100件中 21 - 30件表示
  • 第21次長期滞在

    第21次長期滞在から見た宇宙旅行者宇宙旅行

    ソユーズTMA-16は宇宙旅行者のギー・ラリベルテとともに第21次長期滞在の最後の乗組員を運んできた。ラリベルテは第20次長期滞在の2人の乗組員とともにソユーズTMA-14で地球に帰還した。第21次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM1-5

    プログレスM1-5から見た宇宙旅行宇宙旅行

    続いて宇宙旅行などの飛行を含む多くの飛行計画が行われるはずであったが、ロシア政府のミールコープの計画への支払い能力に対する懸念のため、Rosaviakosmosがミールの継続的な運用の資金に対する決定を行った。プログレスM1-5 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河上々物語/Burn the fire!!/ナチュラルボーン・アイドル

    銀河上々物語/Burn the fire!!/ナチュラルボーン・アイドルから見た宇宙旅行宇宙旅行

    「銀河上々物語」は、これまでの約1年間にシングル11枚・アルバム1枚をリリースしてきた、アップアップガールズ(仮)が新境地という未知の舞台に進み出す決意・心情をテーマとして、そのテーマを宇宙旅行に例えた曲。振り付けも宇宙をイメージしたもので、宇宙船「ギャラクシーアプガ号」が最初の目的地である月を目指しているという設定になっており、曲の最後の部分は、月に着いたメンバーが手作りの旗を立てるイメージである。銀河上々物語/Burn the fire!!/ナチュラルボーン・アイドル フレッシュアイペディアより)

  • リンクス (宇宙船)

    リンクス (宇宙船)から見た宇宙旅行宇宙旅行

    リンクス()は、アメリカ合衆国の企業が開発している弾道飛行用の有人宇宙船。ロケットエンジンにより飛行して水平離陸水平着陸 (HTHL) するロケットプレーンであり、弾道宇宙旅行を目標に開発が進められている。リンクス (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの宇宙開発

    ドイツの宇宙開発から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ドイツは宇宙開発の黎明期から理論面、実験で先駆的な業績をもたらした。1891年には宇宙船"Weltenfahrzeug"の構想を発表した。1923年6月にヘルマン・オーベルトの『惑星空間へのロケット』()が出版されてから、宇宙旅行とロケット工学はドイツで人気を得ており、ウィリー・レイとともにヨハネス・ヴィンクラーは1927年に宇宙旅行協会(' - VfR''')を設立した。ドイツの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-32

    ソユーズTM-32から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズTM-32 ( / Soyuz TM-32) は、国際宇宙ステーション (ISS) への往来を目的としたソユーズのミッションである。コールサインは「クリスタル」。史上初の自費による宇宙旅行者であるデニス・チトーが乗っていたことで知られる。ソユーズTM-32 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-7

    ソユーズTMA-7から見た宇宙旅行宇宙旅行

    ソユーズTMA-7は、2005年にソユーズFGによって打ち上げられた国際宇宙ステーションへの飛行である。第12次長期滞在のクルー2名をISSに運搬する。また宇宙旅行者グレゴリー・オルセンが同乗する。ソユーズTMA-7 フレッシュアイペディアより)

  • リード・リチャーズ

    リード・リチャーズから見た宇宙旅行宇宙旅行

    彼の強さは肉体的な力より、精神の力に由来する部分が多い。実際彼はスパイダーマンに対して、彼の知能に比べて彼の伸縮能力は消耗的であると考えていると述べている。 リード・リチャーズは観念的な理論家であり、機械工学のひらめきを有する職人であり、スペーストラベルやタイムトラベル、異次元トラベル、生化学、ロボティックス、コンピュータ、高分子合成、コミュニケーション、ミューテーション(突然変異)、トランスポーテーション、ホログラフ、エネルギー生成、スペクトル分析など多くの分野で技術的ブレークスルーをもたらしている。さらに数学、物理学、工学の博士号を持っていて、しばしばステファン・ホーキングの研究の改訂や異星人の言語の解読などで知られている。彼は地球上の科学的コミュニティの多くから、地球上で最も強力な知能の持ち主と見なされており、それはドクター・ドゥームをしばしば苛立たせる。リードは実質的に地球上のあらゆる科学における天才であるだけではなく、既知宇宙に存在する高度に発達した異星文明のいくつかの中でも有数の知性の持ち主である。リードの所有する特許は貴重なものであり、株式会社ファンタスティック・フォーの資金源となっており、彼らを無用な経済的ストレスから解放している。幾人かのライターが採用した設定では、リードの知能は伸縮可能な能力を与えた宇宙線により拡張されたものとしており、能力が無効化された時には同時に高度な知能も失われている(この時にはドクター・ドゥームについていくのがやっとになっていた)。自ら「エラスティック・コンシャスネス」と呼ぶ能力のおかげでマインドコントロールが通用することは滅多になく、仮に通用したとしても普通の人間の場合よりすぐに効果が切れる。リード・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 再使用ロケット実験

    再使用ロケット実験から見た宇宙旅行宇宙旅行

    再使用ロケットには様々な形態が検討されているが、その一類型として、1段式で衛星軌道に達する(SSTO)、垂直離着陸式(VTOL)のロケットがある。この形態は1970年代にアメリカで発案され、太陽発電衛星の建設や宇宙観光旅行を可能にすると考えられた。1990年代にはマクドネル・ダグラス社によりデルタクリッパーが設計され、垂直離着陸技術を確認するための実験機DC-Xが飛行に成功した。また日本では、日本ロケット協会が観光丸と称する宇宙観光用ロケットを想定し、技術のみならず経済性やインフラストラクチャーなど、実際の運行を想定した検討が行われたが、いずれも当時の技術では衛星軌道に達することは不可能で、実現には至らなかった。再使用ロケット実験 フレッシュアイペディアより)

  • 金光不二夫

    金光不二夫から見た宇宙旅行宇宙旅行

    『ソビエトの人工衛星・宇宙旅行』岸田純之助、袋一平共編訳 三一書房 1957金光不二夫 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「宇宙旅行」のニューストピックワード