331件中 71 - 80件表示
  • ベネラ8号

    ベネラ8号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ベネラ8号(露:Венера-8)は、1972年3月27日にソビエト連邦によって打ち上げられた宇宙探査機である。ベネラ8号 フレッシュアイペディアより)

  • 産業用無線操縦装置

    産業用無線操縦装置から見た惑星探査機宇宙探査機

    人工衛星、惑星探査機、無人機も広義の産業用無線操縦の範疇に含まれる。産業用無線操縦装置 フレッシュアイペディアより)

  • 造物主の掟

    造物主の掟から見た宇宙探査機宇宙探査機

    21世紀、無人探査機によってタイタンに生物がいるらしいことを知ったアメリカとヨーロッパは共同で大規模な調査隊を派遣する。売れっ子の自称心霊術師ザンベンドルフも、学会に影響力を持つ信奉者の手配で調査隊に加わった。タイタンは機械生命の世界であり、人間に似た姿の「タロイド」たちが中世ヨーロッパと同じようなレベルの文明を築いていた。アメリカの利益のためにタロイドたちの宗教的迷信を利用しようとする調査隊上層部の考えや、科学の目で物事を見ようとしたために迫害される少数派タロイドの存在を知ったザンベンドルフと仲間たちは、彼らを助けるために一世一代の大ペテンを仕掛ける。造物主の掟 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の気象・地象・天象

    2005年の気象・地象・天象から見た惑星探査機宇宙探査機

    1月14日 - 土星探査機「カッシーニ」に搭載されていた小探査機「ホイヘンス」が、衛星タイタンの地表に着陸。2005年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • マリナー9号

    マリナー9号から見た宇宙探査機宇宙探査機

    マリナー9号は、初めて他の惑星軌道に乗った宇宙探査機である。マリナー6号と7号に似た機器を搭載していたが、火星軌道上で探査機を制御するにはより大きな推進システムが必要となるため、6号と7号を合わせた以上の重量があった。マリナー9号が火星に到着したとき、火星の大気圏は埃っぽく表面は不明瞭であった。この予想外の状況により、惑星を調査するには単に上空を通過するだけよりも軌道からの方が望ましいことが証明された。そのため、地球からマリナー9号のコンピュータへ、埃が落ち着くまで表面の撮影を2ヵ月延ばすようにプログラムが行なわれた。軌道上で349日経過後、マリナー9号は7,329枚の映像を送り、それは火星の表面の80%をカバーしていた。映像からは、川床、クレーター、巨大な休火山(たとえば太陽系で最大の火山であるオリンポス山)、峡谷(長さ4,000km、約2,500マイル以上のマリネリス峡谷など)、風と水による侵食や堆積や前線や霧などの証拠が明らかになった。火星の小さな衛星であるフォボスとダイモスも撮影された。マリナー9号での調査結果は、後のバイキング計画の基礎となった。マリナー9号 フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・パスファインダー

    マーズ・パスファインダーから見た宇宙探査機宇宙探査機

    マーズ・パスファインダー (Mars Pathfinder) は、アメリカ航空宇宙局(NASA) JPLがディスカバリー計画の一環として行った火星探査計画、またはその探査機群の総称である。1996年12月4日に地球を発ち、7ヵ月の後、1997年7月4日に火星に着陸した。マーズ・パスファインダー フレッシュアイペディアより)

  • ホイヘンス・プローブ

    ホイヘンス・プローブから見た惑星探査機宇宙探査機

    ホイヘンス・プローブ(, )は、欧州宇宙機関 (ESA) の小型惑星探査機。土星探査機カッシーニに搭載され、土星の衛星タイタンに投下された。ホイヘンス・プローブ フレッシュアイペディアより)

  • 天体力学

    天体力学から見た惑星探査機宇宙探査機

    天体力学分野は、特に惑星探査機の軌道設計(フライバイ)や新発見された天体の軌道の決定などでは欠かせない分野である。特に、近年心配されている小惑星の地球衝突を予測し回避するための研究などでも用いられている。また、シミュレーション天文学でもシミュレータの代表例として掲げたGRAPEなども、星団・銀河・銀河団の形成などを大規模質点系として捉えた、多体力学問題を高速で演算するための専用計算機でもある。天体力学 フレッシュアイペディアより)

  • カロリス盆地

    カロリス盆地から見た惑星探査機宇宙探査機

    巨大なクレーターだが、水星が太陽から大きく離れることがないため、地上からの観測は困難。1974年にアメリカの惑星探査機マリナー10号が水星に到達した際に発見されたが、撮影できたのはごく一部だった。2008年に水星でスイングバイを行ったメッセンジャーにより初めて全体が撮影され、正確な大きさが判明した。カロリス盆地 フレッシュアイペディアより)

  • サパス山

    サパス山から見た宇宙探査機宇宙探査機

    探査機マゼランの計測によれば、サパス山の高さは約1.5kmで裾野の直径は約400kmとされている。サパス山 フレッシュアイペディアより)

331件中 71 - 80件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード