100件中 11 - 20件表示
  • マイケル・カポピアンコ

    マイケル・カポピアンコから見た宇宙旅行宇宙旅行

    マイケル・カポピアンコ(Michael Capobianco、1950年11月12日)はアメリカ合衆国のSF作家。ウィリアム・バートンとの共作により知られている。それらの作品の多くは冷戦や宇宙旅行、スペースオペラを扱っている。マイケル・カポピアンコ フレッシュアイペディアより)

  • 巨人の惑星

    巨人の惑星から見た宇宙旅行宇宙旅行

    科学技術は地球より30年遅れ、宇宙旅行も実現されていない。そのため、珍しい小人としてだけではなく、彼らの宇宙船やその技術もが狙われることになる。ほどなく彼らは賞金を掛けられ、小人専従捜査官のコービックも登場し、いっそう執拗に探索される。だが、ときには友好的な巨人の助力も得ながら、彼らは地球への帰還を模索し続ける。巨人の惑星 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-16

    ソユーズTMA-16から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズTMA-16は、第21/22次長期滞在クルー2名を国際宇宙ステーション(ISS)へ運ぶために2009年9月にソユーズFGによって打ち上げられたソユーズ宇宙船である。また、宇宙旅行者としてシルク・ドゥ・ソレイユ創業者のギー・ラリベルテが打上げ時に同乗した。もともとは宇宙旅行者ではなくカザフスタンの宇宙飛行士をISSに運搬する予定だったが、カザフスタンの経済が悪化し政府が代金を支払えないためキャンセルされた。ソユーズTMA-16は1967年以来、ソユーズ宇宙船による103回目の有人飛行である。ソユーズ宇宙船は、第21/22次長期滞在クルーの緊急脱出用として約5ヶ月間宇宙ステーションに留まった。ソユーズTMA-16 フレッシュアイペディアより)

  • 観光丸 (宇宙船)

    観光丸 (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    観光丸(かんこうまる)は、日本ロケット協会が1993年に提唱した、再使用型の宇宙旅行用宇宙船。日本初の蒸気船「観光丸」の名称から名づけられた。観光丸 (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-12

    ソユーズTMA-12から見た宇宙旅行宇宙旅行

    リチャード・ギャリオットはスペースアドベンチャーズ社の宇宙旅行者で、ソユーズTMA-13でISSを訪れた。李やギャリオットは、RSA(ロシア連邦宇宙局)やNASA(アメリカ航空宇宙局)の書類上、「宇宙飛行関係者」として扱われた。ソユーズTMA-12 フレッシュアイペディアより)

  • 中村誠太郎

    中村誠太郎から見た宇宙旅行宇宙旅行

    L.マーダー『双子のパラドックス 相対性理論と宇宙旅行』講談社ブルーバックス 1981年中村誠太郎 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・オルセン

    グレゴリー・オルセンから見た宇宙旅行宇宙旅行

    グレゴリー・オルセン(Gregory Hammond "Greg" Olsen、1945年4月20日 - )は、アメリカ合衆国の起業家、技術者、科学者であり、2005年10月にスペース・アドベンチャーズの仲介で、3人目の自費での国際宇宙ステーションへの民間人宇宙旅行者となった。グレゴリー・オルセン フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-34

    ソユーズTM-34から見た宇宙旅行宇宙旅行

    本機はソユーズ-Uロケットによって2001年10月21日8時59分にバイコヌール宇宙基地より打ち上げられた。ロシア人とイタリア人の宇宙飛行士、南アフリカ人の宇宙旅行客の3人をISSに運んだ。旅行客として宇宙に行ったマーク・シャトルワースも生きたラットや、ヒツジの幹細胞を持ち込み、生物学等のいくつかの実験に携わった。3人は8日間の宇宙への滞在の後、ソユーズTM-33に乗って帰還した。ソユーズTM-34 フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロン (ISS)

    エレクトロン (ISS)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    2006年9月18日 : 調子の悪いエレクトロン・ユニットから発生した煙により、NASAのフライトエンジニアが「宇宙船緊急事態」を宣言。焦げ臭いにおいから、別のエレクトロンの火災が疑われたが、そのユニットは「非常に熱い」だけであった。無臭で腐食性がある水酸化カリウムが漏れ出し、ISSクルーはやむを得ず手袋とフェイス・マスクを装着した。ゴム製の密封シールが過熱したために、異臭が発生したものと推測されている。事件が起きたのは、スペースシャトル・アトランティスが分離した直後、補給ミッション(宇宙旅行者のアニューシャ・アンサリが搭乗)が到着する直前である。2006年10月のプログレス補給船で新しい弁とケーブルが届けられ、2006年11月にようやくエレクトロンは復旧した。エレクトロン (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • STS-41

    STS-41から見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ユリシーズが太陽への途上にある間、STS-41の乗組員は、野心的なスケジュールで科学実験を行った。ケネディ宇宙センターとニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の実験で、顕花植物のサンプルがCHROMEX-2で育てられた。1989年3月に行われた以前の同様な実験では、根端分裂組織の染色体の損傷が確認されていた。ディスカバリーで宇宙に運ばれた植物の分析により、根の細胞のどのような遺伝物質が微重力に反応するか決定され、ここで得られた情報は、計画されていたフリーダム宇宙ステーションの滞在研究者等の将来的な長期間の宇宙旅行者のために役立てられ、また地上での集約農業に寄与することが期待された。STS-41 フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示