145件中 61 - 70件表示
  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た月面車

    人類史上初めて地球以外の天体を目指した探査機は、ソビエト連邦のルナ1号である。ルナ1号は月にはじめて接近し、本来は衝突させる計画であったが軌道を外れて月をかすめるコースを取り、そのまま太陽をまわる人工惑星となった。次のルナ2号は人類史上初めて月面に到達、衝突に成功した。さらにルナ9号で月面への軟着陸を世界ではじめて成功。着陸したのみで研究成果は少なかったが、初めて他の天体に着陸を果たした功績は大きい。さらにルナシリーズは続き、ルナ16号は月の土壌サンプルを無人探査機で持ち帰り、ルナ17号は無人月面車(ルノホート)を走らせ、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た無人機

    宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、探査機の一種で、地球以外の天体などを探査する目的で地球軌道外の宇宙に送り出される宇宙機であり、ほとんどが無人機である。宇宙空間そのものの観測(太陽風や磁場など)、あるいは、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者もいる。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たバイキング2号

    アメリカはマリナー探査機を用い、金星・水星・火星に接近して写真撮影を行った。また火星にはバイキング1号・2号を連続で着陸に成功させ、火星地表の写真を撮影したほか、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た太陽風

    ジェネシス:太陽風に含まれる塵を採取宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たアメリカ合衆国

    一方、冷戦の中で宇宙技術がソ連に遅れる形となったアメリカ合衆国は激しく対抗し、宇宙開発競争が行われる事となった。アメリカはパイオニア計画・レインジャー計画を皮切りに、サーベイヤー1号を月面に軟着陸させ、次々に無人探査機を送り込んだ。1960年代に有人のアポロ計画に挑み、アポロ11号によって遂に人類を月面に送り込んだ。失敗した13号を除いて17号まで延べ12人が月面を歩いた。ソ連も有人月旅行計画があったものの、大型ロケットの開発失敗によって頓挫した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た生命

    オリジン計画:宇宙、太陽系、生命の起源を調査する計画宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たディープ・スペース1号

    ディープ・スペース1号:小惑星ブライユとボレリー彗星の近接探査宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たアポロ13号

    一方、冷戦の中で宇宙技術がソ連に遅れる形となったアメリカ合衆国は激しく対抗し、宇宙開発競争が行われる事となった。アメリカはパイオニア計画・レインジャー計画を皮切りに、サーベイヤー1号を月面に軟着陸させ、次々に無人探査機を送り込んだ。1960年代に有人のアポロ計画に挑み、アポロ11号によって遂に人類を月面に送り込んだ。失敗した13号を除いて17号まで延べ12人が月面を歩いた。ソ連も有人月旅行計画があったものの、大型ロケットの開発失敗によって頓挫した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た嫦娥1号

    1990年代に入り、日本が次々と月探査計画(ひてん(1990年)/LUNAR-A(計画中止)/かぐや(2007年-2009年))を発表・実施し、欧州(スマート1(2003年-2006年))や中国(嫦娥1号(2007年-2009年))やインド(チャンドラヤーン1号(2008年-2009年))も独自に月探査機を送り込むこととなった。中国は嫦娥3号(2013年)で旧ソ連・アメリカに次ぐ月面軟着陸と、無人月面車(玉兎号)の稼動に成功した。アメリカも月の資源探査や有人基地化と火星有人探査への布石などから数多くの月探査機を送り込むようになっている。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たニュー・ミレニアム計画

    ニュー・ミレニアム計画:21世紀の探査計画で必要となる技術を確立する計画宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示