。ここで異彩を放ったスワンの実験は、とともに行なった水星と木星の遠隔透視実験である。この結果、スタンフォード研究所に在籍していた科学者のとは、スワンらの透視の内容は世界初の水星探査機であるマリナー10号、および世界初の木星探査機であるパイオニア10号による探査結果とほぼ一致したと報告している。この実験は宇宙探査機による観測以前に行なわれたため、事前に水星や木星の光景を知ることができず、不正が不可能な厳格な管理下での実験とされた。それを裏づける主張として、超能力実験に関心の深いアポロ14号のパイロットのエドガー・ミッチェルは、水星探査・木星探査まで誰も知らなかったことをスワンらが正確に描写したと『サイキック・ニュース』紙上で述べた。ノースウェスタン大学の天文学教授でありUFO愛好家でもあるも、スワンが水星や木星の光景を事前に知ることは不可能だったことを述べた(これらへの反論については後述)。インゴ・スワン フレッシュアイペディアより)

  • ルナ3号

    ルナ3号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ルナ3号(ロシア語:、ラテン文字表記の例:Luna 3)はソ連の無人月探査機。1959年10月4日に打ち上げられ、世界で初めて月の裏側の様子を撮影した。ルナ3号 フレッシュアイペディアより)

  • スプートニク25号

    スプートニク25号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    スプートニク25号(スプートニク25ごう、ロシア語:、ラテン文字表記の例:Sputnik 25)は、ソビエト連邦が1963年にルナ計画の一環として打ち上げた無人月探査機。世界初の月面への軟着陸を目指したが、ロケットの故障により月へ向かうことなく失敗に終わった。スプートニク25号 フレッシュアイペディアより)

  • スプートニク7号

    スプートニク7号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    スプートニク7号(スプートニク7ごう、)は1961年にソビエト連邦によって打ち上げられた金星探査機。世界で初めて金星を探査する目的で打ち上げられた宇宙機だったが、ロケットの不調により金星へ向かうことができなかった。準同型機として8日後に打ち上げられたベネラ1号がある。スプートニク7号 フレッシュアイペディアより)

  • フレガート (ロケット)

    フレガート (ロケット)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    フレガート(, ラテン文字表記の例: Fregat, フリゲート、または軍艦鳥の意味)とは、1990年代にロシアのS・A・ラーヴォチュキン記念科学生産合同で開発されたロケットステージ。惑星探査機用のエンジンとして使われていたものをベースに、人工衛星や宇宙探査機をパーキング軌道からより高い軌道へ移動させる上段エンジンとして利用するために設計された。現在はソユーズロケットやゼニットロケット等の上段ステージとして用いられている。これを上段に搭載したソユーズフレガートロケットは、2000年2月に初めて打ち上げられた。フレガート (ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • アレスV

    アレスVから見た宇宙探査機宇宙探査機

    さらにアルタイル月面着陸機を基にしたキックモーター(もしくはセントールとも言う)を用いることで、ガリレオ探査機とカッシーニ・ホイヘンス探査機を合わせたほどの重さの宇宙探査機を、直接太陽系外周部へ送り出すこともできる。アレスV フレッシュアイペディアより)

  • シャンポリオン (探査機)

    シャンポリオン (探査機)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    シャンポリオン (Champollion) はアメリカ航空宇宙局 (NASA) とフランス国立宇宙研究センター (CNES) が共同で計画していた宇宙探査機。彗星とのランデブーおよび彗星への着陸を行う予定だったが、中止となった。名前はロゼッタ・ストーンを解読したことで有名なジャン=フランソワ・シャンポリオンに由来する。シャンポリオン (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • UK-T6

    UK-T6から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ベピ・コロンボ - 水星探査機。MTMに水星軌道到達用として5機搭載。2016年打ち上げ予定。UK-T6 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙浪漫紀行

    宇宙浪漫紀行から見た宇宙探査機宇宙探査機

    当初は曲を最後に流していたが、放送時間14分を使って話している。年一回は特別番組を予定しており、2009年は鹿児島の皆既日食について、2010年は小惑星宇宙探査機「はやぶさ」の特集をした。2011年の特別番組の企画は検討中である。宇宙浪漫紀行 フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード・アシスト・モジュール

    ペイロード・アシスト・モジュールから見た宇宙探査機宇宙探査機

    ペイロード・アシスト・モジュール(英:Payload Assist Module, PAM)とは、アメリカのモジュール化された上段ロケットであり、チオコール社(現在のATKランチ・システムズ・グループ)のスターシリーズの固体燃料ロケットを使用し、スペースシャトル、デルタロケット、タイタンロケットの上段ロケットとして利用された。PAMは人工衛星を低軌道から静止トランスファ軌道まで運ぶのに使われたり、探査機を惑星間航行コースに投入するのに使われた。シャトルからの打ち上げ時には、ペイロードはPAMを載せたターンテーブルによって放出前に回転を加えられスピン安定させていた。ペイロード・アシスト・モジュール フレッシュアイペディアより)

331件中 41 - 50件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード