141件中 91 - 100件表示
  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た英語

    宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、地球以外の天体を探査する目的で宇宙に放出された無人の人工物体(探査機)である。宇宙に存在する、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者もいる。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たニュー・フロンティア計画

    ニュー・フロンティア計画:比較的新規開発要素の多い低コストな宇宙探査計画宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た冷戦

    一方、冷戦の中で宇宙技術がソ連に遅れる形となったアメリカ合衆国は激しく対抗し、宇宙開発競争が行われる事となった。アメリカはパイオニア計画・レインジャー計画を皮切りに、サーベイヤー1号を月面に軟着陸させ、次々に無人探査機を送り込んだ。1960年代に有人のアポロ計画に挑み、アポロ11号によって遂に人類を月面に送り込んだ。失敗した13号を除いて17号まで延べ12人が月面を歩いた。ソ連も有人月旅行計画があったものの、大型ロケットの開発失敗によって頓挫した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た月の石

    人類史上初めて地球以外の天体を目指した探査機は、ソビエト連邦のルナ1号である。ルナ1号は月にはじめて接近し、本来は衝突させる計画であったが軌道を外れて月をかすめるコースを取り、そのまま太陽をまわる人工惑星となった。次のルナ2号は人類史上初めて月面に到達、衝突に成功した。さらにルナ9号で月面への軟着陸を世界ではじめて成功。着陸したのみで研究成果は少なかったが、初めて他の天体に着陸を果たした功績は大きい。さらにルナシリーズは続き、ルナ16号は月の土壌サンプルを無人探査機で持ち帰り、ルナ17号は無人月面車(ルノホート)を走らせ、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たエッジワース・カイパーベルト

    アメリカはさらに欧州宇宙機関と共同でカッシーニを打ち上げ、土星に接近した。さらに衛星タイタンに探査機ホイヘンス・プローブを投下し、着陸に成功した。ボイジャーが唯一探査を行わなかった冥王星や、さらにその外側に広がるエッジワース・カイパーベルトに向けても、2006年にニュー・ホライズンズを打ち上げ、冥王星へは2015年の到達を予定している(なお、冥王星が惑星から準惑星に変更されたのは打ち上げから約半年後のことである)。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たベネラ計画

    一方のソ連は、金星にベネラ探査機を送り込んで軟着陸に成功し、初めて金星表面の写真撮影に成功した。また、金星の温度・気圧などを測定し、その環境を世界に知らしめた。同時期に火星にはマルス3号を送り込んで軟着陸に成功したが、大規模な砂嵐の真っ只中に着陸したため、20秒後に信号が途絶え、失敗した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たロゼッタ (探査機)

    ロゼッタ:小惑星・彗星探査宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たシュワスマン・ワハマン第3彗星

    CONTOUR:エンケ彗星 (2P)、シュワスマン・ワハマン第3彗星 (73P) の探査(失敗)宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たフォボス計画

    フォボス計画:火星探査(失敗)宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たマーズ・スカウト

    マーズ・スカウト:火星探査計画宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード