145件中 91 - 100件表示
  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た英語

    宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、探査機の一種で、地球以外の天体などを探査する目的で地球軌道外の宇宙に送り出される宇宙機であり、ほとんどが無人機である。宇宙空間そのものの観測(太陽風や磁場など)、あるいは、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者もいる。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たルナ1号

    人類史上初めて地球以外の天体を目指した探査機は、ソビエト連邦のルナ1号である。ルナ1号は月にはじめて接近し、本来は衝突させる計画であったが軌道を外れて月をかすめるコースを取り、そのまま太陽をまわる人工惑星となった。次のルナ2号は人類史上初めて月面に到達、衝突に成功した。さらにルナ9号で月面への軟着陸を世界ではじめて成功。着陸したのみで研究成果は少なかったが、初めて他の天体に着陸を果たした功績は大きい。さらにルナシリーズは続き、ルナ16号は月の土壌サンプルを無人探査機で持ち帰り、ルナ17号は無人月面車(ルノホート)を走らせ、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た探査機

    宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、探査機の一種で、地球以外の天体などを探査する目的で地球軌道外の宇宙に送り出される宇宙機であり、ほとんどが無人機である。宇宙空間そのものの観測(太陽風や磁場など)、あるいは、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者もいる。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たボレリー彗星

    ディープ・スペース1号:小惑星ブライユとボレリー彗星の近接探査宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たマーズ・パスファインダー

    1990年代後半から、アメリカは再び火星探査を開始した。まず1997年にマーズ・パスファインダーが着陸に成功、地上のデジタル写真撮影のほか、岩の成分分析を行った。1998年にマーズ・グローバル・サーベイヤーが火星周回軌道に乗って詳細な地図作りを開始した。1999年到着予定のマーズ・サーベイヤー99は軌道投入に失敗したが、2004年にスピリットとオポチュニティの2機が着陸に成功、火星に海があったことを示した。2012年にはキュリオシティが着陸に成功し、生命を保持できる可能性について調査をおこなっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たジェネシス (探査機)

    ジェネシス:太陽風に含まれる塵を採取宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たニュー・フロンティア計画

    ニュー・フロンティア計画:比較的新規開発要素の多い低コストな宇宙探査計画宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た竹取物語

    人類の宇宙探査は人類にとって最も身近で実際に距離も最も近い「月」から始まった。人類の月への興味は古くから物語(『竹取物語』など)として語られており、産業革命以降の急速な技術発展が人類の知的好奇心を満たすべく宇宙探査機を直接地球外の天体の周囲(もしくは天体表面)に送って調べることができるようになったのである。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たAPL (小惑星)

    また、アメリカ合衆国でもドーン探査機が (1) ケレス(準惑星)と (4) ベスタを目指して2007年9月に打ち上げられた。さらに、ニュー・ホライズンズも、冥王星に向かう途上の小惑星帯で (132524) APLの撮影を行ったほか、ケンタウルス族に属する (83982) クラントルの探査をおこなった。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たヴィルト第2彗星

    スターダスト:ヴィルト第2彗星に接近、サンプルリターン宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示