前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • アニューシャ・アンサリ

    アニューシャ・アンサリから見た宇宙旅行宇宙旅行

    莫大な資産を保有する資産家であり、実力のある若き女性実業家として知られる。民間女性で世界初の宇宙旅行者。アニューシャ・アンサリ フレッシュアイペディアより)

  • 李素妍 (宇宙飛行関係者)

    李素妍 (宇宙飛行関係者)から見た宇宙旅行者宇宙旅行

    1978年、光州広域市生まれ。光州科学技術高等学校で学び、韓国科学技術院へ進み機械学を専攻した。彼女は学士号と修士号を取得した後、博士課程で生命工学を研究。2006年、韓国宇宙人輩出事業にもとづき、宇宙飛行士候補に選ばれた。2007年には、宇宙飛行に備えるため、韓国科学技術院での研究を中断し、ロシアで訓練を受ける。2008年2月29日、韓国科学技術院から博士号を授与されたのち、2008年4月、韓国人とロシアの持つISSへの商業旅行枠を韓国政府が購入しての滞在であり、自費で費用を負担した最初の宇宙旅行者であるデニス・チトーや、マレーシアのシェイク・ムザファ・シュコアと同様、宇宙旅行者または宇宙飛行関係者として扱われる。なお、日本人として最初に宇宙に到達した元TBSの秋山豊寛とも費用負担の点では類似性があるものの、秋山豊寛は旧ソ連認定の宇宙飛行士の資格を有している点が異なる。李素妍 (宇宙飛行関係者) フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ

    ソユーズから見た宇宙旅行宇宙旅行

    現役の有人宇宙船としては最も安全で経済的であるとされ、極めて高く評価されている。商業用の宇宙観光が全てソユーズで行われたのもこの為である。特に、1981年の初飛行以来2度死亡事故を起こした「スペースシャトル」に比べ、ソユーズは基本設計は古く、技術的に「枯れた」機体であるが、極限まで改善が進んでいるため確立された性能を誇る。既に30年以上に渡って死亡事故を起こしておらず、その信頼性は極めて高い。ソユーズ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行

    宇宙飛行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙飛行技術は宇宙開発の根幹を成す技術であり、宇宙旅行や通信衛星のような商業活動にも使用されている。宇宙飛行技術の非営利的な用途としては宇宙望遠鏡、偵察衛星、地球観測衛星等が挙げられる。宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ブランソン

    リチャード・ブランソンから見た宇宙旅行宇宙旅行

    2004年には「ヴァージン・ギャラクティック」を立ち上げ、宇宙旅行事業にも参入を開始した。2007年-2008年には経営危機に陥った「ノーザン・ロック銀行」の買収に名乗りを上げて話題を呼んだ(最終的には国有化)。リチャード・ブランソン フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見た宇宙旅行宇宙旅行

    20世紀半ばから後半における21世紀の未来像の定番要素に「テレビ電話」、「壁掛けテレビ」、「立体テレビ」、「電気自動車」、「空飛ぶ車」、「(超高速鉄道としての)リニアモーターカー」、「丸みを帯びた独特なビルディングの形状や上空を通る透明のチューブ」、「宇宙旅行や惑星間の移動、月面基地、大規模な宇宙開発」、「一家に一台のコンピュータや家庭用ロボット」などがあった。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発競争

    宇宙開発競争から見た宇宙旅行宇宙旅行

    米ソ間や米欧間、米中間の宇宙競争のような、国同士の競争でない「宇宙競争」も民間分野で起こっている。初期の民間宇宙競争は軌道上に観光客を送り込む「宇宙旅行」をめぐって行われた。2001年4月28日、アメリカ人実業家のデニス・チトー (Dennis Tito) は約2,000万ドルの費用を支払い、ロシアのソユーズTM-32に乗って国際宇宙ステーションを訪問し、史上初の全額自己負担による宇宙観光客となり世界を驚かせた。民間による有人宇宙船打ち上げ(弾道飛行でもかまわない)に対し1,000万ドルの賞金を懸けた「アンサリ・エックス賞」は、民間企業同士による新しい宇宙競争への期待を高めた。2004年10月、スペースシップワンが高度100kmの有人飛行に成功、民間初の有人宇宙船となり賞金を手にした。2004年の暮れ、ヴァージングループを率いるイギリスの実業家リチャード・ブランソンは宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」の設立を発表、スペースシップワンの技術供与を受けて2008年までに旅客を乗せて弾道飛行を行うことにしている。宇宙開発競争 フレッシュアイペディアより)

  • 民間宇宙飛行

    民間宇宙飛行から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙時代の最初の数十年間で、アメリカ合衆国のNASAとソビエト連邦設計局は系列政府機関と私企業との共同開発による宇宙技術を開拓した。この後、防衛産業の大企業は、政府のロケットや商業衛星打ち上げ技術から得られた発射設備を開発し、操業を始めた。地球軌道での民間宇宙飛行は通信衛星、衛星テレビ、衛星ラジオ、及び軌道の宇宙旅行を含んでいる。民間宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙旅行者

    宇宙旅行者から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙旅行者 フレッシュアイペディアより)

  • ファルカシュ・ベルタラン

    ファルカシュ・ベルタランから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ファルカシュ・ベルタラン(Farkas Bertalan、1949年8月2日 - )は初のハンガリー人宇宙飛行士で、宇宙に行った初のエスペランティストでもある。現在はAirlines Service and Tradeの会長。チャールズ・シモニーによって宇宙に行った唯一のハンガリー人ではなくなったが、シモニーは宇宙旅行者だったので、ファルカシュは2010年現在もハンガリー人唯一の宇宙飛行士である。ファルカシュ・ベルタラン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード