1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示
  • ペプシコーラ

    ペプシコーラから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ペプシマンなど、飲料への首掛け景品、ボトルキャップブームを創り出し、オープン懸賞も『2001年宇宙の旅』プレゼント(主催企業の解散により中止、希望者には1000万円の補償金が支払われた)やペプシマンの愛車、シボレー・コルベットのプレゼントなど、話題性の高い懸賞を次々と実施している商品である。ペプシコーラ フレッシュアイペディアより)

  • 低体温症

    低体温症から見た宇宙旅行宇宙旅行

    他にも低体温状態で心臓手術を行う方法が、当時のソビエト連邦で開発された。脳外科手術、熱中症、インフルエンザ関連脳症治療等に利用される。また低体温症による仮死状態を上手にコントロールすれば、酸素消費や食糧消費を抑え、老化も抑えられる可能性もあるため、長時間の宇宙旅行においては、それを利用した「人工冬眠」をクルーに使わせることも考えられており、これらの研究は、恒星船等への応用が期待されている。低体温症 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ウズベキスタンの首都であり国内最大の都市であるタシュケントには1977年に地下鉄が整備され、ソビエト連邦から独立後10周年に当たる2001年には地下鉄が3線にまで増加した。 ウズベキスタンは中央アジアで最も早く地下鉄が整備された国であり、2013年時点で地下鉄が存在する中央アジアの都市はカザフスタンのアルマトイとタシュケントの2つのみである。駅にはそれぞれ統一されたテーマが設けられており、そのテーマに沿った内装が施されている。例えば、1984年に建設されたウズベキスタン線の「コスモナフトラル駅」は宇宙旅行がテーマとなっており、駅構内はウズベキスタン国内出身のソビエト連邦の宇宙飛行士、ウラジーミル・ジャニベコフの業績を含めた人類の宇宙探査の様子が描かれており、ウラジーミル・ジャニベコフの銅像が駅入口付近に建設されている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション

    国際宇宙ステーションから見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズの軌道上での寿命は6ヵ月なので、6ヵ月ごとに新しいソユーズを打ち上げて交換する。この際、滞在3名中2名から3名がソユーズとともに交代するが、ソユーズは3人乗りなので、ロシア人用の1人分の空席が空く場合もある、その場合はISSへの短期訪問(新しいソユーズでISSへ向かい、古いソユーズで帰還する)に利用される。このような便乗者をタクシークルーと呼び、ロシアが利用権を販売している。私的宇宙旅行でのISS訪問や、マレーシアや韓国によるISS訪問はこの枠を利用したものである。ただし、シャトルでのクルーの交代2009年11月のSTS-129を最後になくなり、滞在人数も6名に増加したため、タクシークルーの搭乗機会はなくなった。国際宇宙ステーション フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙飛行関係者

    宇宙飛行関係者から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙旅行への需要が高まってきたために、2003年にロシア連邦宇宙局とNASAの間でこの用語を使うという合意が正式になされた。以降、宇宙飛行士と宇宙旅行者を区分するために使用されている。宇宙飛行関係者 フレッシュアイペディアより)

  • サンダーバード (テレビ番組)

    サンダーバード (テレビ番組)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    初期設定では彼が人類初の月面着陸を果たしたということになっていた。これは、サンダーバードが制作された1965年の段階では、人類が月面に到達することなどはるか遠い未来のことと考えられていたため、彼が月面に到達したのは21世紀のことという設定にされたものと推測される。現実の歴史では、彼の生まれる1年前の1969年にアポロ11号のニール・アームストロングとバズ・オルドリンによって月面着陸が成し遂げられているため現在では修正され、「人類初」の月面着陸を果たしたという設定は廃止された。代わりに、「人類で初めて、月への宇宙旅行をした人物」という設定になっている。モデルは『ボナンザ』や『宇宙空母ギャラクティカ』のローン・グリーンである。オープニングの「5・4・3・2・1」の声はジェフの声優ピーター・ダイネリーさん。サンダーバード (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見た宇宙旅行宇宙旅行

    2010年からは、市川亀治郎プロデュースで舞台に立てたり、鎧塚俊彦プロデュースによる顧客オリジナルのスイーツ作りができるなどの特典がある。なお、以前はウィーンの国立歌劇場でのオーストリア大統領主催の舞踏会への招待があったり、宇宙旅行(2,200万ポイント)やエイベックスで楽曲&PV制作(3,000万ポイント)ができる特典もある。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • デニス・チトー

    デニス・チトーから見た宇宙旅行宇宙旅行

    デニス・チトー(Dennis Anthony Tito、1940年8月8日-)は、クイーンズ区出身のアメリカ合衆国の技術者、企業家、宇宙飛行関係者である。ニューヨーク大学出身。世界で初めて自費で宇宙旅行をした人物として知られている。2001年中旬、ソユーズTM-32で国際宇宙ステーションを訪れて8日間近く滞在し、ソユーズTM-31で地球に帰還した。デニス・チトー フレッシュアイペディアより)

  • 松本零士

    松本零士から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宇宙への憧れが強く、「片道でもいいから俺を宇宙に行かせてくれ」などの言葉がある。また、民間宇宙飛行の第一号になるという夢を持っていた(しかし、第一号という夢は叶わなかった)。日本人初の「宇宙へ行った宇宙飛行士」となった秋山豊寛は松本作品『ワダチ』の解説を執筆している。松本零士 フレッシュアイペディアより)

  • 技術的特異点

    技術的特異点から見た宇宙旅行宇宙旅行

    宗教家であり思想史家であるは、テクノロジーの発展は、未来に向かって一直線に進んでいくものではなく、ツリー状に広がっていくものであると述べている。半世紀前の未来予想においては、自家用飛行機や宇宙旅行といった輸送技術の爆発的発達が予想されていたが、その後、輸送技術の進歩は停滞した。その一方で、21世紀現在の情報技術の爆発的発達と普及は、過去においては一般的には予想されていなかった。同様に、近年の情報処理技術の発達もいずれどこかで限界を迎え、現代の人々が全く予想もできなかった新しい技術が発展すると考えられている。技術的特異点 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
100件中 91 - 100件表示