331件中 51 - 60件表示
  • アモール群

    アモール群から見た宇宙探査機宇宙探査機

    この群の最も有名な小惑星は (433) エロスで、これは宇宙探査機(NEARシューメーカー)が軌道を周回し、着陸した最初の小惑星である。アモール群 フレッシュアイペディアより)

  • Agora

    Agoraから見た宇宙探査機宇宙探査機

    ベスタ (小惑星) (AGORA) - 1990年代に提案された宇宙探査機。小惑星ベスタを調査する予定だった。Agora フレッシュアイペディアより)

  • 対日照

    対日照から見た惑星探査機宇宙探査機

    対日照の原因としては他にも、地球の高層大気が太陽風に吹き流されて作る「地球の尾」の励起光であるという説や、太陽?地球との間で重力の制限三体問題の直線解の関係になる位置に塵が多く集まっていて、それが見えているという説もあった。しかしこれらは地球を遠く離れた惑星探査機から、地上観測と同じ方向に対日照が観測されることからほぼ否定された。対日照 フレッシュアイペディアより)

  • JIMO

    JIMOから見た宇宙探査機宇宙探査機

    JIMO(、訳:木星氷衛星周回機)はNASAが提案していた木星の氷衛星を探査するための宇宙探査機。主目標はエウロパであり、エウロパの海には地球外生命の存在が期待されている。ガニメデやカリストも衛星表面の氷層下に液体を有していると考えられており、こららも探査機の目標とされた。2005年に予算が削除され、事実上の計画中止となっている。JIMO フレッシュアイペディアより)

  • タラッサ (衛星)

    タラッサ (衛星)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    タラッサはボイジャー2号探査機によって1989年9月に発見され、画像が撮影された。発見当時の名称はS/1989 N 5。1989年9月29日に発見が発表されたが、発表の内容は「11日間で25画像が撮られた」というだけのものだった。発見日は9月18日以前とされる。タラッサ (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • Μ10 (イオンエンジン)

    Μ10 (イオンエンジン)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    その他、小型人工衛星や宇宙探査機に採用されることを目標とし、日本電気はエアロジェット社と開発及び販売において協業することを発表した。2010年以降アメリカ市場での提案活動を行い、2011年から販売を開始する予定である。Μ10 (イオンエンジン) フレッシュアイペディアより)

  • 酸化プルトニウム(IV)

    酸化プルトニウム(IV)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    left|thumb|酸化プルトニウム(IV)のペレット。プルトニウム238の崩壊熱により赤熱している。酸化プルトニウム(IV)は酸化ウラン(IV)と混合して原子炉のMOX燃料に用いられる。プルトニウム238酸化物は深宇宙探査機ニュー・ホライズンズや火星探査機マーズ・サイエンス・ラボラトリーの探査ローバー、キュリオシティーの電源に利用された。これはアルファ崩壊の際に発生する熱を利用している(放射性同位体熱電気転換器を参照)。これらの宇宙機が事故により大気圏に再突入して大きく損傷した場合、プルトニウムが地表や上層大気に撒き散らされると懸念されていた。酸化プルトニウム(IV) フレッシュアイペディアより)

  • キャンベラ深宇宙通信施設

    キャンベラ深宇宙通信施設から見た宇宙探査機宇宙探査機

    地球は自転しているので宇宙探査機と常に交信できるようにする為には地球の自転にあわせて設置した通信局を順番にバトンタッチする必要がある。キャンベラ深宇宙通信施設 フレッシュアイペディアより)

  • 静かの海

    静かの海から見た宇宙探査機宇宙探査機

    1969年7月20日に人類として初めて着陸した地点は、月面緯度0.8度、月面経度23.5度で、「静かの基地」と命名された。また、その近くの3つの小さなクレーターはアポロ11号の3人の宇宙飛行士にちなんで、それぞれ「アームストロング」「オルドリン」「コリンズ」と命名されている。アポロに先立つ1965年2月に打ち上げられた月面探査機レインジャー8号は、この静かの海に衝突したが、その直前の23分間で7,137枚の写真を撮影し、地球への電送に成功した。アポロ計画では、これらの写真を基に着陸地点が選定された。静かの海 フレッシュアイペディアより)

  • 21cm線

    21cm線から見た惑星探査機宇宙探査機

    また、21cm線は宇宙空間で最もありふれた電磁波の一つであるため、地球外知的生命探索 (SETI) に用いる受信電波の波長として採用されることも多い。1970年代に NASA が打ち上げたパイオニア惑星探査機には地球の位置や人間の身長などのメッセージを記した金属板が搭載されたが、このイラストの中では21cm線の波長と周波数が長さと時間の単位として用いられている。21cm線 フレッシュアイペディアより)

331件中 51 - 60件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード