141件中 61 - 70件表示
  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たはやぶさ (探査機)

    ガリレオが1991年と1993年に小惑星帯を通り抜ける際、それぞれ (951) ガスプラと (243) イダの撮影を行い、映像を送ってきたのが最も初期の小惑星探査である。本格的な小惑星探査は、1996年2月に打ち上げられ、1997年7月に (253) マティルドへ接近、2000年2月に (433) エロスへ到達したNEARシューメーカーが最初である。それに続く日本のはやぶさ (MUSES-C) は2003年5月に打ち上げられ、2005年9月に (25143) イトカワへ到達し、2010年6月に地球へ帰還した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た月面車

    人類史上初めて地球以外の天体を目指した探査機は、ソビエト連邦のルナ1号である。ルナ1号は月にはじめて接近し、本来は衝突させる計画であったが軌道を外れて月をかすめるコースを取り、そのまま太陽をまわる人工惑星となった。次のルナ2号は人類史上初めて月面に到達、衝突に成功した。さらにルナ9号で月面への軟着陸を世界ではじめて成功。着陸したのみで研究成果は少なかったが、初めて他の天体に着陸を果たした功績は大きい。さらにルナシリーズは続き、ルナ16号は月の土壌サンプルを無人探査機で持ち帰り、ルナ17号は無人月面車(ルノホート)を走らせ、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たバイキング2号

    アメリカはマリナー探査機を用い、金星・水星・火星に接近して写真撮影を行った。また火星にはバイキング1号・2号を連続で着陸に成功させ、火星地表の写真を撮影したほか、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た宇宙開発競争

    一方、冷戦の中で宇宙技術がソ連に遅れる形となったアメリカ合衆国は激しく対抗し、宇宙開発競争が行われる事となった。アメリカはパイオニア計画・レインジャー計画を皮切りに、サーベイヤー1号を月面に軟着陸させ、次々に無人探査機を送り込んだ。1960年代に有人のアポロ計画に挑み、アポロ11号によって遂に人類を月面に送り込んだ。失敗した13号を除いて17号まで延べ12人が月面を歩いた。ソ連も有人月旅行計画があったものの、大型ロケットの開発失敗によって頓挫した。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たユリシーズ (探査機)

    ユリシーズ:(米欧)太陽極軌道探査機宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たJIMO

    JIMO:エウロパの海を調査目的とする探査機(中止)宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たエンケ彗星

    CONTOUR:エンケ彗星 (2P)、シュワスマン・ワハマン第3彗星 (73P) の探査(失敗)宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たルナ1号

    人類史上初めて地球以外の天体を目指した探査機は、ソビエト連邦のルナ1号である。ルナ1号は月にはじめて接近し、本来は衝突させる計画であったが軌道を外れて月をかすめるコースを取り、そのまま太陽をまわる人工惑星となった。次のルナ2号は人類史上初めて月面に到達、衝突に成功した。さらにルナ9号で月面への軟着陸を世界ではじめて成功。着陸したのみで研究成果は少なかったが、初めて他の天体に着陸を果たした功績は大きい。さらにルナシリーズは続き、ルナ16号は月の土壌サンプルを無人探査機で持ち帰り、ルナ17号は無人月面車(ルノホート)を走らせ、さまざまな調査を行った。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見た探査機

    宇宙探査機(うちゅうたんさき、英語:space probe)は、地球以外の天体を探査する目的で宇宙に放出された無人の人工物体(探査機)である。宇宙に存在する、惑星、衛星、太陽、彗星、小惑星などの探査を目的とする。現在は技術の限界から太陽系内の探査にとどまっているが、遠い将来は太陽系の外へ探査機を飛ばすことを考える科学者もいる。宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙探査機

    宇宙探査機から見たボレリー彗星

    ディープ・スペース1号:小惑星ブライユとボレリー彗星の近接探査宇宙探査機 フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「宇宙探査機」のニューストピックワード