81件中 21 - 30件表示
  • 空中都市008

    空中都市008から見た宇宙旅行宇宙旅行

    科学技術の発達した21世紀における星夫くん、月子ちゃん達の登場人物の「アオゾラ市」での生活を舞台に、都市生活基盤や、交通手段、宇宙旅行など知恵と希望にあふれた未来像を描いている(管理コンピュータのダウンによる都市機能の混乱など、そうでないエピソードもある)。いくつかのエピソードに章立てされた短編形式のストーリーで、各話の章末には科学考証の元となった(当時の)最先端の科学・技術についての解説が付録として付いている。登場する科学技術の中には、現代の目で見ても実現が程遠いものや非現実的といえるもの(エアカー及び全自動運転、宇宙旅行)も含まれるが、中には驚くほど現代の技術を言い当てているものもあり興味深い。例えばテレビ受像回路付き携帯電話、ニュース配信、環境技術の進歩などである。空中都市008 フレッシュアイペディアより)

  • リンクス (宇宙船)

    リンクス (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    リンクス()は、アメリカ合衆国の企業が開発している弾道飛行用の有人宇宙船。ロケットエンジンにより飛行して水平離陸水平着陸 (HTHL) するいわゆるロケットプレーンであり、宇宙旅行を目標に開発が進められている。リンクスは、一人のパイロットと一人の乗客、並びに積荷や小型衛星を高度100 km超まで運ぶことが出来るよう計画されている。2008年12月現在、乗客一人当たりの運賃は95,000ドルとしている。XCORは2008年3月26日の発表において、2年以内にも打ち上げを行うとしていたが、後に2012年の遅くまでにはと計画を後退させている。プロダクションモデルとなるMark IIは、プロトタイプの試験が始まった後、9ヶ月から18ヶ月後には飛行できるだろうとしている。リンクス (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • 観光丸 (宇宙船)

    観光丸 (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    観光丸(かんこうまる)は、日本ロケット協会が1993年に提唱した、再使用型の宇宙旅行用宇宙船。日本初の蒸気船「観光丸」の名称から名づけられた。観光丸 (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・バルジャベル

    ルネ・バルジャベルから見た宇宙旅行宇宙旅行

    上記2作品は、後の時代になってバルジャベル最初の長編サイエンス・フィクションだと呼ばれるようになった。発表当時だと英語からの借用語「サイエンス・フィクション」の語はフランスでは使われておらず、人はこのジャンルをヴェルヌ、J・H・ロニー、アルベール・ロビダの時代と同様に、「科学的ロマンス」? roman scientifique ?、「驚異の旅」? roman extraordinaire ?、ないし「予言小説」? roman d'anticipation ?と呼称した。この2作品はフランス本土で出版され、英語圏でも翻訳が刊行された(1971年には日本語訳も出版された)。バルジャベルの作品にはベムも、狂ったロボットも、宇宙旅行もミュータントも登場しない。しかし世界的大災害、世界の終末、時間旅行、未開時代への退行、など1950年代的なアイディアが温められている。ルネ・バルジャベル フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・キバリチチ

    ニコライ・キバリチチから見た宇宙旅行宇宙旅行

    逮捕され、処刑されるまでの17日間に、キバリチチは、火薬を連続的に爆発させることによって推力を得て飛行する構想のメモを残した。刑務所当局に渡され、専門家に渡して検討されることを望んだが、このメモが世にでたのは革命後で、1917年にニコライ・リーニン(Nikolai Rynin)が発見し、1918年に、雑誌『ブィロエ』に掲載された。宇宙旅行のパイオニアの1人と評価された。ニコライ・キバリチチ フレッシュアイペディアより)

  • ふじ (宇宙船)

    ふじ (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ミニマムシステムを元に、宇宙旅行向けに低コスト化を図った構成。ふじ (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ヴォルコフ

    セルゲイ・ヴォルコフから見た宇宙旅行者宇宙旅行

    彼は2008年10月24日に、宇宙旅行者のリチャード・ギャリオットと一緒に地球に帰還した。ギャリオットは宇宙飛行士オーウェン・ギャリオットの息子でアメリカ合衆国で初めて親子で宇宙を訪れた人物だったため、米露の二世が一緒に帰還することになった。セルゲイ・ヴォルコフ フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-12

    ソユーズTMA-12から見た宇宙旅行宇宙旅行

    リチャード・ギャリオットはスペースアドベンチャーズ社の宇宙旅行者で、ソユーズTMA-13でISSを訪れた。李やギャリオットは、RSA(ロシア連邦宇宙局)やNASA(アメリカ航空宇宙局)の書類上、「宇宙飛行関係者」として扱われた。ソユーズTMA-12 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-14

    ソユーズTMA-14から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズTMA-14は、第19/20次長期滞在クルー2名を国際宇宙ステーションへ運ぶために2009年3月にソユーズFGによって打ち上げられたソユーズ宇宙船である。打ち上げ時には宇宙旅行者チャールズ・シモニーが二度目の宇宙旅行のために同乗、帰還時には宇宙旅行者ギー・ラリベルテが同乗した。ソユーズTMA-14は、1967年以来、ソユーズ宇宙船による101回目の有人飛行となった。ソユーズTMA-14 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ空軍大学

    アメリカ空軍大学から見た宇宙旅行宇宙旅行

    航空宇宙科学の教育が6割、リーダーシップ教育が4割を占める。飛行や航空宇宙環境、ロケット工学、プロペラ推進、宇宙旅行、宇宙船などの歴史を学ぶことになる。また、これらと同時に、軍隊での習慣、儀礼、人間関係、意思疎通法を学ぶ。アメリカ空軍大学 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード