前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たLUNAR-A

    1990年代に入り、日本が次々と月探査計画(ひてん(1990年)/LUNAR-A(計画中止)/かぐや(2007年-2009年))を発表・実施し、欧州(スマート1(2003年-2006年))や中国(嫦娥1号(2007年-2009年))やインド(チャンドラヤーン1号(2008年-2009年))も独自に月探査機を送り込むこととなった。アメリカも月の資源探査や有人基地化と火星有人探査への布石などから数多くの月探査機を送り込むようになっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た

    人類の宇宙探査は人類にとって最も身近で実際に距離も最も近い「」から始まった。人類の月への興味は古くから物語(『竹取物語』など)として語られており、産業革命以降の急速な技術発展が人類の知的好奇心を満たすべく宇宙探査機を直接地球外の天体の周囲(もしくは天体表面)に送って調べることができるようになったのである。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た冥王星

    アメリカはさらに欧州宇宙機関と共同でカッシーニを打ち上げ、土星に接近した。さらに衛星タイタンに探査機ホイヘンス・プローブを投下し、着陸に成功した。ボイジャーが唯一探査を行わなかった冥王星や、さらにその外側に広がるエッジワース・カイパーベルトに向けても、2006年にニュー・ホライズンズを打ち上げ、冥王星へは2015年の到達を予定している(なお、冥王星が惑星から準惑星に変更されたのは打ち上げから約半年後のことである)。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たかぐや

    1990年代に入り、日本が次々と月探査計画(ひてん(1990年)/LUNAR-A(計画中止)/かぐや(2007年-2009年))を発表・実施し、欧州(スマート1(2003年-2006年))や中国(嫦娥1号(2007年-2009年))やインド(チャンドラヤーン1号(2008年-2009年))も独自に月探査機を送り込むこととなった。アメリカも月の資源探査や有人基地化と火星有人探査への布石などから数多くの月探査機を送り込むようになっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た欧州宇宙機関

    日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は火星探査機(のぞみ)を送るものの、地球スイングバイで軌道変更に失敗し、最終的に火星周回軌道への投入を断念、人工惑星となった。2010年6月には金星探査機 (あかつき) を打ち上げ、同年12月に金星周回軌道に投入する予定であったが失敗した。また、欧州宇宙機関 (ESA) と共同で水星探査機(ベピ・コロンボ)を送る予定となっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たイトカワ (小惑星)

    ガリレオが1991年と1993年に小惑星帯を通り抜ける際、それぞれ (951) ガスプラと (243) イダの撮影を行い、映像を送ってきたのが最も初期の小惑星探査である。本格的な小惑星探査は、1996年2月に打ち上げられ、1997年7月に (253) マティルドへ接近、2000年2月に (433) エロスへ到達したNEARシューメーカーが最初である。それに続く日本のはやぶさ (MUSES-C) は2003年5月に打ち上げられ、2005年9月に (25143) イトカワへ到達し、2010年6月に地球へ帰還した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たオシリス・レックス

    なお、小惑星からのサンプルリターンに関しては、地球に帰還した「はやぶさ」が試みており、微細粒子ではあるが1500個以上のサンプルが回収できていることが確認されている。サンプルリターンは計画中の「オシリス」「はやぶさ2」の両探査機でも予定されている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た木星

    火星より遠くの宇宙探査は、もはやアメリカの独擅場となった。パイオニア10号・11号とボイジャー1号は立て続けに木星と土星に接近し、写真撮影を行った。そして次のボイジャー2号は、木星・土星を撮影・調査した後、天王星・海王星をはじめて探査した。これらの調査により、木星・天王星・海王星にも土星同様に「環」が確認されたほか、ボイジャーは数々の衛星を撮影した。これら4機の探査機には、いずれ他の太陽系に届くとの希望を込め、異星人あてのメッセージが積み込まれている。できる限り地球独自の習慣によらず科学的に来歴を明らかにする工夫が凝らされているが、パイオニア10・11号に積載されたメッセージ板に刻まれた男女の裸体のイラストをも含めて、これらの異星人あてのメッセージをめぐっては、様々な議論が交わされた。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た土星

    火星より遠くの宇宙探査は、もはやアメリカの独擅場となった。パイオニア10号・11号とボイジャー1号は立て続けに木星と土星に接近し、写真撮影を行った。そして次のボイジャー2号は、木星・土星を撮影・調査した後、天王星・海王星をはじめて探査した。これらの調査により、木星・天王星・海王星にも土星同様に「環」が確認されたほか、ボイジャーは数々の衛星を撮影した。これら4機の探査機には、いずれ他の太陽系に届くとの希望を込め、異星人あてのメッセージが積み込まれている。できる限り地球独自の習慣によらず科学的に来歴を明らかにする工夫が凝らされているが、パイオニア10・11号に積載されたメッセージ板に刻まれた男女の裸体のイラストをも含めて、これらの異星人あてのメッセージをめぐっては、様々な議論が交わされた。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た金星

    アメリカはマリナー探査機を用い、金星・水星・火星に接近して写真撮影を行った。また火星にはバイキング1号・2号を連続で着陸に成功させ、火星地表の写真を撮影したほか、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード