331件中 81 - 90件表示
  • マクスウェル山

    マクスウェル山から見た宇宙探査機宇宙探査機

    1978年、宇宙探査機パイオニア・ヴィーナス1号が金星の軌道に入り金星表面の電波観測を試みたが、この観測で初めて金星表面の地形図が作成されることになり、同時にマクスウェル山が金星表面の標高平均値以上の最高地点であることが確認された。マクスウェル山 フレッシュアイペディアより)

  • ミマス (衛星)

    ミマス (衛星)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    宇宙探査機カッシーニは2005年以降ミマスへの接近・調査を行っており、NASAは2014年10月17日に衛星の内部に水が蓄積されていると発表した。ミマス (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • 蛍光X線

    蛍光X線から見た惑星探査機宇宙探査機

    蛍光X線法と類似の元素分析方法として、内殻電子の励起源として電子線や陽子・荷電粒子を用いる方法もある。これらは内殻励起の機構が異なり、得られるスペクトルにもその特徴が現れることからそれぞれ使い分けられている。電子線を用いた分析装置は電子線マイクロアナライザ (EPMA) などがあり、陽子・荷電粒子を励起源とした分析法は粒子線(陽子)励起X線発光法 (PIXE) と呼ばれる。マーズ・サイエンス・ラボラトリーやフィラエのような惑星探査機にはキュリウム244やプルトニウム240のような放射性同位体を励起源としたαプロトンX線分光計が搭載され、成果を挙げている。蛍光X線 フレッシュアイペディアより)

  • アルベド地形

    アルベド地形から見た宇宙探査機宇宙探査機

    アルベド地形は、歴史的には火星や水星等の天体の初期の観測で命名、使用されたものである。初期に作られた火星の地図(例えば、スキアパレッリやアントニアディのもの)では、アルベド地形のみが定義されていた。これらは、実際に探査機がその天体に到着して、クレーターなどの詳細な地形が判別できるようになるまで用いられた。アルベド地形 フレッシュアイペディアより)

  • タイタン表層海探査

    タイタン表層海探査から見た宇宙探査機宇宙探査機

    タイタン表層海探査(タイタンひょうそうかいたんさ、)は、2009年にアメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の一環として提案された、土星の衛星タイタンの探査機(ランダー)。タイタン表層海探査 フレッシュアイペディアより)

  • さきがけ (探査機)

    さきがけ (探査機)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    さきがけ (MS-T5) は日本の宇宙科学研究所が初めて打ち上げた惑星間空間探査機(人工惑星)である。1985年1月8日に鹿児島宇宙空間観測所からM-3SIIロケット1号機で打ち上げられた。さきがけ (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • ランデブー (宇宙開発)

    ランデブー (宇宙開発)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    ランデブーまたはランデヴー()とは、宇宙空間において2機以上の宇宙船、または宇宙船と宇宙ステーションなどが速度を合わせ、同一の軌道を飛行し、互いに接近する操作のことである。両者が結合するドッキング操作を含める場合も、含めない場合もある。また、宇宙探査機が小惑星などに速度を合わせ、同一の軌道を飛行することもランデブーと呼ぶことがある。ランデブー (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

  • メッセンジャー (探査機)

    メッセンジャー (探査機)から見た宇宙探査機宇宙探査機

    メッセンジャー () は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の一環として行われている水星探査ミッション、及び探査機の名前である。2004年8月3日に打ち上げられ、2011年3月18日に水星の周回軌道に投入されて観測が行われ、2015年5月1日に水星表面に落下してミッションを終了した。メッセンジャー (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • モザイク写真

    モザイク写真から見た宇宙探査機宇宙探査機

    宇宙探査機の写真や航空写真など、被写体を1枚の写真で撮れないとき、撮影できた部分的な写真をつなぎ合わせて1枚の写真にすることがあり、これもモザイク写真と呼ぶ場合もある。モザイク写真 フレッシュアイペディアより)

  • 南極エイトケン盆地

    南極エイトケン盆地から見た宇宙探査機宇宙探査機

    南極エイトケン盆地は月の裏側にあるため、宇宙探査機によって月の裏側の地形が明らかになるまでその存在が知られることはなかった。1959年に打ち上げられたソ連の宇宙探査機ルナ3号によって初めて月の裏側の写真が撮影され、初期の宇宙探査機によるデータから1962年、南極エイトケン盆地のある付近に巨大な衝突地形が存在する可能性が指摘されていた。1960年代中頃、ルナ・オービター計画によって南極エイトケン盆地の存在が次第に明らかとなり、アポロ計画に伴う月探査の中で南極エイトケン盆地は広く知られるようになった。そして1978年、アメリカ地質調査所によって公表された地質図の中で、南極エイトケン盆地は月の裏側の南緯20度付近から南極点付近までを占める、直径約2500キロの太陽系内でも最大級のクレーターであることが明らかになった。その後1994年に打ち上げられたクレメンタインのレーザー高度計によって、南極エイトケン盆地の巨大な衝突地形がよりはっきりと示された。南極エイトケン盆地 フレッシュアイペディアより)

331件中 81 - 90件表示